FC2ブログ

2006年 旭温泉 入湯納め?

161
 平成18年12月16日
 旭温泉へ向かう
 旭温泉という名の温泉は、全国各地に散在していますが、今回訪れたのは道北の日本海側、遠別町旭地区に湧き出る赤い温泉です。全国的には知名度はイマイチかもしれませんが、道北地域では、私の一番のお気に入りです。この温泉は、ちょっと前まで「ひなびた感じ」がGoodでしたが、平成17年に浴室が完全リニューアルされ、現在では非常に清潔感にあふれ、近代的、芸術的とも言える内装となっています。
 稚内から向かうと、片道100キロ以上の道のりとなるため、気軽にしょっちゅう訪れると言うわけにはいきませんが、山あいに囲まれた四季折々の景色を楽しみに、年に4~5回は訪れる場所です。
 今回はいつもの旅仲間「T君」と共に、今年最後の訪問のつもりで、まったりと温泉に浸かってきました。
 今回運転は「T君」。私は助手席で沿道ロケを確認しつつ、冬道紹介をしていこうと思います。
 稚内市内は既に根雪と言ってもいい状態です。これからの季節は、ほとんど太陽を拝むことが出来ません。そのため、道東方面と違い、ブラックアイスバーンで怖い思いをすることは少ないものの、油断は禁物です。地吹雪や吹きだまり、また晴れた時のホワイトアウトなど、冬の道北には道北の危険が待ちかまえています。幸い今回は穏やかな天候に恵まれましたが・・・。
162
 稚内市から日本海に抜ける道道です。右手には「夕日丘パーキング」が見えますが、冬季閉鎖中。晴れていると「びし!」っと見える利尻富士も、残念ながら雲に隠れています。
163
 北海道の冬道ドライブで注意すべきは、「夜間除雪」の有無。幹線の主要国道はともかく、道道などは夜間除雪していないことが当たり前。場所によっては「冬季閉鎖」もあります。北海道では、迂回するだけで「数十キロ」が当たり前なので、事前の確認は重要です。
164
 かすかに利尻富士が見えています。
165
 路面は乾燥していますが、空はどんよりとしてますね。表示板にあるように、この先にシェルターが設置されています。
166
 シェルターの中はこんな感じ。夏のドライブでは何のためにあるのか皆目見当も付かないシェルターですが、冬道で痛い目に遭うと、そのありがたさを痛感します。地吹雪で視界が殆ど得られない時に、道路で立ち往生すると、後続車に追突されて、多重衝突の原因になります。実際に何度かそうした場面に出くわしたことがありますが、安易な路上での停車は、あなただけではなく、周りの人をも事故に巻き込みます。そのような時の緊急避難場所がこうしたシェルターなのです。
167
 この季節、にわかに脚光を浴びる「トナカイ牧場」の案内板が左に見えます。最近では「おにぎりあたためますか」とか、「所さんの目がテン」などで取り上げられていました。時間があれば、立ち寄りたいところですが、日没が午後3時台の季節ですから、明るいうちの訪問は無理です。写真も撮れないので、必然的にパスです(笑)。
168
 夏には、さわやかな景色を演出する「風車群」ですが、この季節は寒々としますなぁ。
169
 道路の海岸側には、「防雪・吹雪誘導柵」と呼ばれる板が設置されています。これは、季節風の特徴なども考慮して設置されるもので、吹雪で舞う雪を整流して路面に導くと共に、路面の雪をも吹き飛ばすと言う優れもの。夏の間は埋設され、景観を損なうことなく路肩に保管されます。北海道の田舎道ではメジャーな道路設備で、これが組まれると「冬だなぁ」と感じ、これが埋設されると「春だなぁ」と感じるものです。
1610
 遠別市街地に入ります。このように、日中道路が濡れている場合は、要注意です。日が暮れると共に「ブラックアイスバーン」となり、ブレーキが効きません。市街地でスピードは出さないと思いますが、つるつる路面にやられ、意に反して交差点に突っ込むことも少なくありません。市街地では排雪が追いつかず、雪山として積まれて、周りの視界が十分でない場合も多く、歩道の除雪がされていないと、皆さん平気で車道を歩きますので、車や人の飛び出しにも注意が必要です。
1611
 夏場はにぎやかだった道の駅ですが、この季節はシャッターも閉まり寂しい限り。
1612
 旭温泉到着
 かつての雰囲気を知っている私としては、昭和54年開湯と歴史が浅いのは意外です。なんか、昭和初期からあったとしても納得出来るのですが(笑)。
1614
 旭温泉の送迎車の1台。「あづましい」とは、「気兼ねなく、ゆっくり落ち着ける様子」を表す方言です。もともと、旭温泉は「赤茶けた湯」でしたが、こちらを「旭の湯」と名付け、リニューアルに合わせ、富士見地区で掘削されたモール温泉風?「黒っぽい湯」を運び込むようになり、現在では2種類の温泉が楽しめるようになりました。また、浴室は日替わりで男女交代となる洋風と和風の大浴場に加え、家族風呂もあり、様々なニーズに対応出来るようです。若いカップルが「家族風呂お願いします。」なんて言ってる日にゃぁ、まぁ羨ましい限りですなぁ。
1615
 ま、この時期と言えば、若いカップルなど見かけることもなく、このとおり、お歳を召した町内の方のご利用が多いようで、送迎車も大活躍です。こちらは送迎車その1。
1616
 そして、送迎車その2。
 たっぷり、ゆったり浸かったおかげで、汗が引きません。本当に気持ちがいい温泉です。
1613
 年始は特典がいっぱい!お時間があれば是非どうぞ!
無保証のメモ 詳細は温泉へお問い合わせ下さい。】
●日帰り入湯料金 大人500円
●日帰り入湯時間 午前8時~午後9時(受付)
◎旧浴室付近に宴会場(兼休息室)が出来ていました!
●貴重品 浴室前に無料の貴重品ロッカーあり。脱衣所にも無料のロッカーあり
●トイレ 脱衣所内は水洗洗浄便座付き
●電話 平成18年12月 FOMA不感地帯
スポンサーサイト



テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

プロフィール

かぶじろう

Author:かぶじろう
 このブログは かぶじろう を名乗る管理人の平凡な日常を淡々とまとめたブログです。
 カブなどの小型バイク、駅巡りなどの鉄道関係、道の駅などのドライブ、美少女系アニメなどの萌えオタ、ラーメンやソバなどの麺類、温泉巡りやキャンプ生活・・・平凡な内容です。
 過度な期待はしないでください。

 コメなんか頂くと喜びます。

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
11 ≪│2006/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも一覧

■ ブログ名:バイクに乗ったおやぢ
ブログ内検索
リンク
メールでも・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

禁煙
○○をお休み中♪