献血30回記念

 このブログをご覧頂いている皆さま、ごひいき頂きありがとうございます。
 さて、ワタクシこの旅・・・いや、私この度「献血30回目」を記録いたしまして、記念品を頂戴いたしました。
 まぁ、「献血」と言っても取り組みは人それぞれでしょう。
 私の場合は「健康管理」のため。
 お酒が好きな私としては、肝臓の悲鳴が血液の数値として現れるので、その声を聞く良い機会なんです。
 で、実際【アンタの血は売り物にならんくらい粗悪だから捨てました】(酔うし・・・じゃなくて、要旨)なんて結果が送られてきたこともしばしば(苦笑)。余りに(血液の)成績が悪いのが続くと、【アンタの血はいつもダメだから、献血してもらってもなぁ・・・】(要旨)と「嫌みの一つ」も言われたことがあります。まぁ、「検査目的で献血されてもなぁ・・・」と言うことでしょうか?

 ま、それはそれとして、今のところ酒をやめる気はないし、上手に付き合っていきたいなぁ・・・と、最近は少々自制気味(笑)。
 酒もタバコも好きなのに、肩身が狭いですなぁ・・・

 で、なまら立派な箱を頂戴したのですが、中身をご披露しますと・・・
20070626210353.jpg
 杯ですなぁ
 多田美波さんと言う有名な作家さんの作品です。
 まぁ、酒飲みの私には悪くない逸品ですが、【昔の公務員の金杯】じゃなかろうに、こんなもの(作者に対して失礼ですが、お許しを)を貰って使う人(喜ぶ人)が何人いるでしょう?
 私は使ってますが(笑)

 とあるところで見た、400ドル/リットルの血液の値段が本当だとすれば、リッター5万円程度、400ccの献血だと一回2万円。
 薬価相当額やら色々探せばデータは出てくるはずですし、ちょっとビックリする値段が付いています。
 当然この記念品も【それなりのお値段】がする、立派なものでしょう。
 日石は・・・否、日本赤十字社は原料費を殆ど「タダ」で買っているのでしょう?輸血は「タダ」じゃないんだろうしさ。

 ならば、【それなりのお値段】の還元先は、高尚な作家さまの収益にあてるより、刑務作業の買い付けなど、更正施設への応援などに向けて欲しいものです。

 【あなたのあたたかい「まごころ」に厚く御礼申し上げます】~日本赤十字社

 昭和時代の官僚臭がタップリと感じられる記念品。
 そこから貴方は何を感じますか。

 お酒にも、杯にも、そして、日々働く日赤の職員の皆さまにも、また、善意の献血を続けていらっしゃる方にも、頭が下がります。
 しかし、「褒美を取らす」と言いたげな「日赤幹部の老人臭」は頂けませんなぁ。
 
プロフィール

かぶじろう

Author:かぶじろう
 このブログは かぶじろう を名乗る管理人の平凡な日常を淡々とまとめたブログです。
 カブなどの小型バイク、駅巡りなどの鉄道関係、道の駅などのドライブ、美少女系アニメなどの萌えオタ、ラーメンやソバなどの麺類、温泉巡りやキャンプ生活・・・平凡な内容です。
 過度な期待はしないでください。

 コメなんか頂くと喜びます。

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
05 ≪│2007/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも一覧

■ ブログ名:バイクに乗ったおやぢ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールでも・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

お天気
予言だyo!
禁煙