夜も更けて

20071231180709
順調に南下中!

天候回復

20071231135440

雪深いです。

20071231123739
列車は僕を運びます。

酔いお年を

大晦日
去年と同じルートですが、そばを食いに行くわけではありません。

大掃除

 普段は居室のフローリングの部屋。ワックスがけのため、畳部屋に一時転居。
 畳の部屋で頂く清酒というのも、趣がありますなぁ。

 風呂に入った残り湯での洗濯。アイロンがけも終わり、洗濯もあと少しで終わる。
 夕食後、頂き物の珍味を肴に、ちょっと幸せな気分。

 ちょっと早いですが、皆さま、今年一年色々とありがとうございました。
 そして、来年もまた、よろしくお願いいたします。

テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

重大な発見

 重大な失態を発見した。

 どうも「北竜町」のカントリーサインがない。

 このままでは書く気が起きないので、この問題には触れないでくださいませ。

 以上、支配人からのお願いです。

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道完全制覇27 番外編4

 前回から続き・・・

 「実はさぁ、遠軽って鉄道マニアの聖地の一つでもあり(聖地がいくつもあるというのは日本人的だよなぁ(苦笑))、何度か来ているンだけど、さっきの看板に書いてあった「瀬戸瀬温泉」って、いつも気になっててさぁ、折角だから寄っていこう。」
 「良いですけど。」
 「ブログにはさぁ、「瀬戸瀬温泉に行きたかったんで、ついでに写真を撮ってきました。」って、書いておくから。」
 「はぁ。」

 というわけで、瀬戸瀬温泉を目指していた我々は、源泉掛け流しの予想以上に優しいお湯に心を奪われ、その湯を満喫して稚内への帰途へついたのでした。
P1000024.jpg
 瀬戸瀬温泉 露天風呂こそ無いものの、気持ちのいい温泉です!
 その後は内陸沿いに北上。
IMG_4336.jpg
 滝上町
IMG_4339.jpg
 芝桜で有名ですが、期間限定。
IMG_4340.jpg
 西興部村
IMG_4342.jpg
 滝とか見に行きたいです。春先は不通。夏は時間が取れず、ガッカリしそうで(苦笑)主目的には持っていけないような「滝」を、ボクは見てみたい(笑)。
IMG_4367.jpg
 下川町
IMG_4369.jpg
 炭酸温泉とうどんと、万里の長城ですな。
IMG_4370.jpg
 中川町
IMG_4372.jpg
 化石の街です。

 「ま、今回は「温泉がメイン」で満喫出来て良かったね。」
 「そう書くんですよね。」
 「当たり前だろ。様似の次に道北2連発だったら続けないぞ、この企画。」
 「きびしいですモンね。」
 「お前がちゃんと引いてくれればいいけど、引くことにはいかさましないからさ、どっかで調整するって、大人の対応だぞ。」
 「はぁ・・・(苦笑)」

続きを読む

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道完全制覇26 番外編3

 前回から続く。

IMG_4272.jpg
 興部町
IMG_4283.jpg
 あれは4年前、夏休みの初日に、ボクはこの道路から国道に出る際、長蛇を作っているトレーラの前に出るべく急いで右折した。
 後ろにはPCが。
 それ以来、この街が嫌いになりました。(自業自得だけど(苦笑))
IMG_4293.jpg
 紋別市
IMG_4298.jpg
 オホーツク沿岸の小さな街ですが、季節感がある素敵な街です。
 鉄道がないのが寂しいけど。
IMG_4295.jpg
 湧別町
IMG_4299.jpg
 上湧別町を取り囲むように広がる不思議な町界線。サロマ湖の北側の砂州を有する街です。町政施行に伴い下湧別村を湧別町に改称したらしい。
IMG_4301.jpg
 上湧別町
IMG_4304.jpg
 チューリップの街?去年のスタンプラリーでは、満開のチューリップ畑が迎えてくれました。
IMG_4306.jpg
 遠軽町
IMG_4308.jpg
 ガンダムの「安彦 良和」氏の出身地らしい。
 生田原町・丸瀬布町・白滝村と対等合併し、巨大な街となった。これらの町村は、いずれもボクにとっては馴染みのある地名で、無くなったことに悲しさを感じているが、元々「分村」された関係があったらしく、それゆえ合併しやすかったのだろうかとも思う。

 「いやぁ、やっぱり良いね。鉄道遺産の旅。」
 「って、それで良いんですか?」
 「まぁ、実質そうだろ?」
 「そうですけど、カントリーサインとの関係はないですよね。」
 「うん・・・ま、そうなんだけど、確かにブログで「保存車両紹介」みたいな事はしたくないんだよね。」
 「ルール的に無理があるような・・・」
 「うーん。あ。」
 「・・・?」
 「温泉って書いてたよね?」
 「・・・?」
 「行きたかったの。」
 「はっ?」
 「そう言うことにするから。」
 「えっ?」

 ・・・更に続く・・・

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

小さな野望

 これまでも、テーマに取り上げることはなかったものの、小さな野望を達成しては、それなりに記してきたつもり。
 例えば「朱鞠内湖一周」だったり、思い入れのある「露天風呂巡り」だったり、時には「ケーキの1ホール食い」だったり、「野望」というにはおこがましい、つつましやかなものだけど、何となく拘りがあって、いつかは達成したいというものでした。

 過日ニョーボが誕生日を迎え、また一つ、小さな野望が達成出来ました。

 「誕生日おめでとう。そして、おかげで、小さな野望が達成出来た。ありがとう。」
 「はぁ。どうも。(野望って)なにが?」
 「うん。JRの何とか切符が買えるようになった。」
 「はぁっ?なに?」
 「ほら、夫婦で買える、何とか切符。いや、別にさぁ、どっか行こうとか、切符買うとかじゃないんだけど。」
 「なにそれ?」
 「ほら、ジジ・ババで・・・」
 「・・・!フルムーン?」
 「おぉ、それそれ。」
 「・・・そうなんだぁ。」

 フルムーンが買えるまで・・・と、思っていた割には「良い夫婦パス」とか、違う切符ばかりがアタマをよぎり、どう取られたのかは微妙だけど・・・(苦笑)
 「連れ合いとフルムーン切符が買えるまで」という、小さな野望は成就出来ました。
 家族のみんなに、ありがとう。(って、何人いる?)

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

北海道完全制覇25 番外編2

 8月17日
 「いやぁ、きびしいなぁ。」
 「何がですか?」
 「旅に決まってるだろ。」
 「様似ですから。」
 「分かってるよ。まだ4市町村だぞ。無理だべや。そして、もう、ろくに旅にも出ずに、すでに8月も半ば過ぎだぞ。やっぱ、抽選で行き先を決める以上、まともにやってると無理だぞ。」
 「結構厳しいですね。」
 「というわけでだ、明日、日帰りで道北を少しばかり潰しに行かないか?」
 「でも、ルールが・・・」
 「いや、前回の番外も、適当に書いてさぁ、カウントすることにしたから。」
 「へ?」
 「だって、ツライモン。無理そうだもん。」

 というわけで、何らかの目的で移動した際に、カントリーサインと役場を写せば「エントリー可」というルールが追加されましたので、ご理解下さい(笑)。

 「でも、今回は何の目的で移動するんですか?」
 「実質的には「完全制覇」を楽にするためだけど、そうは書けないしなぁ・・・。ま、何とかするわ。終わらないモン。とりあえず、明日何とかしよう。」

 8月18日

IMG_4201.jpg
 豊富町
IMG_4203.jpg
 豊富牛乳公社の美味しい牛乳をどうぞ!
 役場前には盆踊りのやぐらがありました。(写っていないけど)
IMG_4204.jpg
 幌延町
IMG_4205.jpg
 トナカイが食べれる幌延町です。
IMG_4209.jpg
 新しい庁舎の中頓別町。「中頓」が見えませんが許してください。
IMG_4250.jpg
 砂金掘りが有名です。
IMG_4252.jpg
 こちらは浜頓別町。こちらも立派な庁舎です。
IMG_4254.jpg
 北見神威岬。
IMG_4266.jpg
 枝幸町
IMG_4268.jpg
 歌登町と合併して、牛とカニが仲良くなりました。
IMG_4269.jpg
 雄武町
IMG_4271.jpg
 教団とは関係ありません。

 次回に続く。

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道完全制覇24 番外編 そば畑が見たい

 夏場は土日の仕事が避けられず、ロケ?日程を組みづらい。
 しかし、この時季の「そばの花畑」を是非ともカメラに納めたかったボクは、一泊二日のロケを考えていた。
 この時は「独行」も考えていたのだが、(北海道)完全制覇の関係もあって「T君」を誘うのも捨てがたい。何よりボクの印象に残る、北海道の素晴らしい景色を(彼に)見せようと言うのだ。お節介かもしれないが、狙わなくては見れない光景。

 そして、前回ロケから2ヶ月以上経っていた7月28日。
 「T君」は社用車を壁にぶつけて、ボクはその事後処理(報告)に忙しかった。
 それでも、ボクらは連れだって、当麻鍾乳洞と「そばの花畑」を見に行った。

 その途中、爆音が・・・
 羽幌の花火大会らしい・・・

IMG_3683.jpg
 水中花火やら、普通の花火やら、見所満載ではあるものの・・・寒すぎ・・・
IMG_3702.jpg
 叱る側、怒られる側、双方の凹んだ気持ちに「くじけるな!」のエールでしょうか。
IMG_3724.jpg
 幌加内町
IMG_3726.jpg
 ガソリンも少なくてピンチです(苦笑)。朝早くて、スタンドもやってないし・・・。
IMG_3740.jpg
 当麻町にある「当麻鍾乳洞」。さほどの規模はありません。
 出てきた途端、「もう一回どうですか?」とお勧めされましたが、ご遠慮させて頂きました。
IMG_3820.jpg
 美瑛町です。
IMG_3832.jpg
 立派な展望台もある美瑛町です。美しい花や丘に囲まれていますが、この日は曇天・・・残念。
IMG_3879.jpg
 こいつが凹んでいた時。
IMG_3895.jpg
 大地はすくすくと命を育み。
IMG_3857.jpg
 夏の日差しを謳歌していました。
 写真がだぶらなかったのが不思議(笑)。

続きを読む

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

クリスマス・イブ

 ピンポーン

 NHKの者ですが・・・

 ・・・サンタでは無かった。

テーマ : ▼どうでもいい話
ジャンル : 日記

北海道完全制覇23

IMG_2049.jpg
旭川市
IMG_2054.jpg
 無料駐車場がないため、困難を極めつつも、何とかクリア。
IMG_2058.jpg
 和寒町
IMG_2064.jpg
 わっ!寒ぅ~。
IMG_2066.jpg
 剣淵町
IMG_2069.jpg
 絵本の街として売り込み中です。
IMG_2067.jpg
 士別市
IMG_2071.jpg
 道内では「名寄士別」とか「さむらい士別」と呼んで、根室管内標津町と区別しています。
IMG_2074.jpg
 名寄市
IMG_2075.jpg
 稚内市から出発すると、初めての「市」であり、稚内に向かう時には最後の「市」です。
IMG_2076.jpg
 美深町
IMG_2077.jpg
 チョウザメの飼育に取り組んでいます。キャビアを売るため。
IMG_2078.jpg
 音威子府村
IMG_2079.jpg
 そばも美味しい良い村です。

 すみません。写真ばかりで。
 どうでしょう四国巡拝シリーズのように、「○○番、○○寺!」風にこなして行かないと、何年も続きそうなので(苦笑)ちょっと考えました。

 平成19年5月20日
 ほぼ半年ぶりに決行された「小さな旅」は、次の目的地を「様似町」としたまま、静かに終焉を迎えた。

続きを読む

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道完全制覇22 魅惑の北の京(みやこ)!芦別

 スタンプラリーの旅では残念ながら通り過ぎただけの「芦別」ですが、今回はちょうど昼時と言うこともあって、道の駅の2階レストランで、「含多湯(ガタタン)」ラーメンを食べ、「北の京」で入浴。
 北の京では、丁度何らかの音楽を「実演」中。ローマ風の奇怪な風呂も健在。露天風呂も作られたうえ、温泉になったらしい。
10asi1_20071222192045.jpg
 とりあえずは市役所。
10asi_20071222192123.jpg
 そして、「星の故郷・・・いや、星の降る里」芦別市クリアです。

 昨年は時間が無くて「後ろ髪を引かれる思い」で通り過ぎた街ですが、今回は少しばかり、本当に少しばかりですが、「カナディアンワールド」跡地の遊園地を再訪出来ました。
 広大な駐車場も今や???となっており、建物群のすぐ横まで、車で進入出来ますし、園内を自家用車で移動出来ました。

cana000.jpg
 本物の4/5~2/3程度の大きさに再現された街並みに遊具が配され、「赤毛のアン」をモチーフとした公園です。
 建物の大きさに違和感があるうえ、建物の中も???の様な微妙さ。多分、街並みと丘との背景に遠近感を与えるため、若しくは建設費を抑えるための手法だったんだろうなぁ。
cana001.jpg
 毎年この町を見つめてきた、この目には、2007年の春はどのように写っていたのでしょう。
cana002.jpg
 沢山の人たちで賑わっていたボクの記憶は、この写真からは伝わりませんね。
 それ故、若かった頃の家族が目の前に浮かびやすいです。ニョーボと息子が手をつなぎ歩いた公園。
cana003.jpg
 「カナディアンロッキー号」は、ご覧の通り健在です。HPを見ると、今年も運航されていたようです。ボクと息子が乗って、ニョーボが手を振っていたころの様に、今年も家族の想い出を乗せてきたのでしょうか。
cana004.jpg
 ジオラマの様に精巧な街並みですが・・・
cana005.jpg
 鉄道模型のレイアウトの様に無理のあるデフォルメが悲しい。

 本物は「踏み込めば踏み込むほど神秘さを増す」し、「離れれば離れるほど巧妙さに心奪われる」ものです。
 偽物は踏み込めば情け無さを増し、離れれば興も冷めていきます。悲しい。

 しかし、楽しかった家族の想い出は、TDRもカナディアンワールドも同じ。
 安っぽい遊園地もどきの地と、リゾートの遊園地の設備の違いは雲泥の差があっても、楽しさや悲しさを測る定規とはならない。
 ・・・芦別も頑張れよ!(苦笑)

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

気晴らし

20071222154056
多分、今年最後の訪問。

稚内駅前

20071221122516
寒いです。

テスト

20071218230121
テスト

宗谷バス

 最近バス通を通常のルートとしているが、マイカー慣れしている北海道人としては、やはり基本は「自家用車」での移動。
 札幌近郊などでは、少し事情が違うが、
1.公共交通機関の便数が圧倒的に少ない。
2.交通量が少ないので、マイカーの方が時間に融通が利く。
3.無料の駐車場が殆どの場所で確保出来るので、マイカーの利便性が高い。

 つまり
1.行動がダイヤに制限される。特に、JRや長距離バスは、乗り遅れると取り返しがつかない。市内バスの場合、多くの停留所で、吹きっさらしの雪原で待たされる。
2.渋滞がないので、自家用車で予想通りの移動が出来る。
 というのがマイカー無しでは生活しづらいという、北海道の基本と言えると思う。

 ただし
3.降雪地域では除雪の関係から、有料駐車場を確保出来ないと、様々なトラブルに遭遇する可能性が極めて高い。
 という一面も否定出来ない。

 じつは
ホテルの利用や、商業施設の利用等が伴う場合は、何ら問題がないのだが、降雪時は駐車場の除雪などの問題で、駐車出来ないことがあったり、除雪の邪魔になることで、苦情を受けることも少なくないのだ。

 つまり、車の利用方法として、駐車場所の心配が無い場合は夏場と変わることはないが、駐車場の確保が危うい場合は公共交通機関の方が有利という場合があるということ。
 かつて雪の少ない「釧路市」で、降雪のため除雪出来ず、3日も勤務先付近に通勤用に借りていた駐車場が使えないと言うことがありました。

IMG_5552.jpg
 ま、そんなことで「宗谷バス」さん。これからもよろしくです。
 そして、お正月に稚内に滞在される方必見!
P1000112.jpg
 元旦(1月1日)は市内線のバスは運行しません。ご注意下さい。
 ちなみに、市内のホテルも軒並み休業で、全日空ホテルさんくらいしか、やってないと思います。市内の移動はタクシー以外、どこにも行けないと思いますから、このツアー、お勧めです(笑)。

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道完全制覇21

 我々(私?)は、とりあえず目的地を芦別としたが、途中の市町村は落とせない。
 歌志内といえば炭坑の街という印象があるが、今の歌志内といわれれば「チロルの湯」という感じ。
 道の駅から残っている印象が強いかもしれない。
08uta.jpg
 ちょっと寂しいかなぁ。
 町内には「悲別ロマン座」のロケ建物もあります。
08uta1.jpg
 しかしながら、「倉本聡」先生のドラマに、あまり共感出来ない私としては、詳しいことは分かりません。
 まぁ、北海道を舞台にした有名作品をいくつも輩出されている先生ですから、機会があれば見てみたいという気持ちはありますが・・・。
09aka.jpg
 そして赤平市到着です。
09aka1.jpg
 特に書くこともなく・・・赤平市の皆さま、ごめんなさい・・・。

 「芦別ってさぁ、色々想い出があってさぁ。」
 「へぇ~。何か特別なことでも?」
 「まぁ、結婚前の言えないこともあるんだけどさぁ、家族でキャンプしていた時期の想い出も結構あってね、バブル時期の「カナディアンワールド」とか、今でもやってるみたいなんだよねぇ~。」
 「なんですか?それ。」
 「赤毛のアンのテーマパーク。登別の中華庭園(天華園)よりは良いんだけどさぁ、行ってみよう。」
 「はぁ・・・。」

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

やっかいなヒト

IMG_5850.jpg
 18リットル灯油缶を運ぶ、年輩のチャリダー
 国道(稚内駅前)を力走してます。
 こけられて、轢いてしまったら、隣の車は「業務上過失致死」に問われる可能性が大きいですね。
 ま、先行車もボクも、めちゃくちゃ困惑して走ってますから、転倒しても轢かないように注意しているはず。せいぜい転倒した怪我程度で済みそうな気もしますが、接触でもすれば、常識は通用しそうにありません。
 冬場の「レンタ」の皆さん。お気を付け下さい。

ブルガダ型心電図

 「心電図に2年連続で異常所見がありますから、精密検査をお勧めします。」

 ということで、精密検査を受けてきました。
 周囲からは「毛が生えてんじゃねぇか?」といわれてましたが、とりあえず精密検査の申し込みをして、受検してきました。
 心臓の検査と言うことで、消化器系とは違い「飲食の制限無し」を良いことに、前の上司と良いだけ飲み食いした翌日、病院へ。ごちそうさまでした(笑)。
 診察券も保険証も忘れたものの、とりあえず検査をして貰いました。

 検査中は技師から
 「○○さん、どういう指摘を受けての再検査ですか?」
 「忘れました。」
忘れっぱなしっです。健忘症とか痴呆症かもしれません・・・。

 医師の説明。
 前回はこのような心電図で、「ブルガダ型心電図」と呼ばれているものなので、精密検査をお勧めしましたが、今回は心電図に特徴が出ていませんし、エコー検査でも、「大きさ、肉厚、弁の機能」も異常がありませんのでご安心下さい。

 ま、血族に「急死、突然死」とか、本人に「失神」とかがなければ心配不要、逆にそう言うことがあれば、今回の検査結果でも「要注意」らしいです。
 翌日嬉しさのあまり飲み過ぎましたが、脂肪肝には悪影響だったと思います。
 反省。

テーマ : ▼どうでもいい話
ジャンル : 日記

JR沈黙

 過去最大のトラブルの渦中にボクは居た。
 二日間の延べ影響人員が11万人以上とされる(北海道新聞など)、自然災害以外では過去最大規模となった札幌圏の防護無線(誤作動?)によるトラブル。

JRD000.jpg
 出発直後、十数メートルで緊急停止したと言われる「スーパーおおぞら9」号。言われてみれば、停止位置が変。
JRD001.jpg
 札幌駅到着間近の列車は、徐行にて駅まで進行した模様。(公式発表は無し)
 星置行きになった同列車には、ホームで運転再開を待っていた乗客が殺到。
 この頃既に、改札は事実上中止。近郊の切符の自動販売も停止されていた。

JRD002.jpg
 戻ってみると、「運転再開の目処が立たないので、乗客は一旦待合室に出てください」とのこと。
 昨年の代行バス事件を彷彿させるが、影響はそれより遙かに甚大。
 
JRD003.jpg
 自動改札は殆ど出場一方。入場出来る改札にはJR職員と鉄道警察が対応と治安維持のために出場。
 以降は札幌駅西口です。
JRD004.jpg
 絵取りのしやすそうなところには、報道機関が陣取ります。
JRD005.jpg
 街頭放送そのものになっている放送協会さんのニュースに、一同ガッカリ。「ワラをもすがる」気分なのに・・・(苦笑)
JRD006.jpg
 何故に報道陣の記録をしているのかは、我ながら疑問ですが、コンコース片隅でPCから原稿流している記者さんもいらっしゃいました。
JRD007.jpg
 事案発生から3時間後の午後7時。復旧の目処が立たず、帰宅の目処も立たないため、バスで小樽に向かうことにしたものの、大混雑。小樽まで1時間30分も掛かりました。

 「この列車は新千歳空港行き、快速エアポート156号です。発車時間を過ぎておりますが、ただいま他の列車からの危険を知らせる、停止信号が発信させられたため停まっております。発信させられた列車につきましては、現在のところ分かっておりません。現在、関係社員による確認作業が行われております。また、更に安全確認をしたあとの運転再開となります。お急ぎのお客様には大変ご迷惑をお掛けしております。もうしばらくお待ち下さい。詳しい状況が入り次第、お客様にはすぐにご案内させて頂きます。発車までもうしばらくお待ち下さい。お急ぎのお客様に大変ご迷惑をお掛けいたしますことをお詫び申し上げます。」

 これが何故か「新千歳空港行き」車内で聞いたアナウンスの総て。
 完璧でしょう。極めて優秀な車掌さんです。
 余りにも端的で、文句を言いたいがためだけに詰め寄るバカがいれば「善意の第三者として」いざこざを納めるために協力しようとも思える潔さ。

 一方で駅アナウンスの「しばらく時間が掛かりそうです」というのはNGでしたなぁ。
 見込みがないものは「当面時間が掛かりそうです」というべきだと思ったのはボクだけかな。
 しばらく=(他力本願ながら、近いウチ)何とかなりそう
 当面=何とかなるんだろうけど(自分の期待に沿った)見込み無し
・・・って、勝手に思ってますが・・・

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道完全制覇20

 「夕張ってさぁ、何かすごく親近感のある街なんだけど、何回か通過しただけだし、列車の乗り潰しで駅もいっただけ。実際には余りよく知らないんだよね。」
 「へぇ~、意外ですね。」
 「うん。自分でもそう思う。今回のルートは初めて通るルートだしね。万字ってところも始めていくところ。結構わくわくしてるよ。」
 「珍しいですねぇ。そんなところもあるんですか。」
 「まぁ、全道殆ど行き尽くしたけど、さすがにねぇ、総て回りきってはいないよ。」

 我々は「石炭の歴史村」を通過、万字経由で三笠へ向かう。
 途中「機関車やえもん」を彷彿させるB20の1号機を目撃。
 「機関車やえもん」のモデルは、輸入された「1号機関車」といわれているが、このミニロコをそうだといっても疑う人はいないだろう。
IMG_1977.jpg

 初めて走る道道38号から30号に進み、我々は一路三笠へ。
06mika.jpg

 「ショボイ庁舎ですなぁ。」
 「でも、なんか、こう、歴史がありますよね。」
 「確かにねぇ。なんか、道北の「鉄道無くなったんで交付金で建てました」みたいなピカピカのムダに立派な庁舎より、よほど「住民のため頑張ってます」って感じがして、ボクなんかは好感を持っているけどね。」
 「この看板なんて、歴史ですよ。」
 「確かにそうだね。耐震基準とか、今は色々あるけど、使えるものなら改修して使い続けて欲しいような建物だと思うよ。」
 「そうですねぇ。」
 「ま、改修する方が、将来的に返って「高上がり」って事もあるかもしれないけどさぁ。」
 「・・・(苦笑)」

06mika1.jpg

 三笠市クリア

 「とりあえず(国道)12号線 登るけどさぁ、お昼に食べたいものあるの。勝手に決めて良い?」
 「何ですか?ダメとは言いません(言えません)が。」
 「うーん、おにぎり(あたためますか)とかでも出てたけどさぁ、ボクも食ったこと無いから、上手く説明出来ない。」
 「はぁ。別に良いですけど。」
 「あ、芦別行きたいのさ。」
 「芦別ですか?」
 「うん。どこだか分かる?」
 「・・・」
 「ほら、大観音があったところ。」
 「あ、あそこですか?」
 「そう。」
 「分かりました。」
 「風呂も入ろう。多分温泉じゃないけど。そして、前回見ることが出来なかったところも。」
 「分かりました。」
 「じゃぁ、行くぜい。」

07suna.jpg

 砂川侵入
07suna1.jpg

 砂川市クリア
 ・・・特に書くこともなく・・・(苦笑)

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道完全制覇19

 「便利だね。」
 「はぁっ?。」
 「ATM。ボリまくりの銀行の利用料金から比較してさぁ、貧乏人に優しいわ。試しにさぁ、いま、1000円おろしたの。銀行ならこの時間に動いてないし、300円くらい手数料取るだろ?」
 「そんなモンですかね?」
 「だとしたら、自分の金、1000円降ろすのに手数料300円!?。ぼったくりだぞ。
 「まぁ、普通は1000円って事はないでしょうけど、結構手数料は高いですよね。」
 「腹立つわ。」
 「分かります。」

 「まぁ、今回さぁ、産炭地の跡を巡りたいんだなぁ。」
 「はぁ。」
 「ほら、今さぁ、何かと夕張大変でしょ?」
 「そうですねぇ。」
 「でも、町なんてちゃんと見たこともなくてさぁ。」
 「そうですかぁ。」
 「ほら、オレはさぁ、室蘭出身だからさぁ、重工業の衰退を目の当たりに見ていてさぁ、何か哀愁を感じるって言う面が強いんだよね。そして、悲しいけど、個人的にはさぁ、他人の不幸を見て共感することで、安心するってイヤらしい面があるんだよねぇ。特に産炭地は寂しいけど、今なら、ホント微かだけど、賑わっていた頃の面影があるわけよ。」
 「ほぅ。」
 「そう言うのって、殆ど「廃墟巡りマニア」に近いからさぁ、家族では回れないんだよね(共感されないから)。」
 「まぁ、普通そうですかね。」
 「だから、キミ、(悪いけど付き合って)犠牲になって。」
 「いや、ボクはそもそも知らないんで、別に良いですよ。」
 「そうかい?悪いね。」
 「まぁ、別の見方になると思いますが。」
 「そうだろうね。知らないモンね。」
 「ま、旅ですから。」
 「そうだね。」

05yuu1.jpg
 山あいにある「夕張市役所」です。
 夕張の石炭を室蘭本線経由で移出していた街「室蘭」の出身者としては、感慨深く、そして余りにも微妙な感想を持ちます。

05yuu.jpg

 でもまぁ、旅の最中は「笑顔」が一番でしょう?
 頑張れ!夕張!

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道完全制覇18

 「いやぁ、ことのほか爽やかですなぁ。」
 「春ですねぇ。」
 「こんな天気ならまだまだ行きたいところですなぁ。」
 「でも、無理ッスよ。」
 「うーん、仕事休むわけにいかないしなぁ。」
 「今日中に帰らないと。」
 「でも、まぁ、折角の天気だし、ボクの好きなところ寄らせて貰うよ。」
 「あぁ、それはかまいませんよ。」
 「何処行こうかなぁ。」
 「お任せですから。」
 「とりあえずは栗沢町だな。」
 「栗山町じゃないですか。」
 「あ、そうか。でも、栗沢もあるよね?
 「・・・ないですよ。
 「え?無いの?なして?
 「なしても何も、ボクには・・・」
 「そっかぁ。栗沢も無いのかぁ。


03kuri.jpg
 栗沢町は北村と共に岩見沢市へ合併とのこと。
03kuri1.jpg
 栗山町クリア

04yuni.jpg

 「さ、次は由仁町ですなぁ。」
 「このムカデみたいのは何ですか?」
 「知らない。」
 「知らないって、随分とあっさりですね。」
 「だって、知らないモン。ユンニの湯くらいかなぁ、知ってるのは。」

 どうやらあとで調べると【百足まつり】なるお祭りがあって、由仁町の一大イベントだそうな。
 8人でロープで足を結び、200メートルを疾走するらしい。

04yuni1.jpg
 由仁町クリア

 「ハラ減ったね。」
 「そうですね。」
 「コンビニで良いよね?」
 「どこでも良いッス。」
 「セブンイレブンで良い?」
 「どこでも良いです。」
 「セブン銀行のATM使ってみたくてさぁ。いい?」
 「だから良いですって。」
 「セイコマの方が安いんだけどさぁ。」
 「だから良いですって。」
 「じゃ、セブンイレブンに・・・。」

 まだまだ午前7時前です!

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道完全制覇17

 「おはようございます。」 
 「あ、おはようございます。・・・。」
 「・・・(写真)撮る元気なかったの。」
 
 これまでは、普通に年寄りのボクが先に目を覚まし、ワンショットかまえてから一日がスタートする場合が多かったんだけど、疲れてワンショットを撮れなかったのです・・・。
 
 「はぁ。」
 「トイレ行って出るよ。」
 「オッケーです。」
 「晴れたね?」
 「意外ですが。」
 「やっぱり、晴れてないとダメなんだよなぁ。」
 「結果オーライですね。」
 「ついてるね。」
 

01naga.jpg
 5月20日午前5時54分 長沼町役場
 長沼といえば「長沼ジンギスカン」。是非お試し下さい。滝川に負けない美味しさです!
01naganu1.jpg
 隣接を潰すため、南幌町に向かい、町界で撮影。
 長沼町といえば、今回P泊した「道の駅 マオイの丘」の町ですが、札幌から近いこともあり、夏場の休日にはスゴイ混雑しています。

02nan.jpg
 町界なので、片や逆光、片や順光(笑)。こちらの方が見栄えがいいですねぇ。
 南幌町侵入です。

02nan1.jpg

 見所も確認せず、あ、早朝なんでそもそもですが・・・
 数稼ぎで次の町へ・・・(笑)。
 まだ、午前6時10分ですが、今日中に稚内まで戻ります。

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道完全制覇16

注 今回は写真はありません。深夜ですから。

 「いやぁ、雨はツライね。
 「そうですねぇ。意外と写真撮る時とかって、今までも、雨とか、結局困ることは無かったですモンね。」
 「不思議にそうだよね。オレなんか、なんだか【自然災害の呼び神】見たいに言われてるけどさぁ、周りに被害があるだけで、オレ自身はたいしたこと無いんだよなぁ。」
 「はい。意外ですけど、そうですよね。」
 「だろ?そこンところは言っておくよ。」
 「周りが信じてませんけどね(苦笑)」
 「・・・ま、キミが信じてくれていれば、それでいいよ。」
 「はぁ、同行者ですから。」
 「修行の道連れみたいだよね。」
 「まぁ、嫌いじゃないですから。」
 「うん。嫌いだったら絶対無理。おかしいモン。狂ってるモン。」
 「否定はしません。家族が心配してますから。」
 「(苦笑)あ、そう言えば、時々(親御さんから)メールとか来るよね。ま、そのご家族の心配、理解は出来る。でもさぁ、未成年略奪じゃないんだから、訴えるとかは止めてね(苦笑)。」
 「それはそうですよ。でも家族が心配するんですよねぇ。危ないところ行くんじゃないとか・・・。」
 「ま、仕事なら仕方ないけど、(ボクと一緒の時は)遊びだからなぁ。でもね、ボクにも家族がいるから、自暴自棄で活動はしてないぞ(笑)」
 「【何があるか分からないから旅なんだ】ってことですよね。」
 「旅だけじゃなくてさ、生きるって事自体、何があるかは分からないさ。」
 「ま、日常の保証ってのはないですけど、やはり、旅に出てるって事はハプニングに遭遇することは多いですよね。」
 「日常に飽きるから【旅】に出るんだから、否定は出来ないよね。だから楽しい。」
 「だから、ボクもついてきているんです。」
 「おっ、良いこと言うねぇ。」

 札幌を出発した我々は、極度に体力を消耗し、とっとと眠たかった。
 近場の道の駅と言えば「マオイ」か「三笠」。経験上「マオイ」は比較的静かで駐車場が広く、翌日の行動を考慮して「マオイの丘」へ向かい、日出までの時間を睡眠に費やすこととなった。

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

プロフィール

かぶじろう

Author:かぶじろう
 このブログは かぶじろう を名乗る管理人の平凡な日常を淡々とまとめたブログです。
 カブなどの小型バイク、駅巡りなどの鉄道関係、道の駅などのドライブ、美少女系アニメなどの萌えオタ、ラーメンやソバなどの麺類、温泉巡りやキャンプ生活・・・平凡な内容です。
 過度な期待はしないでください。

 コメなんか頂くと喜びます。

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
11 ≪│2007/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも一覧

■ ブログ名:バイクに乗ったおやぢ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールでも・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

お天気
予言だyo!
禁煙