教習八時限目

【小型限定八時限目】

 とは言え、7時限目の途中から・・・。

 「急制動は習いましたか?」
 「はい、前回やりました。」
 「そうですか。じゃ、コース運転はやりましたか?」
 「はい、1回路をやりました。」
 「他(のコース)は?」
 「今日は、2回路、3回路を覚えてきてくださいといわれました。」
 「じゃぁ、それで行きましょう。」
 「お願いします。」
 「で、どうやって教わってました?」
 「はぁ・・・。2ケツでコースの説明と、覚えるポイントを説明してもらい、先導、自走の順でしたね。」
 「じゃ、それで行きます。」

 なんと、見極め前の最後の教習な訳です。
 何故なら、9時限目はシミュレーター教習で、なおかつ唯一の学科1時限と組み合わせ教習と決まっており、10時限目は見極めとなるという仕組みだからです。

 初めてカブに乗ってから、20分くらい公道で練習して40キロくらいでしょうか?峠越えで帰宅しましたが、細かなシフトダウンとか取り回しとか、CUBが手足の一部のように感じられて「気持ちいい」と思えた最初の日というのは、何週間も乗っていてやっと掴んだ感触です。

 教習では【基本】と【検定内容】は教えてくれますが、練習時間は一切無いと思った方が正解かもしれません。
 教習期間中本当に良かったと思うのは、ブレーキの使い方、アクセルの使い方、乗車姿勢、といった「本当に二輪の基本」といったところでした。如何に基本がなってなく、我流だったかということです。

 教わったことを実践すると、「確かに良いな」ってことが沢山ありました。

 で、教習ですが、「3回路は時間的に自走は無理だろう」と思っていたので、嬉しい誤算に翻弄され、コースはめろめろ。
 「検定なら中止にはなりませんが減点が大きいですよ。」
 と、ご指導を賜りました。

 いや、覚えられねぇって。検定コース。

テーマ : 教習所
ジャンル : 車・バイク

教習七時限目

【小型限定七時限目】

 「次は、2コースと3コースを覚えてきてくださいね。」
 しかし、7・8時限目はシミュレーターと実技。一寸キビしくね?って感じです。

 久○田先生ご登場かと思いきや、阿○先生が登場。ま、休みの人は休むよね。

 で、7時限目はシミュレータで交差点の危険を体験するというプログラム。
 5つくらいを強制的に体験させられました。多分課題が公安委員会の指定として決められていて、絶対に教えなきゃならない最低限の部分なんでしょう。まぁ、腹が立つ設定のシミュレートなんですが、プレイバックで指導を受け、なんと、残り時間は実走行をすると!正直嬉しくてたまりません。
 ある程度の裁量があるんでしょうなぁ。
 阿○先生も、生徒のシミュレーター酔いには悩まされているようで、ヒドイ方だと10分も経験出来ないのだとか・・・

 で、当然8時限目の予習のような形で、7時限目の課題は終了。

 実走だ!ヤホィ!
 この気持ちが、絶対に顔に出ていたと思う。

テーマ : 教習所
ジャンル : 車・バイク

疲れた

 朝、こっ早くから出勤して通常の朝の始業時の準備をし、部下に代役をお願いして、上司の出勤を待って「昨日二輪の検定に合格したので、支障がなければ本日休暇を頂きたい。」と宣言し、運転免許試験場まで行き、即日交付の手続きをし、原チャの排気量を変更したからと言って、市役所に行って廃車手続き&二種登録をし、実際にボアアップ。(ちょっと順番が逆だけど、動けるようになったら、堂々と試運転したいんで。)

P1030744.jpg
 法改正により、普通免許が「中型」となりました。普通自動二輪はもちろん「小型に限る」です。

P1030742.jpg
 72ccのヘッドです。バラすのは簡単ですが、ピストンの組み付けはたった2つの部品で泣きそうでした。写真の撮影データを見ると、ピストンを外して付けるだけで1時間以上かかっています。真面目にバイクやさんに持ち込もうかと思いましたから・・・。
 水曜日に作業再開予定。というか、作業時間は当初から6~8時間と見込んでたのですが、作業開始が午後3時。作業中断が午後7時。2時間以上足りなかったわけで、見込み通りなのですが、予定外のトラブル続出。ちゃんと動くか心配です。まぁ、一応排気量は上がってますよ。始動不能ですが。

 トラブルはOKだけど、壊れたらやだなぁ。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

教習六時限目

【小型限定六時限目】

 「○○さん、シミュレーターに来たと言うことは、既に二段階に入っています。シミュレータには慣れましたか?」
 「はい、何ともないです。」

 実はシミュレータの画面、見ていて気持ちが悪くなる方が少なくないようで、特に男性の生徒さんに多いとのこと。個人的には「なんで?」って、感じです。

 ちなみに第二段階の項目

【目標】
① 交通法規に従った正しい走行ができる。
② 交通の状況についての情報を的確に読みとりながら快適な運転ができる。
③ 二輪車の運転に伴う危険を予測した運転ができる。
④ 二輪車の車両特性を理解し、余裕のある運転ができる。

【技能教習項目】
1.路上運転に当たっての注意と法規走行
2.通行区分など
3.走行ポジションと進路変更
4.交差点の通行(直進)
5.交差点の通行(右折)
6.交差点の通行(左折)
7.見通しの悪い交差点の通行など
8.安全な速度と車間距離
9.カーブの安全走行
10.カーブの体感走行
11.急制動
12.回避
13.ケース・スタディ(交差点)
14.交通の状況及び道路環境に応じた運転
15.危険を予測した運転
16.高度なバランス走行など
17.教習効果の確認(みきわめ)

となっています。

 で、二段階の一時限目は【路上運転をシミュレートして経験しよう】という設定となります。

 20年以上四輪を運転し、ミニバイクで転倒したり、カブ次郎で危ない目に逢ったりしてるので、殆どの場合「あぁ、この条件ならこういうトラブルが来るな」とか予測出来ちゃうんで、殆どの危険を回避出来てしまいます。
 いや、怪我したくなかったり、死にたくなかったら、そうならないように運転しますって。
 それでも、今日なんか「追い越ししてきた途端左折」というとんでもない想定外の運転をして下さる「ババア」がいたりして、実際の運転はシミュレータより怖い場合も多々あります。この様な状況を回避出来なければ、シミュレータなら画面がこけるだけですが、リアルに死にますから。

 「○○さん、明日もこれますか?」

 久○田先生、これにてお別れでした。
 多分、限定解除には行かないと思いますが、また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

 ちなみに、本日卒検、無事終了いたしました。
 今月中には免許の更新に行って参ります。
P1030682.jpg
 本日ミニパトに「50も出てたんじゃねぇか!ごらぁ!」とスピーカーで怒られましたが、しょうがねぇだろ、一桁国道で30キロならアブねぇんだって。市街地では意識して40以下で端っこ走ってンだから、ゆるしてくれよぉ・・・ってのもあと少し。
 カブ次郎も黄色ナンバーへ向けて、改造直前です。

テーマ : 教習所
ジャンル : 車・バイク

教習五時限目

【小型限定五時限目】

 早朝から丘の上でのイメトレ。カブ次郎でセンターライン(教習場の駐車場ね。)での一本橋の練習。
 しかし、結果としては「変な癖」が付くようで、後々「指導」を受ける羽目に(苦笑)。
 やはり、バイクはバイク、カブはカブ。

 五時限目は第一段階の見極めです。

【目標】
① 運転装置の働きを理解し、正しい手順で操作できる。
② 正しい運転姿勢で基礎的な走行ができる。
③ 確実かつ円滑な運転操作ができる。
④ 車両特性等に応じた基本的な走行が出来る。

【技能講習項目】
1.車の取り扱い
2.自動車の機構と運転装置の取り扱い
3.運転姿勢
4.ブレーキ操作の仕方
5.発進および停止の仕方
6.変速操作の仕方
7.安全走行
8.円滑な発進・加速
9.速度の調節
10.ブレーキ操作
11.バランスのとり方(直線)
12.バランスのとり方(曲線)
13.車両特性を踏まえた運転
14.坂道の通過
15.坂道における停止及び発進
16.オートマチック車の運転
17.教習効果の確認(みきわめ)

 はっきり言って、いっぱいいっぱい。
 足が開くことと、バランスが取れないこと、ブレーキのタイミングのまずさ等、確かにぎくしゃくした運転だもなぁ。

 急制動は小型の場合、30キロ以上で進入し、8メートル以内で停止させること。
 30キロなんて車だとめがっさチンタラして腹が立つスピードなのに、狭い教習場内では随分と速い感じがする。そして、加速し過ぎちゃったり、規定速度まで到達しなかったり、ホントに旨くいかない。
 それでも何度かやって、やり方は覚えたと言うことで1コースの練習。まぁ、上手く出来るまでやってたら、いつまでかかるかしれないモンなぁ。
 
 1周で10分ほどのコースを、2ケツで回って、先導して貰って、最後は自分で走る。これだけで30分以上かかるから、5時限目はあっという間に終了。
 下手なりに安全に1周出来れば合格だったみたい。

 「○○さん、次、シミュレータですから、待合室で待機してくださいね。」
 「はい、ありがとうございました。」

 特に一段階終了の説明も無かったけど、二段階の一時限目は「シミュレータ」なので、まぁ、一段階補習無しと言うことで何とかなりました。

テーマ : 教習所
ジャンル : 車・バイク

ソロプチツー

 「カブでとことこと、色々なところを回って写真を撮りたい。」

 正確には、「色々なところに行って写真を撮るために、移動手段として手頃なバイクを手に入れて、移動を含めて楽しみたい。」と思って手に入れたカブ次郎。
 原チャの30キロ制限等の煩わしさがなければ、100%満足なんですが、速度オーバーは、やはり後ろめたいし、札幌都心部などの右折関係の制限はうっとうしい。
 既に「二輪免許取得」は最終段階となり、また、ボアアップのキットも到着済み。
 「二輪免許」は秋、ボアアップキットは「冬のボーナス」で計画していたものを、いずれも前倒ししています。
 当然しわ寄せというか、無理があるのですが、今の時期に「やりたいことと」して「カブでトコトコと、色々なところを回って写真を撮りたい。」ということを満足できる時間がない。

 教習所通いで時間の制約が出るし、ボアアップの手間暇(組み付け、慣らしなど)も大きな制約となります。原チャのままでも良いのかもしれないけど、びくびくしながら「車両の流れに乗る」のも、峠の登りの度に流れに乗れず「おどおどする」のも、どちらもイヤなんだから、時間のベクトルで我慢ですね。

 で、今日はボアアップ前の、多分最後のプチツーに出ました。
 積丹半島一周の度・・・いや「旅」。
 小樽起点で、一周約200キロ。観光に力を入れなければ、半日コースです。週末は泣きたくなるほどの渋滞コースなので、平日の休みを有効に利用。
 天気はイマイチでしたが、気象庁のレーダー解析情報などを元に、「何とかなるさ」で出発。

 時計回りだと海も近いし、余市から稲穂峠を経由して、泊村に入るコースで進行。

syt80701.jpg
 この付近では、チャリダーが前後して走ってました。晴れていれば、相当爽快なエリアです。
 で、曇っていてハレーションがないのでカブ次郎のセンターバック、色が浮いてますね(苦笑)。
 真面目な話し、「日焼け」です。日が当たっていないところは白いです。さすが「ベトナム部品」ですなぁ。ビックッリしてます。
syt80702.jpg
 道の駅「オスコイ!かもえない」は解体の真っ最中。
 この後、どうなるのでしょうか?
syt80703.jpg
 積丹町に入りましたよぉ。
syt80704.jpg
 風光明媚な景色が拝める旧道は「危険」ということで、トンネルのバイパスが年々整備されています。
 確かに崩れても、おかしくないモン。
syt80705.jpg
 神威岬到達
 良い運動になりました。
 だって、駐車場からは歩くしかないんだもん。

syt80706.jpg
 旅cub発見!
 前はカブ。後ろはメイトです。
syt80707.jpg
 北陸ナンバーのお二人でしょうか?
 北海道での良い想い出を沢山お持ち帰り下さい!(笑)。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

本日の教習

 本日の教習は、男性の先生でした。
 まぁ、考えてみれば当然デスなぁ。ご指名じゃないんですから(笑)。

 やはりニーグリップが甘いことや、ブレーキのアンバランスさを指摘され、クランクで停止も・・・

 また、コースの説明の仕方の違いや、バイクの取り回しなど随分と印象が違いました。

 まぁ、この先生、一時限目に「なんで小型なんですか?」と聞いてきた方で、休み時間に少しお話しする機会があり、自分が「どうでしょうマニアでカブに乗りたいが、原チャで捕まる(スピードや二段階右折)のがイヤだから」という話しにえらく納得して頂きましたよ。
 「郵便局の方以外で(小型は)初めてだと思います。」って、まぁ、そうだわな。
 「最近は大型免許を教習で取れるから、バイクが初めてと言う方も、いきなり大型でチャレンジしてきますから。」とか、若い人よりは年輩の方の教習生が多く、「バイクは娯楽品ですから、ある程度金持ってなきゃ楽しめないし。」とか、毛色の違う話が聞けて楽しかったです。

 確かに半年は(普通)冬眠になる北海道で、バイクは娯楽品だよなぁ。郵便や新聞の配達なら原チャのカブで良いし。とか思ってましたが、ちなみにこの先生曰く「郵政の方でも、小樽だから(免許)取りに来られたようですよ。札幌なら平地ばかりで50でも何とかなるけど、小樽じゃ(坂が多くて)使い物にならないからとおっしゃってましたねぇ。」
 ・・・なるほど。黄色ナンバーを多く見る理由はそこか。

 まぁ、そんな話しはともかく、とりあえずは、やはり、コースを覚えるのが優先だなぁ。

 

テーマ : 教習所
ジャンル : 車・バイク

華がない

 沢山残っている仕事のことと、小型免許のことでいっぱい、いっぱいでも、「ちょっと一杯」は出来る器用な「かぶじろう」です。

 たった10時間のウチ、4時間もシミュレーターに割かれてしまう小型二輪ですが、検定までたどり着くのか結構不安です。
 イメトレのため、教習所のコースが見える高台で、「カブ次郎」を「志美次郎」に見立てて練習してます。
P1030527.jpg
 本田志美次郎こと、お世話になっている教習所小型二号ホンダCB125Tさん。

 以前「一台しかない」と書いてましたが、志美太郎さんもいることが判明。確かに2号機だけってのは不思議だもんね。

 で、本日も明日に向けて、イメトレのため、教習所のコースが見える高台に連れてこられた「カブ次郎」が、ついに4000キロをマークしました。
P1030529.jpg

 これと言ったソロツーもなしに、たった3ヶ月で3000キロ走っている自分が怖いです。
 ここまで来る途中で急にエンジンが止まり、「お!まずい!」と恐怖しましたが、案の定ガス欠。
 リザーブで、難なくたどり着きました。

 三連休、担当の先生のご厚意で、明日も頑張ります。
 担当頂いている先生は、確か休みだったはずなんですが・・・、「○○さん、明日もこれますか?」って言われりゃ来ますよ。何かお気遣い頂いたようで恐縮です。もたもたしてたら「お盆休み」で秋だもんなぁ。確かに悠長に構えていたらダメかな(苦笑)。
 楽しみが早く叶うというのは、次の楽しみへの架け橋なんだから。

 追記

続きを読む

テーマ : 教習所
ジャンル : 車・バイク

教習四時限目

【小型限定四時限目】

 「さて、次の授業は盛りだくさんで忙しいですからね。」
 「はぁ。」

・坂道発進
 ローで坂道で停止。
 フットブレーキで確実に停める。
 前輪はブレーキレバーに触れず、確実に安定した高回転をエンジンに与える。
 クラッチをハンクラにして、フットブレーキを弛め、動力を確実に伝えて登坂させる。
 登坂したら、クラッチを繋いでローのままエンブレを使って下る。

・S字(8の字)
 しっかりトニーグリップをして、安定させてセコンドで回る。
 先を見てしっかりとハンドルで曲がる。
 スピードはリアブレーキで調整する。

・クランク
 S字と基本は同じ。充分スピードを殺して入ること。

・一本橋
 しっかり「ニーグリップ」して安定させ、重心がづれない様に、アタマを動かさない。

 いやぁ、一番自信があったのに、一番手こずったのが「一本橋」でした。
 結局「ニーグリップが甘い」のと、「低速に拘りすぎる」のが敗因。
 後半はなんとか落ちないようになってきたけど、あくまで【なんとか】のレベル・・・。
 カブ次郎とのコンビでは相当低速で直進出来るんだけどなぁ・・・。

 坂道発進の場合のコツはCUBにも応用出来ますなぁ。

 結局50分で4っつの練習だから、平均10分程度の練習。
 残るは「急制動」のみ。

 「次はコースで練習しますから、1コース覚えてきて下さいね。」
 「はい。分かりました。ありがとうございました。」
 「お疲れさまでした。」

 ・・・ついにコースかぁ。厳しいなぁ・・・。

 で、考えた。
 教習コースが見える場所でイメージトレーニング。

 カブ次郎のセンタースタンドを立て、チョークをウインカーに見立てて、小一時間ばかり見極めで見られそうな注意事項を思いながら操作トレーニング。

 成果のほどは!乞うご期待!

続きを読む

テーマ : 教習所
ジャンル : 車・バイク

教習三時限目

【小型限定三時限目】
 一階の待合室で待ってるように言われたのだが、一週間も前のことは覚えておらず、二階のシミュレータ室の前で三時限目が始まる。
 下から「○○さ~ん」と呼ぶ声が・・・
 「はーい。おはようございます。」
 前回は時間を間違えたオヤジ。今回は集合場所を間違えたオヤジ。うーん・・・。

 さて、「後志地区最新型」の800万の本田技研製マシン、タンクが大きく、小型とはやや勝手が違う。まぁ、実車じゃ無いからしょうがない面はあるが、最初のウチはどうにも感覚が掴めない。
 Gがかからないからしょうがないけど、まずは疑似コースを練習する。

 何となくだが、感覚を掴んでくるとゲーム感覚で楽しい。

 まずは急制動の疑似体験。
 直線道路を60キロで走る様に指示を受け、いきなり出てきたトラックに、衝突しないように急制動を掛ける。
 まぁ、設定が極端な作り話(植え込みの中からいきなり出て来やがる)ではあるけど、何となくそう言う内容だろうと思っていたので、ポンピングで制動。意外と冷静じゃん。
 でも、ホントだったらびびってロック→転倒だろうなぁ。

 「エンジン音や振動が変わるので、ロックさせないように今みたいな制動にしてくださいね。」
 ・・・って、言われても普段はGに頼って運転してるので、疑似体験じゃ難しいってーか、緊張の方が強くて全然分かりませんってば。この段階で。

 その後は、トラックの後について、時速60キロから制動する体験。ブレーキに加え、左に逃げる。
 ありがちな話しなら、「教習生ぶつかる→コツの教習」となるんだろうけど、だって、実際そう言うことあるんだもん。経験してるから反応しちゃうんだよね。まぁ、自動車の場合は逃げられないけどね。死にそうになったこともあるさ。バイクなら歩道側に充分逃げれるし。まぁ、左に逃げるのは教習的に良いかどうか分かりませんがね。

 で、路面設定を雨天にしたり、鉄板にしたり色々体験。気持ちよく?衝突したり、転倒したりしました。んだけど、マンツーマンだから結構時間かけれるんだろうなぁ。セットは一台しかないから、沢山教習を受けてれば交代なんだろうなぁ。そう考えると結構お得かも。

 直線制動が終わると、高速カーブの体験。
 40-50-60-70-80と順に制限速度を上げていきます。これも一人で体験出来るのはマンツーマンだからかも。でも、ハンドルが重いんだよね。なまらバンクしているらしく、金属音がキーキーと・・・。
 いやぁ、ついつい「ハング・オン」してしまい、注意される。レースのコーチングじゃないから当たり前だよね。

 今度はマンホールと横風の体験。
 いや、実体験で怖い思いしてるから・・・まぁ、マンツーマンなので淡々と。CUBでも流されるから・・・怖いです。トンネルの出口に橋があって、吹き流しが水平ならかまえるでしょ?普通。速度は一定にと言うことだったんで減速しなかったから、案の定対向車線に流され、反対車線ぎりぎりでなんとか持ちこたえると同時に、狙って来やがる対向車線の大型トラックの風に今度は反対に煽られて終了。
 原チャも乗ったことのない本当の初心者だったら、かなり戸惑うかもしれないなぁと思う。
 この辺まで来ると、振動とか、音の違いとか、何となく分かってくる。

 最後に、二人乗り体験。
 いや、inに傾かれても、outに傾かれても、腹が立つくらい扱いづらい。結構怖いものデスなぁ。全然ヤバヤバです。
 「ちょっとヤリ過ぎかな・・・。」
 一体どんな設定に?余りにもコントロールしづらかったのは、もしかして意地悪してた?

【三時限目感想】
 結構楽しかった。シミュレータが1台しかないから、独占してたのは【やはりお得】だったような気がする。制御してるOSがwin2kだったのが笑えた。
 なんだかんだ言って、結構ギヤチェンジの仕方とか思い出せたので良し。

テーマ : 教習所
ジャンル : 車・バイク

お久しぶりの再会で・・・

 まぁ、昨日の出来事ですが、4月の転勤の後、久しぶりに「Tくん」と再会し、深酒が過ぎて本日はめがっさしんどかったです。

 酒の席で「北海道180市町村はどうなったんだ」と(苦笑)。
 3月3日ひな祭り以降追加無しですなぁ。だってさぁ、CUBネタみたいにコメント無いし、二人の想い出で良いんじゃないかなぁ・・・と、少しは思ってるんだけど、ホント良く回ったわ。北海道2周だもんなぁ。

 しっかりオチまで計算したんだけど、東日本縦断よりロケ日数多いからなぁ。
 かといって葬るのも忍びないので、そのうち合理的にアップしようと思います。

 一応宣言しておきます。

 ひとまずこれで赦して・・・Orz


 

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

教習二時限目

【教習二時限目】

 10分休みを挟んで、スクーター(AT車)の説明。

 まぁ、ATなので、パワーのあるカブだと思えば何ら問題なし。むしろパワーが楽しい。「二輪の免許持ったらこんなのに乗れるんだぁ。」と思うことしきり(笑)。

 「どうですか?」
 「楽しいですわ。カブより馬力あるし。」
 「じゃぁ、普通はしないんですが、8の字コースへ入ってみますか。」
 「はい。」
 「スクーターは、8の字コースのようなスローで運転しなければならないところでは、クラッチが切れてふらつきますから、リヤで軽くブレーキを掛けながらアクセルを入れることでトルクが伝わり、安定して走れるので試してみてください。」
 「はぁ。」
 「では、付いてきてください。」
 なるほどねぇ。

 で、8の字とクランクを経験。楽しい。
 「では、こちらと交代します。」
 再びCBへ移乗。

 スタート→右折→信号→一時停止→左折→周回→左折→信号→一時停止→右折→障害→終点のコースを練習。

【自分なりのポイントと指導されたこと。】
・乗車時・バックミラーの調整

・スタート
 クラッチを切り、ギヤをニュートラからローへ。
 ブレーキは前後とも。右足は着かない。
 右ウインカーをあげ、後方確認。
 キープレフトで発進。ギヤはあわてる必要はないが三速まであげる。

・右折
 ウインカーは早めに。
 後方確認してから右による。
 右に寄りすぎない。
 ショートカットせずに、ゆっくり大きく回る。
 曲がりきった時はキープレフト。

・信号
 落ち着いてウインカーを戻す。
 黄・赤なら両ブレーキで減速しつつ、クラッチを切ってシフトダウン。
 停止する時は、停止線注意。当然後方も意識しつつ停止。
 発進時は左右の確認。
 青ならやや加速し、一時停止に備える。

・一時停止
 左折合図および減速、両ブレーキしつつ、クラッチを切りシフトダウン。
 停止位置注意。後方も意識しつつ左右の確認をして膨らまないように発進。対向車注意。

・周回
 キープレフト。T字交差点、飛び出し注意。直線では加速。カーブ手前にしっかり減速。

・左折
 スピード注意。

・信号
 右折に備え同行の車両に注意。

・右折
 右に寄りすぎない。停止位置注意。左右確認。

・障害
 ウインカー・後方注意。

・終点
 ウインカー。縁石に足を乗せない。

【二時間目感想】
 楽しい。バイクも悪くないなと思う。
 ただ、どうしても加速しようとすると、クラッチを切るのを忘れたままシフトアップしたり、踏み込んでシフトダウンしたりして狼狽える(笑)。CUB癖なんだろうなぁ。注意します。

 三時限目はシミュレーターらしい。なんかもったいないなぁ。

テーマ : 教習所
ジャンル : 車・バイク

教習一時限目

【教習1時限目】

 小雨降る中、一段階一時限目スタート。

 今日の教習は小型がかぶじろう1名のみ、中型もうら若い女性1名のみ。
 先生がそれぞれマンツーマンで2名。女性には若い男性の先生。私には小柄な感じのいい元気な女性の先生が担当でした。

 「ヨロシクお願いします。」
 「○○さん、さっきカブ乗ってあそこにいませんでした?」
 「あ、いました。」
 「今までクラッチ付バイクに乗った経験は?」
 「あ、無いです。カブだけです。」
 「じゃ、ギヤの説明からしますね。カブはロータリーですよね。」
 「はい。」
 「教習に使うバイクはリターン式と言って、踏み込んで一速、つま先で蹴り上げていって二速、三速と行きます。」
 「はぁ。」
 「カブとは違いますから覚えておいてください。」
 「はい。」

 「では、各スイッチ類の説明をします。」
 「はい。」

~中略~

 お決まりの転倒バイクの起こし方。センタースタンドの立て方の説明。
 お隣のCB400から比べれば明らかに小さなCB125Tですが、カブよりは明らかに大きい。
 コツを説明してもらい、ま、特に難なくクリア。

 「では、発進の仕方を説明しますね。」
 「はい。」
 「ブレーキを掛け、クラッチを切り、ギヤをローに入れて、アクセルをふかして、徐々に半クラにして、つながり掛けたら徐々にアクセルをふかしつつクラッチを繋ぎます。」とか言われたって、全然ピンと来ません。この辺はアタマじゃなくて、身体で覚えなきゃ。
 まずはセンタースタンド立てて、走らない状態でクラッチを操作する練習から。
 冷えてるからエンジン回せとの指示だが、タコメーターに気が行って、さっぱり安定させることが出来ない。大丈夫かなぁって感じです。
 そのうちエンスト。

 「エンジンが暖まってないからかなぁ。ちょっと待って下さいね。」
 ・・・セル回しまくり。
 「参ったなぁ。とりあえず説明なので、こちらのバイク(中型)でやってみましょう。」
 でかいなぁ、やっぱ400は。
 「じゃ、実際に発進の練習をしてみます。」
 ・・・唯一の小型バイク、エンジンかからず。

 「参ったなぁ。」
 「あのぉ。フューエルコック戻してないんじゃ?」
 「あ、良く気付いていて頂きました。そう言えば、さっきオフにしてたんですよね。」
 何故燃料コックをOFFにしたのか解らなかったのですが、何となく見てたんですねぇ。
 いや、私も偶にやりますから。
 考えるに、暖機するためにエンジン回すだけなら、自動的に停止するからOFFにしたんじゃなかろうか?今度、CUBでもやってみよう。

 その後、とりあえず、後ろに乗せられ、発進の練習地点まで移動。
 「じゃ、運転してみてください。」
 意外とスムーズに発進可能。タコメーターがあるため、回転数が気になる。ついつい計器を見ちゃう。結果ふらつく。

 今度は外周コースを回る。とりあえず、後ろに乗せられ、走行する際の感覚を説明してくれるので、言うことに従う。
 で、さっそく時計回りで走ってみる。やっぱりギヤの感覚に慣れない。思わずギヤを踏み込んでみたり、クラッチを切らないままシフトアップしてみたり。混乱してしまう自分がいます。

 今度は逆回り。
 どうも停車する時に下を見てふらついたり、ニーグリップが甘かったりするようだ。停まる度に指摘を受ける。

 で、今度はコースを覚えさせるため、後ろについて走れと。
 「このコースで少し練習してみますが、覚えられました?」
 「いや、ダメです。」
 普通免許を取った時もそうだったが、無類の物覚えの悪さである。
 「じゃ、もう一度後ろに付いてきてもらい、次の時間はスクーターに乗ってコースを覚えて貰いますから。」
 「はい、分かりました。」
 「じゃ、もう一度回って、発進位置まで戻してください。」
 「はい。」

 発進位置に戻ったら、ニュートラに入れて、エンジンオフにして、押して駐輪位置に持っていくシステム。まぁ、ボクは良いさぁ。でかい図体に小さなバイクだから。
 中型の方の女性は大きなバイクに遊ばれていました。がんばれ!と、心の中で思いました。

【一時間目感想】
 楽しい。もっと飛ばしたい。勝手にぐるぐる走ってみたい・・・でも、飛ばしすぎたりすると減点になるのは分かっているので、CUBのとことこ走りくらいが丁度良いみたい。
 目的は免許の取得であって、CB125Tの性能を堪能することじゃないから。

テーマ : 教習所
ジャンル : 車・バイク

ひも付きはダメなの?

men71201.jpg

men71202.jpg

 必要なものがある。
 しかし家にはない。
 買い物だ。

men71203.jpg
 長袖、長ズボンと言えばつなぎがベストだろう。
 長靴(ちょうか)にも誤算。
 ひも付きはダメなのだ。折角あるのに。安全靴なのに。

 一番安いつなぎと、一番安い長靴を、近くのホームセンターで購入。

men71204.jpg
 二時に来いと言われたのに・・・
 12時半。いや、金持ってるとさぁ、使っちゃいそうで(苦笑)。

 取り合えず、入学金と教習料等は払ってしまいたくて、受付へ。
 全然教習生がいないので、何となく「一時間間違えて早く来たバカオヤジ」みたいな感じになっちゃって、2時からの教習に間に合うってことになっちゃって、写真撮影、視力検査、適性検査と進み、一段階一時限目へ突入することとなりました。

 【2時間消化して思ったこと、感じたことなど】

① 二輪で若い女性の後ろに乗せて貰いたい・・・と言う「野望」達成。
 思いもかけないところで小さな野望を達成しました。まぁ、コシに手を回したり、密着したりと言う一寸Hな妄想は置いておいて、小柄な女性の後ろに乗ったのは事実。
 まぁ、そもそも小型と言えど、2ケツで乗車したのも初めてですけどね(笑)。

② バイクも良いなぁ・・・と言う単純な喜び。
 教習車は、教習所でお馴染みのCB125T。スクーターにも乗りましたが、楽しいと思ったのはやっぱりマニュアルの方ですわ。いや、正直カブぐせが出て、戸惑いも多かったのですが、単純に「走ること」が楽しい。こう思うと、普通二輪(中型)をお勧めする経験者の声が響きますね。

③ 安全確認
 ここの教習所は20余年前、普通免許を取るために通った教習所です。当時は自動車の操作で一杯一杯で、よく「安全確認が出来ていない」と注意されてました。
 乗用車に乗っている経験から、危険予測がある程度は出来るのは否めませんが、カブに乗っていると二輪特有のものを含め、色々な危険を感じますから、自然と「安全確認」が身に付きます。
 その点は褒められました。

④ カブぐせ
 ハンクラ云々以前に加速する時にシフトダウンしちゃう。
 パニクリますねぇ。
 クラッチ切るの忘れたり、スピード乗った時にシフトダウンしたり・・・(苦笑)。頑張ります。

⑤ コースを覚えない(覚えられない・・・)
 普通免許の時もそうだったんですが、「コースを覚えられない」。
 好きな方へ好きなように走りたいと言う本能。
 ・・・教習では有り得ない話しですが、「後に付いてきて」という要望には応えられるものの、「今のコースを先導して」と言われても無理。
 案の定、「○○さん、コースと違いますよ。」との声が・・・(苦笑)。
 インテル入ってないので許して・・・。

続きを読む

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

CUB好きに素敵なお知らせ【改】

 「かぶじろう」ことワタクシも便利に使わせて頂いている、CUBLABO瀬田くんが、スーパーカブ誕生50周年を記念して、素敵な個人企画を展開しました。

 My Style! ~ 自分流のカブライフを楽しもう!

ってことで、特設ブログまで立ち上げてしまいました!

 CUBに興味のある方なら、現在・過去・未来、どのベクトルでも「CUB」を語ってみませんか?って企画です。

 一つ問題と言えば、ボクが告知に参加しても、9割以上の方が「他でも見たよ」って思うだろうことだけです。

 わたくし「かぶじろう」はCUBLABOと瀬田くんを応援しています。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

CUB好きに素敵なお知らせ

 当該記事に関しては配慮が足りなかった点を反省し、公開を停止しました。
 お詫び申し上げます。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

今日は所用がございますので・・・

 「はい、なにか?」
 「小型の二輪免許の教習を受けたんですが、どうすればいいですか。」
 「毎日入校出来ますので、朝9時に来れる日がありましたら、入校出来ますが。」
 「はぁ、今週はちょっと無理です。ちなみに、料金とか、教習時間とかも伺いたくて来たんですが。」
 「こちらがパンフレットとなっております。料金はこのようになっております。」
 「税込みですか?」
 「そうです。教習時間は一応このようになっておりまして、お仕事帰りですと、6時からと7時からのコースもありますが、こちらは夜間料金がかかってしまいます。土曜日曜もやっておりますので、お休みでしたら如何ですか?」
 「うーん。そうですねぇ。」
 「それでは、入校日も土曜か日曜で入れておきますか?」
 「うーん、そうですねぇ。・・・土曜は無理かな。日曜日でお願いします。」
 「日曜日、さっそく2時間くらい入れておきますか?」
 「はぁ、まぁ、急いでる訳じゃないけど、出来るならお願いします。」
 「それでは、日曜日入校後、2時間入れておきますね。お昼頃までかかりますが、大丈夫ですか。」
 「それは問題ないです。」
 「はい、それでは日曜日、お待ちしております。では、こちらの用紙に必要事項をお書き下さい。」
 「はぁ、ハンコとか持ってきてませんが・・・」
 「あ、とりあえず結構ですから。」
 「あ、分かりました。」


 と言うことで、13日の日曜日二輪教習スタート!
 意外とあっさり決まってしまいました。

 スクール01


 しかし、予想外のものが必要なんですねぇ。と言うか、ブーツだけが予想外でした。

<ご用意いただくもの>
① グローブ(軍手でOK) ・・・ これはあります。作業用ですが革のが。カブ次郎用。
② ブーツ(長靴(ながぐつ)は雨天のみ) ・・・ 困った。が、そう言えば作業用の長靴(ちょうか)があったのを思い出しクリア。
③ ヘルメット ・・・ 安物ですが、原チャ専用ではなく小型までOKなので問題なし。

<服装について>
 長袖、長ズボンでなければ教習出来ません。 ・・・まぁ、分かりますわ。

<教習開始時の集合場所>
 ロビーではなくコース内の二輪車庫にいらしてください。 ・・・そうですか。
 また教習開始時間には運転出来るように用意してお待ち下さい。 ・・・勝手に用意しておけと。

 技能講習 10時間 学科講習 1時間

 新企画スタートにつき、カテゴリー追加です。


続きを読む

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

ライダーの気持ちが・・・

 昨日の最高気温 30.9℃ 本日の最高気温 31.3℃ (小樽)

 CUBを買うまで、二輪乗りの気持ちが分からなかった。

 転勤まで大活躍してきたステップワゴン君。去年なら既に2~3日は車中泊をしていたと思う。
 今年はバッテリーが上がらないように、週一エンジンを掛けるくらい。ガソリン代なんて激減だ。
 4輪は快適。暑さ・寒さ・雨・疲労・・・総てを自己完結出来た。
 暑くても、寒くてもオートエアコンが快適な空間を作りだしてきたし、雨が降ろうが風が強かろうがしのいでくれる。疲れた時は路肩に駐車して、いつでも仮眠が出来た。仮眠のつもりが寝過ぎたこともあったなぁ(笑)。虫が沢山でてきても、あとで洗車すればいいやって感じ。

 だから、暑くても革ジャン着てたり、寒くても革ジャン着てたり、雨が降れば停まってカッパ着てたり、道の駅で横たわって寝てたり、二輪乗りの気持ちが分からなかった。悪い意味ではなく、バカだと思っていたし、理解出来ない人種だった。

 カブ乗りになった今年、色々分かった気がする。
 バイクは「寒い時はより寒く、暑い時はより暑い」乗り物だったんだ。
 CUBを手に入れた春先は、寒い時は凄く寒かった。ここのところようやく暑くなってきたが、暑くなってくれば快適だと思っていたものの、照り返しは厳しいし、排ガスも強烈。バカじゃなきゃエアコン付の軽4に乗ると思う。CUBでさえ暑い時は地獄のように暑いし、今日職場でバイク乗りにこぼしたら、「カブならまだしも、(でかい)バイクなら足元にストーブ置いてるようなモンですよ。」と言われ納得。

 やっぱ、二輪に乗ってる人はバカだと思う。それが軽より高い、大きな二輪車ならなおさらだけど、CUBでも同じだと思う。少なくとも、CUBでツーリングしてる人や、カスタムしてるような人は、ボクの基準によるバカに該当してます。もちろん私もですが。

 乗用車で車中泊旅行も相当バカですが、バイク乗りのバカさ加減、触りでも理解出来たことにちょっと喜んでます。
 バカ出来る楽しさを理解出来たような気になってます。

 あーはやくロンツーしたい。
 稚内行くぞ!カブ次郎と共に!

テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

16丁問題2

 まずは開いてみました。
スプロケ01
 3ヶ所ほど隙間がせまいところはありますが、当たっていません。
スプロケ02
 下から見上げると、結構余裕だというのがお判り頂けると思います。
 結局のところ、チェーンが弛んだとしか思えません。じゃらじゃら言った時にチェーンを確認すべきだった。
スプロケ03
 こちらも当たっていません。

 特に「削れてるorえぐれてる」と言う処は発見出来ず。結局は単にチェーンの弛みかよ!ってオチですが、こんな単純なところで騒いで申し訳ございません。orz

 で、まぁ、これまで燃費は50キロくらいと勝手に思い、計測したことはありませんでしたが、本日は所用(前回同様)で江別まで往復するので、満タン法で計測してみました。
 復路には札幌駅前を通って帰るなど、比較的マチノリ系ですが、

 往復 120.1キロ 消費燃料 2.28リットル 燃費52.7キロ/リットル

思いっきり引っ張って走っている割には、まずまずですね。さすがカブ。
 ちなみに燃料費は399円。市内で2回バスに乗っても420円かかるんだから、随分と安いものです。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

二輪免許

 さて、相も変わらず「飲み会がある日は早く家に帰れる」という、理不尽な生活をしているサラリーマンの「かぶじろう」ですが、白バイ風の「カブ次郎」との付き合いを正しく理解頂けない職場関係者から色々ご質問を頂きます。

①「バイクッスか。良いッスね。」
・カブだ。ありがとう。

②「原チャ怖くないッスか?バイクの方が良いッスよね。」
・お前の「怖い基準」って何?50以上の方が良いとは思ってるけど、免許がない。取りに行くわ。

③「バイクの免許取りにいくんすか?中型ですか?」
・小型限定だ。普通二輪を持つ意味がない。

④「でも、大して値段もかわらんし、中型の方が良いんじゃないッスか?」
・小型で9万、中型で12万。3万円でドンだけカスタム出来るかしらんだろ?そもそも、「バイク」に乗りたいんじゃなくてCUBに乗れる免許が欲しいだけだ。

⑤「大型って教習あるんですかね?」
・小型取りたいってヤツに聞いて分かると思うか?

⑥「何で小型なんですか?」
・原チャ(一種)登録だと特異な制限があるんで、4輪と同じ制限で走るためには必要だからだ。制限が多くて面倒じゃん。乗るカブは、「タイカブ125以下」を視野にしてるから、小型限定で必要十分なのさ!

⑦「大きいバイク欲しくなるんじゃないでしょうか?普通。」
・アホか?250のCUBや1300のカブがあるか?バイクに乗りたいんじゃなくて、カブに乗れる免許が欲しいだけだ。的外れな質問だ。

 バイクじゃなくてcub。モビルスーツじゃなくてザクと一緒。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

ラーメン屋さん「あっぱれ」

 札幌ラーメンといえば「味噌味・太麺」というイメージをボクは持っているのですが、「あっぱれ」さんも結構好みのお店です。
 「あっぱれ亭」「あっぱれ」「ありがとう(小樽朝里)」辺りが系列のようで、暖簾分けで営業していたとの噂を聞いていた、小樽の「直(なお)」なんて結構お邪魔してたんですが、4年ほど前に廃業となってしまい、悲しい気持ちになりました。生活出来るだけの商売をするのは相当厳しいみたいですね。
 こちらは今お店が力を入れてお勧めしている「塩」味です。

 ボクのお薦めはダントツ「金ゴマ」(小樽地区は廃盤。ただしお土産ラーメンには残っていたはず。)、次点「合わせ味噌」です。メニュー的には店舗によって違うようですが、行列が出来ているお店の一つです。
 ・・・大通りまで行けば「金ゴマ」食えるのかぁ。どうしよう。
 大通り店で「合わせ味噌」がランキングされていない意味は?【メニューに無いから】
 比率から言って、合わせが好きな人は金ゴマも好きってことなんでしょうか。割高分の値はあると思いますが、お店的には何かあるんでしょう。

P1030359.jpg

 塩味で感動するならやっぱり「函館」だな。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

トライク

 トライクの存在は知っていた。
 運転には普通免許が必要で、ヘルメットの着用義務はない。
 初めて見た。

トライク

 あえて言おう。ボクがトライクを持つなら「モンキートライクだ」と。

 ドンだけ金がかかるのでしょうか?想像すら出来ません(苦笑)。

テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

プロフィール

かぶじろう

Author:かぶじろう
 このブログは かぶじろう を名乗る管理人の平凡な日常を淡々とまとめたブログです。
 カブなどの小型バイク、駅巡りなどの鉄道関係、道の駅などのドライブ、美少女系アニメなどの萌えオタ、ラーメンやソバなどの麺類、温泉巡りやキャンプ生活・・・平凡な内容です。
 過度な期待はしないでください。

 コメなんか頂くと喜びます。

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
06 ≪│2008/07│≫ 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも一覧

■ ブログ名:バイクに乗ったおやぢ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールでも・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

お天気
予言だyo!
禁煙