初秋の三連休

 初秋の三連休は、色々な思惑でオホーツク・道東へ。

 「メシより宿」のリベンジもありました。
 鉄路ハウスはどうなったんだ?ってのも確かめてきました。

 9月13日~15日のベストショットはこれかな?

P1060225.jpg

テーマ : 北海道ツーリング
ジャンル : 車・バイク

夏休み企画 最終日

 浅虫温泉につかり、夕食を食べ、フェリーに乗り込みました。

08082301.jpg
 旅客フェリーと違い、パッセンジャールームしかない貨物フェリーには、いわゆる「ベット」とか○等客室というクラス別はありません。
 青函連絡船が走っていた頃、一度だけ「寝台」を使ったことがありましたが、4時間弱の航海ではまさに仮眠。ゆっくりなんて寝れませンってば。これで充分です。

08082302.jpg
 で、懐かしい灰皿。
 今時こんなのが残ってるンだぁ・・・って感じでした。
 往路の「えさん2000」はタバコはイス付きの通路で・・・となっていたのですが。
 シャワーなどもあって帰りも一緒の船なら・・・とか思ってたんですが、旧式の「えさん」では艤装が相当違う(古い)ので、いっそう貨物船クラスです(笑)。ま、この感じが好きなんですがねぇ。
 東日本フェリーは航路から撤退とのことなので、特に売却が予定されている高速フェリー「なっちゃん」系に、記念に乗っておけば良かったかなぁ・・・とは思うんですが、こっちの方がタイムスケジュール的にはピッタリだったんだなぁ。
 ちなみにこの【道南自動車フェリー】さんは、東日本フェリーさんの関連会社です。航路撤退後の東日本フェリーの航路を引き継ぐらしいです。

08082303.jpg
 「船が着くぞー」の案内で下に降りると・・・
 まぁ、随分とご丁寧に固定して頂きまして・・・
 同じ会社でも、スタッフが違うと仕事も違うという見本でしょう。ちょっと丁寧すぎ(笑)。

08082304.jpg
 この日は帰るだけなので、函館市内をカブ次郎と散策。
 でもねぇ、天気が・・・。
 ちなみにこの日は【風のステージ】。

08082305.jpg
 北海道で路面電車が走っているのは、函館と札幌のみ。
 いずれもカラフルな電車が多いので、これを目的に訪れるのも良いカモって感じがします。晴れの日に。

08082310.jpg
 過去にmAm23さんが「函館山バイク禁止」の情報をのせて頂いていたのですが、もしかしたらカブなら良いんじゃないかと思い確かめに行きました。
 うーん。「バイクじゃないです。カブです!」って言い張ったら、多分別の理由で拘束されそうなんで、登山は諦めました。
 
08082306.jpg
 折角なので、源泉掛け流し 濁川温泉 の にこりの湯 へ立ち寄ることに。

 「こんにちはぁ。」
 「お寒いですねぇ。」
 ・・・8月の23日なんですが・・・

 お湯はまろやかで、湯船の(湯の通し方の)工夫で上手く温度調整してます。
 ゆっくり温まって帰路に戻ります。

08082311.jpg
 しかし、この風ですから・・・あっという間に体温&体力レベルゲージ・ダウンです(苦笑)。
 直線で車体を傾けながら運転します。体力使いますわ(苦笑)。

08082308.jpg
 そうこう言ってるウチに 6000 の切り番。
 小樽市内です。

08082309.jpg
 カブ次郎激走3500キロ
 無意味にうるうるしてました(笑)。

 2008夏休み企画 

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

8月22日って、もうすぐひと月以上前じゃん。(後編)

 カブ次郎昇天事件のため、すっかり遅くなりましたが、東北ツーリングの続編です。

 mAm23さんとお別れして、適当に青森に向かいます。
 これだけ天気が良いと、雨=トラブルの心配がないので楽勝楽勝!
 スッゴク気持ちが良いです。

08082213.jpg
 特にこう言う「街道」的な景色は、北海道では函館くらいにしかないのでスッゴク新鮮。
 北海道のだだっ広い道路は確かに気持ちいいのですが、慣れっこなんですぅ。
 もっと内地の道を走りたい。でも暑いのは苦手だから、来年は夏休みを後半に持ってきて秋巡業にしようかなぁ。

08082214.jpg
 微妙に目の悪い人は即座に分かりそうな、中途半端なモザイク(笑)。
 お遊びショットですが、何枚撮ったかは秘密です。

08082215.jpg
 弘前にはいると大きな「CUB」の看板。
 さすがにカブは売ってないだろうと思いましたが、当然売ってませんでした(笑)。
 と言うか、このショットの直前に立ちゴケしちゃって悲しかったッス。

 青森で温泉につかり、夕食を食べて、いよいよ帰道です。

08082216.jpg
 函館を出る時は「とっとと載れ」って感じでしたが、今回は「待ってれ」って感じ。
 はい、言うこと聞きます。

08082217.jpg
 カブ次郎の縛られ方も前回より厳重。大した時化でもなさそうなんですが、その辺の判断はプロにお任せすればいいこと。よろしくお願いしまぁす。

08082218.jpg
 さらば内地。また行きますよ!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

カブ次郎復活しました!

 カブ次郎復活しました!(喜)

 エー朝起きたら、お日柄も良く、このようなエールを頂きましたので、エンジンは降ろさず、カブ次郎を横にしました。
 ガソリンを抜いて、横にするとこんな感じ。今までバイクを横倒しにするという発想がなかったのは何故?
 mAm23さん、ありがとう。本当にありがとう。
02092801.jpg
 この状態だと作業がめがっさ楽です。最初から気付いていれば・・・

02092802.jpg
 こいつがやっかいなボールリテーナーさんです。無理が掛かったので少しゆがんでいますが、多少ゆがんでも大丈夫な部品らしいので、とりあえず組み付けます。

02092803.jpg
 昨日は壁にもたれ掛け斜めにして入れたんですが、めがっさ楽です。しかも、サイドカバーも楽に入れられます。何故気付かなかったんだろう・・・。

02092805.jpg
 排気量が49の時はこんなことはなかったんですが、ボアアップしてからスニーカーのゴムが溶けるようになりました。
 折角の機会なので、お気に入りのホビーリューターで削って綺麗にしてあげます。

02092806.jpg
 復活したカブ次郎です。
 本当はガスケット交換していないので、少し油が漏れてます。近いウチもう一度エンジンをばらすので、その時にガスケットは交換予定です。

02092807.jpg
 やっぱ良いわ、カブ。
 今回は「異音無し」です。変な音がする時は組み付けを疑うべきなんでしょうね。
 直ったら非常に吹け上がりが良くなった感じ。

02092808.jpg
 本当は「レッグカバー大好き派」なんですが、燃調作業の容易性を考え、B級レッグカットカバー&ベトキャリR(曲)を装備しました。靴が溶けないようにエンジンサイドガードも装備。
 アウスタさんの「おまけ」グロメットキャップもワンポイントです。

02092809.jpg
 で、こちらはスタッドボルト損傷に伴い投入した中古ヘッドさん。プライス3000円。
 先日のアドバイスのお礼かたがたバイク屋さんに行き、左ヘッドカバーとスプロケットボルトをおねだりするとタダで分けてくれました。バイク屋さん、ありがとう。
 で、今日はそのお礼に行きました。誰が店長(オーナー)なのか、はっきり分かりました。
 来週も遊びに行きます。よろしくお願いいたします。

02092810.jpg
 まぁ、キャブがいじりやすいようにしたいが、カバー無しじゃ格好悪いってていどの意識です。
 右だけにエンジンサイドガードじゃ納得出来ないので、左にも付けてます。
 
02092811.jpg
 そんなこんなで気付くと「9000キロ」(うち5.5キロは人力移動)ですよ。
 ボアアップしてからで9000ですから、今年は12000キロは走ったことになります。
 
02092812.jpg
 カブ次郎が動かなくなり、家で整備してると小樽駅からSLの汽笛が聞こえるわけです。
 「・・・SLの写真とか撮りたかったからカブ買ったのになぁ・・・何してるんだろ・・・」とか、弱気に成っちゃってたんですが、ちゃんとツーショットできました!
 ・・・SLの写真てーか、カブ次郎の写真じゃん・・・

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

またもや不幸な方向に orz

 エー、先日のカムスプロケットボルト事件以降、カブ次郎沈黙してます。

 折角なので、エンジンの清掃と、クラッチの強化スプリング取付を予定してます。
 もちろん、自分でやります。

 と言うことで、今後の自立を目指して、カブのパーツリストやSSTを頼んでいるのですが、欠品があったりして、なかなか手が付けられない状況です。
 が、朝こっ早くからやっちゃいました。

08092701.jpg
 実は強化スプリングセットにパッキンも付いているので、SST到着時には新品に取り替え、今回は中をパーツクリーナーで簡単に洗い、フラッシングオイルを突っ込んで2回くらい洗ってやる予定です。

08092702.jpg
 だって、カブ次郎のオイルったら、こんなだったんですよぉ、奥さん。
 まぁ、はずして正解ですな。

08092703.jpg
 ところが、クラッチの組み付けと言うか、クランクケースカバーの取り付けに大苦戦。
 クラッチリフレクタレバーさんと、クラッチリフタカムプレートさんなどですよ。
 まず、それぞれの役割が分からず、組み違えてギヤチェンジが出来なくなってしましました。
 次に、数時間掛けて動きを学びました。どうやら、ギヤチェンジは出来るようになりましたが、カバーを組み付けると、やはり変。
 サービスマニュアルどおり調整しても変。
 ググって見ると、皆さんエンジン降ろしてるんですよね・・・

08092704.jpg
 あぁ~面倒臭せーけど、明日はエンジン降ろすところからだな・・・
 こんなところでつまずいてちゃ、クラッチ交換すらできゃしない。なんとか克服せにゃ・・・
 やっぱ練習用に1台エンジン欲しいなぁ(苦笑)

 どうか明日も晴れてください。
 そして、出来れば、今日のように日が差したり、雨降ったり、「秋の空」らしい天気は「やめて」ください。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

焼き付きではなかったものの

 早速朝から開封しました。

 焼き付きではなく、カムスプロケットボルトの脱落により、ヘッドバルブが動かなくなり、動作不良を起こしていたものでした。

 結構やっかいです。

 で、作戦としては
① とりあえず先日のお店で中古のエンジンを買って、ポン付けする。
② エンジンを掃除して、必要なパーツを取り寄せて、再び組み付ける。

と言う方針で行くことにして、本日エンジンを買いに行きました。

 「すみませ~ん。このあいだエンジンヘッドを譲って貰ったものなんですが、エンジン壊しちゃったんで、中古のエンジンを譲って欲しいのですが。」
 「うーん、完動品無いよ。修理しないと動かないけど。」
 「えぇ~。そうなんですかぁ・・・。」
 「まぁ、煙出るヤツとかは、少し修理すれば動かないことはないけど・・・。どんな壊れ方したんですか?」
 「いやぁ、カムスプロケットナットが外れて、カバーが内側で削れたくらいなんですが。」
 「それなら動くっしょ。」
 「いやぁ、アルミが削れたのがミッションに入ってたらいヤダし。」
 「あぁ、それならパーツクリーナーで吹いて、クリーナーのメッシュ洗って、何回かフラッシングすれば大丈夫だよ。カブのエンジン丈夫だもの。」
 「そんなもんですか?」
 「ここにあるエンジン何んかより、その方が大丈夫だよ。多分。」
 「じゃあ、そうしてみます。」

・・・結局アドバイスだけ貰って、帰ってきました。

 と言うことで、アドバイスに基づく作業を実施します。

08092401.jpg
 傷だらけのLサイドカバー (涙)

08092402.jpg
 カムチェーンガイドローラー付近の惨状

08092403.jpg
 でも、シリンダは綺麗なもの。

08092404.jpg
 ヘッドさんもややカーボンが溜まってるけど、本体は綺麗。
 さすが、JUNさんです。

 ま、今回の原因は【ボルトの締め付けトルク不足】、対応は【ちゃんと締める】と言うことになります。

 冬のあれが出たら、あれを買うのを諦めて、トルクレンチ買うかもしれません。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

悲しいお知らせがあります・・・

 本日午後3時30分頃、国道5号線朝里付近にて、「カブ次郎」心臓停止いたしました。

 原因は、多分、吸気ポートを研磨した際の削りカスが燃焼室に入り込み、自棄付き・・・焼け付きを起こしたものと推定されております。

 室蘭に行く用事を終え、昨日からエンジンをばらし、排気管のスタッドボルトを何とかする作業をしておりました。
 下穴を開け、エクストラクターで、ポキ・・・orz
 やっちゃった。

 ・・・ホンダウイング。ヘッドアッセンブリーは1万2千何百円か・・・。
 パッキンとか必要なのを思い出し、整備マニュアルを取りに帰る。
 結構特殊工具必要じゃん。持ってねぇなぁ。
 と言うことで、ヘッドアッセンブリーは最後の手段に・・・

 あ、って、思い出した訳よ。こういうアホを構ってくれそうなバイク屋さんのこと。

 「あのう、すいません。実はスタッドボルト折っちゃって、おまけにボルト抜きが折れちゃってんでスが、何とかならないでしょうか。」
 「あら、たち悪いね。」
 「いやぁ、小話のように見事にドツボにはまりまして・・・」
 「これなら、そっちの棚にある、中古のエンジン買った方が良いよ。」
 「おいくらですか?」
 「一万で良いよ。・・・あ、ヘッドだけでいいんなら・・・これどう?」
 「おいくらですか?」
 「3千円で良いよ。カムもいるよね。」
 「ハイカム入れてるんで、いらないッス。」
 「はい、どうも。」

 雰囲気がジャンク屋っぽくて、なかなか近づきがたいお店ですが、店長も若い子も、まさにメカ好きって感じがプンプンしている昭和風のお店です。

 で、買ったヘッドもスタッドが折れてて、別にタップを切ってました。
 やっぱ折れやすいんだ。
 折角だからと、ポート研磨したんですよね。多分ね、これが敗因。

 で、本日組み立て。
 試運転。やたらタペットがうるさいと思ったら調整ミス。
 でも、なんだかうるさいんだよなぁ・・・。
 ま、走れば調子出るだろ?と思い温泉に行くことに。
 かたかたの音が小さくなり、調子が出てきたなぁと3速60キロで坂道を上り走行中、一瞬「キーーーン。」というイヤな音。その後はプラグが失火しているかのような「ノンパワー」で下りに。

 全くエンジン掛からず。5.5キロを押して帰る羽目に・・・Orz
 みんな知ってた?カブだって押して歩くと結構大変なんだよ!


【今後の予定】
① 原因の追及
② 再発防止策を考える
③ ダメージがヘッド交換で済むなら、取りあえず、これから寒くなるので「愛の50cc」にして動かす。
④ ダメージが予想以上の場合、ヘッド買ったお店で中古のエンジンを買う。


 まぁ、今後の選択肢が増えたと言うことで、大して凹んではいませんよ。
 色々やることも出来たし。
 ・・・それにしても、押して帰れるところで良かったわ(苦笑)。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

原チャツーリング by 陸王 (札幌)

 本日は、ショップ主催のツーリングと言うのに参加させて頂きました。

 「原チャツーリング」と言うことで、「走れんだろ」と思いましたが(笑)、二種原チャ7台+原チャバギー1台、ショップ引率1+参加者7のツーリングとなりました。

08092001.jpg
 ちなみに私が気になる、カブ系は、カブ次郎含めリトル2+シャリー1でした。
 シャリーのオーナーさんはメットに「大」と書いてありますが、「大泉さん」ではありません。

08092002.jpg
 ショップの方との接点を除いては、参加者相互に知った顔とも思えず、ポジションもどうしたものやらと言った感じで、ピンクと黄色のナンバーがアリのように進みます。
 ちなみに目的地は支笏湖。行きは2ヶ所、帰りは1ヶ所で休憩。

08092003.jpg
 自己紹介も何もなかったので、勝手な想像。
 マイバイク 5 その他 3
 自力派 2 ショップ派 6
 オヤジ 3 (笑)


 一応、ブログ掲載、モザイクで提案しましたが、「モザイクいらねぇんじゃない?」とのご厚意に甘え、一挙公開です・・・って、オレ意外に・・・済みません。引率のショップの方は、引っ張りすぎて流れてました。

08092004.jpg
 シャリー改&カワサキ2スト80
08092005.jpg
 エミリ&125スクーター
08092006.jpg
 リトルカブ改75(メーターの針は引っかかりません。)
08092007.jpg
 49ccバギー
08092008.jpg
 帰りは3番ポジションを取ってましたが、途中でガス欠。
 リザーブでは持ちそうもないんで、増槽から補給としました。
 やはりこのクラス(二種)だと、高速の登りはキツイです。性能もドングリの背比べのようで、一度遅れると、絶対挽回出来ません(苦笑)。
 
08092009.jpg
 カブ系のお二人からのエールを、お待ちしております(笑)。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

8月22日って、もうすぐひと月じゃん。(前編)

 内地三日目にして、ようやく朝から 晴天!
 で、mAm23さんのお住まいを通り過ぎてしまい、強行軍で秋田市内まで北上してしまったので、mAm23さんが秋田まで来て頂けるとのこと。かたじけない。

 チェックアウトの準備をしていたらメール着信。

 どうも、はじめまして。かぶじろうこと○○です。

08082201.jpg
 いやぁ、思った通り。良い画だ良い画だ・・・(ご機嫌)。

 本州なんて殆ど来たことがないので、何処でも良かったのですが、mAm23さん曰く
 「通り過ぎた方向に戻るのも何でしょ?なまはげ見に行きますか?」
 「はぁ、なまはげなら本望です。」

 と言うことで、カブで男鹿半島に出発するぞ!おーっ!(号砲)

08082202.jpg
 なんか、今までソロツーしかしたこと無いんで、やたらテンション上がりまくりで、写真撮りまくりです。
 いままで走りながら撮る対象無かったスから。
 そしてやはり88mm高射砲・・・じゃなくて、88cc。ダッシュが早いッス。

08082203.jpg

 「な~ぐごは いねぇがぁ~」
 いやぁ、画になる、画になる。
 やっぱ、赤白だよなぁ。ここだけなら「ブルー」もOKですよぉ。

08082204.jpg
 何枚撮っても飽きないモン。
 記念だモン。

08082205.jpg
 ブログ見てる人が否定しても、画になるモン。
 走ってる時も楽しいけど、与太話してる時も楽しいんだよねぇ。
 だって、カブ好きの人と話するの、初めてなんだよ。
 入学した学校で同じ趣味のヤツと知り合えた感じかなぁ。楽しくてしょうがないんだよね。

08082206.jpg
 やっぱ画になるわぁ~。
 紅白で連んで激走するモンだから、注目度満点で、ずっと後着いてくる車もいましたからねぇ。
 そりゃ、オレが4輪運転してても着いていくさぁ。だって爆笑モンだもん。
 紅白のリトルカブが激走だよ?

08082207.jpg
 そして、こっちがカメラなら、mAm23さんは動画ときたもんだ。
 これが前後交互に走るんだから。何の打ち合わせもなしにでだ。

08082208.jpg
 と言うことで、「赤い流れ星君(仮称)」と「カブ次郎」スワップです。

 「赤い流れ星君(仮称) 」トルクあります。これが性能(排気量)の差というヤツなのか・・・
 で、やっぱ4速良いわぁ・・・。
 セルは大して興味ないけど、静かだし、延びるモンなぁ。

08082209.jpg
 さすがに後ろに目はないので、この系の撮影はめくらノーファインド・ショットです。
 35ミリじゃないからバシバシ撮れば良いんだよね。

08082210.jpg
 こういう風に走ってンだぁ・・・関心、関心。
 これだもん、リュックを背負った時、まともに座れないはずだ・・・。納得、納得。

08082211.jpg
 風防に慣れちゃうと、風圧キツイッス。
 「赤い流れ星君(仮称) 」のメーターは④付きで、メーターは引っかからないタイプ。スコッと端っこにくっつきます(笑)。
 リアのショックも堅めに代えてるので、収まりがすごく良いです。(ご本人は「まだ柔い」とおっしゃってましたが・・・)こっちが収まっても、カブ次郎は「ぼよんぼよん」してたもの。
 
08082212.jpg
 ・・・と、楽しい時間はあっという間に過ぎ、再びソロツーになってしまいます。
 成り行きでお昼をご馳走になったほか、お土産も頂戴し、長時間お話を聞いて頂き、そのうえ遠方まで併走して遊んで頂いたこと、最高の想い出になりました。

 今年の大晦日に宗谷岬へ向かう前に、是非、小樽によって下さいね。mAm23さん!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

予定を変更してMDコンプリートマシンなど

 本日カブ次郎を「赤白」で出場させる予定で、ブログ用の写真は用意したのですが、写真が多いうえに帰宅時間が遅くなったため、後日改めて記載することと相成りました。

 本日は予定を変更して「黄白」でご覧頂こうと思います。

08091901.jpg

 イエロー萌えぇ~! ってなことはさておいてですが、MD70改ピンクナンバー、室蘭市所在のMDコンプリートマシン製造ショップ【株式会社スズリン】さんの試乗車ですよ!奥さん!
 はっきり言って、トルク感と加速度、その圧倒的なパワーに小型限定の免許では怖かったくらいです(笑)。
 ま、本当に怖いのは「慣れ」の方で、50時代のカブ次郎が黄色ナンバーになった時も「やっぱトルクが違うわ」と思ったけど、今や当たり前だし、むしろ「もう少しパワーが欲しいなぁ」とか思ってますからね。
 そんなこんなで、試乗させて頂いて、社長さんに「カブ次郎」にも乗って頂き、2時間半もお付き合い頂きました。何んか、気付いたらもうこんなに時間経ってるンかい?みたいな・・・楽しい時間って、いつの間にかすぐ過ぎるんだよなぁ。

08091902.jpg

 写真撮る!ったら
 「こっちの方が・・・」
と、社長自ら移動して頂きまして・・・

 この時の貴重な会話については、アタマの中の整理が出来てから後日。
 社長は明日から本州巡業だそうです。
 本当に貴重なお時間をありがとうございました。楽しかったです。
 室蘭は完全に日帰り圏内なので、今度遊びに行きますぅ!

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

通常のカブの3倍のゲインがあります!

 某ブログのコメントに、カブ次郎の実力を書き残しておりますが、写真を貼れないのでこちらに貼っておきます。

P1060163.jpg

 これが合成なのか、トリックなのか、誤差なのか、連邦のモビルスーツの実力なのか、安全・適法な行為なのかは言及しませんが、私の運転技術では絶対に死ぬほど怪我すると思います。
 下手すると、ホントに死ぬかもしれません。

 さすがスペシャルパーツ!オーナーに満足感を与えてくれます(笑)。

 こんな写真撮ってるうちに、排気管のスタッドボルトを折ってしまったなんて書けません。
 ええ、ダレにも言えませんよ。
 明日ボルトが入荷するから、お休みの日に、ヘッド外して作業するなんて、ダレにも。
 マフラー仮止めのまま旅に出て折れちゃったなんて、口が裂けても言えませんよ。

続きを読む

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

雨の東北

 8月21日 単身赴任中の先輩の手厚い持て成しを受け(朝から飯まで作って頂きありがとうございました。)、互いにカッパをまとって、方や勤務先に、方や仙台駅に・・・。
08082101.jpg
 雨の当たらないところに・・・

 その後、やはり水を吸って不調に・・・最悪
08082102.jpg
 休み休み、騙し騙し・・・

08082103.jpg
 雨が強くなったら「雨宿りが一番」さ。
 実はこの日、「mAm23」さんとお逢いする約束をしていたのですが、とても辿り着けるようなペースでは走れず、途中で頂いた「エール」にも泣き言で返す始末。
 それでも休息中の道の駅で、「カブで良く走ってるねぇ~」と声をかけて頂いた方もいらっしゃったり、まんざら辛いだけではなかったですがね。

08082104.jpg
 でも、新庄市から仙台に向けて「鳴子」まで走っていたのはショック。
 2時間は無駄にしましたなぁ・・・。
 雨の恐怖に翻弄され、47号線を逆走。眠い・エンジン止まったら困るな・少しでも進まなきゃ・・・追いつめられて、ドツボにはまるコースまっしぐら(苦笑)。
 
08082105.jpg
 道の駅「鳥海」に着いたのは午後6時半過ぎです。
 雨の影響を考えても、完全に2時間押し。晴れてたら4時間押し。「どうでしょう」ロケ彷彿です。
 そもそもの計画では新潟県の日本海に進出し、「どうでしょう東日本縦断ラリー」検証行程だったのですが、雨天絶不調のためルートを変更し、秋田到着を目的に、最短ルートを選んだつもりなんですが、逆走あり、エンストありで、部隊指揮(部隊一名一台)としては今後の作戦行動に対して改善を要するものと自覚しています。

08082106.jpg
 何とか秋田市内まで到着。

08082107.jpg
 やはり宿があってのメシですなぁ・・・。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

MDぃ~ 欲しいぃ~

 9月12日(金)
 「明日から、また、カブで旅行してくるわ。」
 「そう言えば○○さん、カブいっぱい居たよ。」
 「は?」
 「勝納埠頭のところにパチンコ屋あるでしょ?」
 「うん。」
 「昨日・・・いや、一昨日だな、なんかねぇ、郵便局の赤いカブかな?いっぱい居たっすよ。」
 「まじ?」
 「うん。レッグカバーとか外されてたけど、輸出用なんじゃないかな?40台以上はいましたよ。」
 「見てくるわ。」


・・・・
 「本日カブを見に行かなくてはならないので、これで帰ります。」
 「・・・?」
 「お先、失礼しまぁす!」
・・・・

 「あ、カブちゃんだ。」

08091201.jpg 
 「ほっ、欲しい・・・」

08091202.jpg
 この中での白だと、目立つなぁ。

 で、本日真面目に交渉へ。

 そもそも、これらのカブ(正確には確かめてないですが、MD90・MD70・MD50・メイト系など多数混在)は平成19年度末更新車両で、本年3月まで使用されていたものです。

 お話を伺ったのは、現場で昼休み中の大阪の業者さん。
 ぶっちゃけで
「こんなに沢山あるから、1台くらい譲って頂くわけには行かないでしょうか?」
と切り出したのですが、「それは出来ません」とのこと。

① 売買契約上の縛りとかではなく、既に社長が輸出用の手続きを取っているので、台数の変更は出来ない。
② 買取りは入札制で、東京本社で行うので、基本的には少数で手に入れるのは困難。1台欲しくても、200台の入札とかに札(ふだ)入れをする必要がある。
③ 入札価格は言えないが、仮に個人に売るとしたら、1台最低6~7万くらいになると思う。
④ ちなみに、今回の買い入れは430台で、ここにあるのは1回目の引き取り230台。

 業者のお兄さん、貴重な情報ありがとうございました。
 旅行中の妄想(かみさんになんて言い訳しようか?とか、自賠責の費用をどうやって捻出しようか?とか、販売証明で登録出来るかな?とか・・・)も、すっかり諦めることが出来ました。

 ちなみに、1台ぐらい減ってもわかんねぇんじゃないか?という話しについては、総てのフレームナンバー「等」を控えた上で、台数管理をしているのですぐ分かるそうです(笑)。

 「売れるものなら、売ってあげたいんですけどねぇ。」
 お昼休みの貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

9月連休一回目

 9月13日~15日、小さな旅に出ました。
 「メシより宿」
 色々ありましたが、後ほど。
 来週は初の団体?ツーリング。楽しみだなぁ。

 今回のベストショット?
P1060225.jpg

テーマ : 北海道ツーリング
ジャンル : 車・バイク

東北の想い出?過去最大の危機の想い出

 いよいよ北海道を離れます。
 沖の漁り火が雲に反射して、函館山が恐ろしい要塞のようにも見えます。

08082001.jpg
 もちろん速攻で寝ます。
 気付けば「降りる支度をしやがれ」の放送・・・って、本当は大して寝れもせず、船内鼻血事件対応で船員さんに電話したり、寝れずに一服したりでしたなぁ。
 便所に行ったら、辺りが血だらけでビックリしたけど、乗客の方が鼻血を出してたんですね。
 旅客フェリーだと乗客係みたいな船の人との接点があるけど、貨物フェリーのパッセンジャーだと船の人とは接点が無いんですね。しかし、直通電話とか、何かしらの連絡手段はありますから、困った時は船の人に相談することをお勧めしますよ。

08082002.jpg
 ちっちぇっす。カブ次郎。これは確かに「特殊手荷物」だわ。

08082003.jpg
 係のおじさんに縄を解いてもられれば、目の前は内地。

08082004.jpg
 さぁ、本州上陸!取りあえず雨もあがってるし、一服して出発しよう・・・

08082005.jpg
 で、何故か見知らぬ方から声をかけられ、ひょんなことから同じ歳くらいのおじさんに、人生相談を1時間ほど・・・。旅に出ると、色々なことがありますなぁ。
 雨が強くなったり弱くなったりですが、彼の今後の人生に幸あれと、祈っておきましょう。

08082006.jpg
 雨もダンダン強くなってるにもかかわらず、弘前と言えば「お城」だろと思い、ついつい寄り道。
 でも、今後の予定を考え、市役所でトイレをお借りして南下再開。

 その後、とんでもないアクシデントが・・・。
 ボボボボボ・・・・スコン
 8月20日午前7時28分。大鰐町八幡町にてエンジン停止。
 忘れもしませんね。快調に飛ばしていたのに、急にエンストです。
 キック・キック・キック・・・・動かん
 冷静になって考える。
 キャブか?そう言えば、以前土砂降りで走った時はノーマルのエアクリだったけど、パワフィルは水吸いそうだもんなぁ。
 じゃ、取りあえずカバーしなきゃ。
 道端を物色してると、ゴミステーションに使えそうな入れ物が!
 こちらのスタンドさんでハサミを借りて簡易カバー作成終了。
 キック・キック・キック・・・・動かん
 まぁ、カバーは予防策だから、現状をどうにかせんとどうにもなランなぁ・・・
 幸い雨も小雨になったし、どうすれば良いんだろ・・・
 キック・キック・キック・・・・掛かった!
 8月20日 午前8時17分 エンジン始動。
08082007.jpg
 よし!行けると思ったのもつかの間。
 午前8時23分 唐牛にて再びエンジン停止。
 殆ど絶望。押して北海道に帰ろうかな・・・。
 ノーマルのエアクリ付けとけば良かった・・・・。どっかからパチってやろうかなぁ・・・。
 これでは東北周回はおろか、秋田にすら行けそうもねぇ・・・。
 エンジンが掛からない理由を合理的に考えよう。
① キャブの構造を考えると、直接エンジンに水が入ってたら壊れてるはず。
② キャブに水が入っているのは間違いないはず。
③ キャブにはドレンコックがあった・・・あ、これだ!
 燃料コックを閉めて、キャブからガソリンを落とし、燃料を再び入れる。
 キック・キック・キック・・・・動かん
 午前8時50分。
 キック・キック・キック・・・・掛かった!
 大夫怪しいけど、何とか走れそう。
08082008.jpg
 折角作ったエアクリカバーも途中で飛ばされてしまい、騙し騙し行くしかなさそう。
 時間がもったいないけど、水を吸っては走れないので、所々雨宿り。
 降りを見ながら移動。

08082009.jpg
 いい加減止んで欲しいなぁ・・・。

08082010.jpg
 お、ハレの予感。
 実際しばらくはビックリするほどの好天。

08082011.jpg
 しかし、再びイヤな予感が・・・ってーか、進行方向で間違いなく雨が降ってるじゃん。
08082012.jpg
 降ってきたよ。
08082013.jpg
 夕立ってヤツですか?
08082014.jpg
 でもさぁ、創世記じゃないんだから、永遠近い雨はないさ。
 この虹が応援してくれるよ。
08082015.jpg
 午後8時40分 仙台着
 その後多賀城市で単身赴任中の先輩のお宅でお世話になりました。
 8月20日 青森県・秋田県・岩手県・宮城県

 ・・・福島県は行ってなかったんだ・・・

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

今度は東北編です。

 
 カブ次郎に装備して最も有効だと思っているもの。
 風防(ウィンドシールド)
 まず、直接風が当たらないから疲れにくい。
 そして、風が当たらないから、寒さが全然違う。体力(体温)が保てる。
 また、・・・

08081901.jpg
 こんな敵や、
08081902.jpg
 自爆テロ攻撃
08081904.jpg
 特攻
・・・などから随分とボクを救ってきました。
 30キロでトコトコ走ってる分には大して意味はありませんが、40キロを越えると俄然威力を発揮します。
 まぁ、風防以外にも・・・

08081903.jpg
 こんなところや、

08081905.jpg
 こんなところにも攻撃があり、当然ヘルメットや色々なところに当たっては散っているのですが、被弾率は格段に減少します。
 風防、ありがとう。

08081906.jpg
 8月20日、あまりにも汚かったカブ次郎を洗ってあげて、オイル交換も済ませ、いよいよ本州に向かいます。
 初っぱなから小雨に当たり、幸先の悪いスタート・・・。

08081907.jpg
 長万部 三八飯店のあんかけ焼きそば。
 おっきくても味も良好。美味い。

08081908.jpg
 多分フェリーに乗るであろうと予想したトレーラーに付いてきたら、道に迷った。
 実は事故予防のため、こんなベストも持っている。前回の球切れ事件の時にはすっかり動揺して、積んでいるのを忘れていた。
 今回は小雨で視界も悪かったので、ここまでは迷わず着用。

08081909.jpg
 初めての渡航に使用したのは「道南自動車フェリー」という東日本フェリーの関連会社。
 一番安いのが決め手だが、旅客フェリーと違い客層が圧倒的にプロドライバーが多いので、変な客と関わらずに済むだろうと言う読みもあった。
 このフェリー会社ではインターネット予約がない代わり、インターネットで2割引券を出してくれる。
 が、忘れてきた。
 「何とかならないの?」
 と、聞くだけ聞いてみたが
 「なんともなりません。」
とのこと。残念。
 結局往復分を一度に買うと「復路が1割引」というのが判明し、往復券を購入することにした。

08081910.jpg
 カブ次郎縛られる。

08081911.jpg
 もうすぐ北海道を離れます。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

北海道は、やはり広かったって。

新しい朝がいつものように始まる 女満別 気温11℃

08081801.jpg
 8月18日 午前4時19分 オホーツクの朝 気温14℃

08081802.jpg
 生きてるなぁ・・・
08081803.jpg
 この朝日が見たいがために、ソルジャーのような夜を送ったんだよなぁ。
 今度来る時は、絶対宿に泊まろう。

 ま、だけど、旅に出る前はさぁ、津別町の津別21世紀の森キャンプ場にある「鉄路ハウス」に泊まりたかったわけさ。ところがさぁ、役場に電話したら「もうやってません」ってんだから、自暴自棄にもなってたんだよね。
 で、計呂地交通公園のライダーハウスも考えたんだけど、ライトが切れて気も動転してたんだよね。常識外れの時間だったことに加え、真っ暗な中、変な人がいたら気まずいじゃない。

08081804.jpg
 で、道の駅兼ホントのJR浜小清水駅で休息中、珍しいものを発見。午前5時14分。
 DMVという、軌道(鉄道)も走れるバスがレールに乗るべく作業中。
 殆ど幹線しか残っていない鉄路を考えると、釧路~(鉄路)標茶~中標津(道路)の利用くらいしか思いつかないなぁ。こんなもの開発してどうしようって言うんだろ?フシギです。

08081805.jpg
 知床半島まで来ましたよ。お新香心の滝・・・オシンコシンの滝です。
 朝こっ早いので、ガラガラです。日中はいつもごった返してるんですがね。早起きは得です。

08081806.jpg
 早起きは得だけど、まともに寝て居ないと言うのは問題。道の駅「うとろ・シリエトク」午前7時30分到着。
 銀マットを広げて、オープンまで小一時間ほど仮眠。気持ちいかった。スタンプゲット。

08081807.jpg
 午前9時も回ったので、バイク屋さんもやってるだろと斜里町に進入。
 沢田モータースさん。この時点ではテールランプが切れているとは気づかず、ヘッドランプの球のみ購入。初めての交換だけど、何とかなるモンですね。

08081808.jpg
 まぁ、あとは帰るだけなんで気楽なものです。

08081809.jpg
 留辺蘂(るべしべ)駅近くの駐車場。丁寧に整備されてました。

08081810.jpg
 駅で仕入れた観光情報によると、留辺蘂では「ホルモンラーメン」に力が入っているようだったので、通りすがりになる「ラーメン田舎」さんで遅い昼食。
 ラーメンとホルモンと混ぜるのかよ!って思ってましたが、絶妙なコラボです。ラーメン的にも美味しいし、ホルモンも美味しい。先入観だけで毛嫌いしちゃダメですね。

08081811.jpg
 その後、旧ちほく高原鉄道に沿って足寄まで南下しますが、何となく「上利別」辺りを徘徊。
 北海道の田舎町の景色が残る、とっても良い感じの場所でした。

08081812.jpg
 4000キロの切り番。

08081813.jpg
 道の駅「南ふらの」

 「あ、オレだけど。」
 「はい。」
 「今日、一旦家に帰るから。」
 「あ、はい。」
 「何時に着くか分からないんで、メシとかいいから。」
 「うん。」
 「じゃ。」
 「はい。」

 小樽まで、あと約200キロ。時刻 午後6時20分。
 夏休み特別企画 北海道編 

続きを読む

テーマ : 北海道ツーリング
ジャンル : 車・バイク

最も長い夜 その2

 宗谷岬に行った時点で既に「旭川」はどうでも良くなり、無性にオホーツクの朝日を見たくなりました。
 そこで、オホーツク沿岸を淡々と南下します。
 紋別・網走・北見・・・その辺で良いか?

 午後7時過ぎ、紋別市到着。当たりはすっかり暗くなります。
P1040635.jpg

 普通なら宿となりますが、がっちり宿泊する気がなかった自分は安易に南下を始めます。

 「えー、網走まで100キロ以上あるのかぁ・・・ま、いいか。」

 午後9時10分頃 湧別町中湧別 コンビニにて一服
 午後9時20分頃 芭露通過後 遠目のランプが切れる
 午後9時25分頃 前照灯 消灯 月明かりだけが頼りとなる 最悪
 午後10時頃 常呂町のコンビニにて懐中電灯(LEDマグライト)を買う

 そうかぁ、30分程度だったんだ。永遠に続くかと思ったけどなぁ。
 その間、前後とも無灯火のカブが走っていたわけですよ。
 田舎の山道を、月明かりとウインカーライトだけを頼りにさぁ。

 午後10時55分 網走市街のコンビニで一服

 やぁ、マグライト、スゴイ。みちなりも分かるし、青カンも見えるもの。
 月明かりだけじゃみちなりもワカランし、青カンも見えないから何処走ってんのか分からないもの。
 パトカーとすれ違ったけど、マグライトのおかげで停められなかったもの。
 もしなかったら、無灯火で停められてるよ、きっと。

 で、市内にはネカフェもなけりゃ、健康ランドもない始末。やはり、下調べは重要デスなぁ。
 で、記憶に頼って女満別にあった温泉に向かうが改装中。もっとも、夜にやってたかどうかは不明ですがね。
 しかし、時間は零時も回っており、これから北見は辛すぎるし、夜露で野宿も無理。
 とりあえず道の駅でトイレにはいると、入口に就寝中の原チャライダーが・・・
 あ、どうせこんな時間に人なんて何人も来ないはずだから、便所に立てこもろう。座れるし、夜露に濡れないし、外よりは暖かいし。

 午前1時 立てこもり開始。
 午前3時20分 立てこもり終了。
 ま、座って居眠り出来るんだから、仮眠くらいは出来て当然と言えば当然。
 戦闘中のソルジャーが、布団で寝れる方がおかしいもの。

【この日に悟った教訓】
① 自分はソルジャーじゃないので、最低限仮眠場所は確認して行動すること。
② 夜間走行をする時は、総ての灯火の予備球を携行すること。
③ 夜間のトラブルに備え、懐中電灯は携行すること。

テーマ : 北海道ツーリング
ジャンル : 車・バイク

燃調日記?

 燃調にすっかりはまってます。
 ま、やはり「薄い」んですね。

 リアを35丁に変えて、M/J100番にしまして、平地や下り勾配なら完璧です。
 しかしながら、上りでは使えません。

 2ndで53キロまでは引っ張れるので、公道を走る分には殆ど問題なしですが、極端な20%越えの坂道とか1stで28キロしか使えないし、2ndに落とすと失速するわけです。
 はっきり言ってM/Jを115~120番くらいにすれば解決しそうですが、今は手持ちにありません。

 想像ですけど、基本的にノーマルエアクリで吸気させているので、吸気のレスポンスも悪く、吸気の流量を確保出来ないので燃料を確保出来ず、失速するとしか思えません。
 だからと言って、雨の日が心配なのはイヤだから、パワフィルに戻すつもりもありません。

 試行錯誤は楽しいですが、夏休み企画後の楽しみにとって置いてホントに良かったです(苦笑)。

続きを読む

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

一般国道393号赤井川道路(倶知安-赤井川)開通

  ご近所なので、走ってきました。

08090701.jpg
 クラブツーリングでしょうか?開通二日目だったので、4輪の家族連れや2輪はソロが多かったです。
08090702.jpg
 ということで、おめでとうございます。

テーマ : 北海道ツーリング
ジャンル : 車・バイク

最も長い夜

 稚内出発目標 午前10時 
 実際に目が覚めた時間 午前10時
 やはり初日の無理がたたっているとしか考えられないが、まぁ、楽しかったから良いや。
 と言うことで、プチ単身赴任中の後輩のお宅で再会を果たし、2時間ほど「まったり」と過ごして稚内の街へ。
08081701.jpg
 東日本海フェリーは「ハートランドフェリー」へ。よく東日本フェリーと間違われていたので正解かも。

08081702.jpg
 北海道遺産にも指定されている「稚内港北防波堤ドーム」に立ち寄ると、早速イエローのカブを発見。
 去年は随分とここでカブウォッチングしてたんでスよねぇ。

08081703.jpg
 バイクを止めると、テントから人の気配が・・・
 カブの隣のバイクのおじさんでした。
 もう何年も夏の間、こちらで1月以上ステイしているらしく、知る人ぞ知る愛知県の「ドームのおじさん」と、しばし世間話をしてました。
 いきなり「2時間押し」なので、満足にお話も伺えませんでしたが、来年もお逢いしに行きたいと思っています。

08081704.jpg
 こちらも「北海道遺産」の登録がある「宗谷丘陵の周氷河地形」です。
 正面の島影は「樺太(サハリン)本島」で、この時期にこれほど見えるのは珍しいです。ちょっとラッキー!

08081705.jpg
 稚内に来た目的の一つは、やはり、間宮堂さんのホタテラーメン。
 相変わらず、近所のおばちゃん(まぁ、ボクよりは年下に見える方々ですが)の文化祭のようで、店内も賑やかでした。

08081706.jpg
 見た目は地味・・・でも、味は大好きです。当然完食ぅー。

08081707.jpg
 宗谷岬もそこそこのお客さんが集まってました。
 この時期だから、ライダーさんも多いでしたよ。

08081708.jpg
 宗谷岬と言えば「安田石油」。知る人ぞ知る「ナックスファン」ならご存じのナイスな給油所です。
 ちなみに、写真のようなお土産まで頂けます。

 「今日はどうするんですか?」
 「うーん、旭川に寄りたいところがあるんで、旭川泊まりかなぁ?」
 「結構ありますよ。気を付けてくださいね。」
 「サンキュー。ま、明後日一度小樽に戻る予定なんで、無理はしないけどね。」
 「さすらい過ぎですから。」
 「うーん。ま、何とかなるでしょ。」

08081709.jpg
 オホーツクを照らす月

 この時はね、何とかなると思ってたさ。そして、何とかしたんだけど、普通、40過ぎのオヤジがやることじゃないね。
 それに、「備えあれば憂いなし」ってのも重要。災いとか、難儀するってことでね。
 備えもなしに「何とかなるべ」って行動しちゃうから難儀するんです。

 さぁ、乞うご期待。【最も長い夜 2】

テーマ : 北海道ツーリング
ジャンル : 車・バイク

改造後のカブ次郎の燃費 その2

 ちょっと考えがあって、本日、道の駅「マオイの丘公園」まで行って参りました。

 一つは、これで「(道南・)道央エリアクリアとなるため」であり、エンジンの調子を見るためでもあり、その他色々があってのことなんですが、タイトルは【改造後のカブ次郎の燃費 その2】

 小樽~小樽 48.6㎞/㍑

 札幌の市街地にいるのが半分以上ですから、車とは随分違います。
 車で移動すると、北海道の常識で考える都会では、笑えないくらい燃費が落ちますが、キャパのない小さなエンジンでは、郊外で限界まで引っ張ることがやはり辛いんですね。

 もちろん今回は「意識して低燃費運転」を心がけてますよ。
 それでも、それなりに頑張って、引っ張って走ってたりしてましたがね。でもね、「公道で走行中」エンストしてごめんなさい。

 やっぱり、メーカーさんや、きちんと整備出来る販売店の方ってスゴイと思います。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

8月16日 道北へ

 8月16日 苫小牧 晴れ 気温17℃

08081601.jpg
 朝露が綺麗な国道を淡々と日高地に進みます。
 まずは「にいかっぷ(新冠)」ってところで写真を撮らないと・・・
 新冠に近い静内では 気温20℃
 まぁ、真の目的は「道の駅のスタンプ」ですが。

08081602.jpg
 道の駅 にいかっぷの近くには、客車を利用したライダーハウスがあります。
 一泊 500円 8/16臨時休業しますの張り紙が・・・。うーん。こういうところに泊まるのも、チャレンジしてみたいなぁ・・・

08081603.jpg
 道の駅 占冠(しむかっぷ) 11:17 気温21℃
 日高山脈に沿って北上します。占冠は上川支庁の管内なので「道北」に区分されます。どう考えても南過ぎるんですがねぇ・・・。

08081604.jpg
 滝里湖のオートキャンプ場で小休止
 何か夏休みって気がするなぁ・・・
 でも目的地まで、まだ270キロ。ここまでの走行距離が約260キロ。現在の時刻 12:50。
 目標の午後6時には到底間にアワねぇなぁ・・・
 2時間押してるじゃん。
 ここに来るまでの間にバイツさんとすれ違ってたのですねぇ・・・また来てくださいねぇ!

08081605.jpg
 必死に走って・・・
 ようやく 道の駅羽幌(はぼろ) 16:20 気温20℃

 その後も黙々と走り、何とか遠別名物「サニーミート」の「塩ホルモン」をゲット。
 買えなかったらどうしようかと思ったよ。

08081606.jpg
 北半球の北半分に到着。
 その後、稚内到着は午後7時30分を過ぎていました。気温17℃

 稚内の某お宅で、お待ち頂いた皆さま。ありがとうございました。
 余りの過労に、途中で寝入ってしまいましたが、熱烈歓迎は忘れません。
 


 ・・・また行っちゃろうかな・・・(笑)

テーマ : 北海道ツーリング
ジャンル : 車・バイク

8月15日 夏休み企画始動

 8月15日 雨 目的地 稚内

 普通なら、翌16日朝、稚内に向かうと思う。
 しかし、真の目的地は「新冠」だ。北海道道の駅スタンプラリーの消化のためには、丁度良い距離。
 新冠を朝9時に出発出来れば、稚内に日没前も無理では無かろう・・・との甘い読み。

08081501.jpg
 出発後、忘れ物に気付き、一旦帰宅。

08081502.jpg
 再度出発!
08081503.jpg
 道の駅恵庭(えにわ)
 雨も止み、月も出ました。
08081504.jpg
 苫小牧でローソンを発見。って、国道を走ってますから、コンビニは普通にありますが、小腹が空いたのでイートインがあるローソンは便利なんですねぇ。もちろん総てのローソンがイートインカウンターを持っているわけではありませんが、「早い・安い・暖かい」は嬉しいです。
 弁当のゴミ処理も考えなくて良いし、味もそこそこで、すぐ作ってくれる。
 サンクスのイートインも良いけど、メニューや味はローソンの方が良いかなぁ。
 立ち食いそばに抵抗がない方にはお勧めします。
 普通の食事から比べるとわびしいですがねぇ。コンビニ麺よりは遙かに嬉しい。

08081505.jpg
 苫小牧到着
 イオンショッピングセンターにて記念撮影?営業時間は分かりませんが、電気が点いています。

08081506.jpg
 苫小牧フェリーターミナルにて
 仙台行きには間に合いそうです。
 キャンセル待ちのライダーさんへのアナウンスがあって、数台が乗船していました。

 単純に「フェリーってどうやって乗るのかなぁ?」って、参考にしようと立ち寄っただけです。
 ま、ぶーんって乗るだけですね・・・苦笑

 ま、その後ヤンキーのにーちゃんにお声掛けされるわけですが、その後の認識からすると、どうも状況把握が間違っていたようです。
 茶化しが下手なにーちゃんだったので、上手く理解が出来ませんでしたが、この時点でカブ次郎のテールランプは昇天していたようで、後続車からは迷惑な状態だったんですね。

 「運転手さん。テールランプ切れてるよ。」
 「は?」
 「ストップは分かるけど、(電気)点いてないッスよ。」

 これは本州に向かう8月18日、函館のフェリー乗り場でタクシーの運転手さんと交わした会話。
 迷惑だから声をかけてくれたんですね。ヤンキーちゃんは。
 だけど伝わらないんだなぁ。素直に

 「おっさんのカブ、後ろのランプ切れてるぞ。」

って、言ってくれれば
「そうっすか?ありがとうございます。」って、感謝してたのに。
 感謝されないような言動を思い出して、そのことを不憫に感じたのは、子を持つオヤジだからでしょうかね(苦笑)。うちの子は大丈夫だろうか?

 で、この日は寝カフェ・・・いや、ネットカフェで仮眠を取り、明るくなったら出発です。

 いや、ネカフェ使えますわ。ネットの更新が出来るし、ネットで拾える情報は当然拾えるし、雨風もしのげるし、充電も出来るし、車中泊の安心感とは全く違いますが【仮眠】には使えます。
 ま、仮眠前提では「くつろぎ感」はほぼゼロですがね・・・(苦笑)
 ソロキャンプ程度の自由度もあるし。

 今後の楽しみを達成するツールの一つとして、確固たる立場に入りました(笑)。

 ま、他人は「何の修行ですか?」とお尋ねになりますがね (^^;;;

テーマ : 北海道ツーリング
ジャンル : 車・バイク

改造後のカブ次郎の燃費

 夏休み企画 特別編 ボアアップ後の燃費を計ってみる

 「燃費が悪くても、ガソリン無くなったら積むんでしょ?走るんだから。」
 まぁ、そんな意識です。だから、基本的に何かのきっかけがあって、「うちのはどれくらいの燃費だろ?」と思わない限り興味すらないのですが、やはり「ボアアップしてどうなるのかなぁ」って、気にはなるわけです。
 ちなみに、50ccの時は50㎞/㍑くらいでした。市街地を除くと、殆ど「フルスロットル」が多いので、数値的には良いとは言えませんが、それでも cub ! 大した物です。

 最近ボアアップした例では、75ccのkentさんがこのような記事を出されています。

58.2キロも走りましたがナニカ??そいえば今日からガソリンが少し安くなるみたいだね^^最高速は70キロ付近??までは確認。60キロまでしか目盛がないのでよくわからんけど・・・・汗...
ガソリン1㍑あたり


 で、カブ次郎の燃費は如何に?
 一挙公開します。

続きを読む

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

カブ次郎復活

 休んだ後は仕事が待ってます。仕事をしないとお金はもらえません。
 お金がないと家族やカブ次郎と楽しく過ごせません。仕方のないことです。

 で、PC18を組み込んだその後ですが、当初の「濃い」という予想は全く逆で、実際には薄かったんですね。焼き付かなくて良かったです (^^;

 JNの調整で燃調を濃くし、騙し騙し乗っていましたが、回らないエンジンはつまらない・・・。
 ・・・回らない。
 確かにトルクは太くなった気がする。
 でも、気疲れするんですよ。何処までなら回ってくれるのかって・・・。

 で、今日MJセットが来ました。
 さっそく組みました。

 組むためにはばらさなくてはいけませんねぇ。

P1050548.jpg
 こんな感じみたいです。
 人任せの現代人であり、誰かが解決するだろう(ダレにやらせれば上手くいくかな)と言うのが私の普段の立場ですから、「自分でやる」場合は気合い入りますよ(笑)。

P1050550.jpg
 どうやって交換すればいいのかなぁ・・・?
 って、外した部品を代えればいいだろ!
 ひとり突っ込みですねぇ。
 
P1050554.jpg
 ここまでばらす必要はありません(苦笑)。

 mam23さんが95番とのことでしたから、取りあえず95番。

 ・・・いける。

 こんな小さなチップ一つで、病人のようなヤツが元気になるんですねぇ。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

かぶじろう

Author:かぶじろう
 このブログは かぶじろう を名乗る管理人の平凡な日常を淡々とまとめたブログです。
 カブなどの小型バイク、駅巡りなどの鉄道関係、道の駅などのドライブ、美少女系アニメなどの萌えオタ、ラーメンやソバなどの麺類、温泉巡りやキャンプ生活・・・平凡な内容です。
 過度な期待はしないでください。

 コメなんか頂くと喜びます。

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
08 ≪│2008/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも一覧

■ ブログ名:バイクに乗ったおやぢ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールでも・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

お天気
予言だyo!
禁煙