ベカブタンク

 カブ太郎ことカスタムですが、いずれにしても丸目にする方向性は変わりません。
 となると、問題は燃料計。
 燃料計だけというのも無いことはないのですが、4千円くらいする奴とか、スピードメーターに内蔵された奴とか、なかなか「これっ!」てのがありませんでしたので、スタンダードにタンクを変えてしまおうというもの。

08113001.jpg
 ホントなら同色の方が手間が省けて良いのですが、お手ごろ価格のがオークションにでてたので、入札したら上手いこと落札出来ました。
 見てのとおり、燃料計の取り付け部分が微妙に違います。
 燃料計だけポン付け出来るなら1系統のタンクでもよかったのですが、それも難しいようなのでやむなく買ったというのが真相です。

08113002.jpg
 本体の形状や、取り付け孔の位置は同じようなので、何とかなりそうです。

08113003.jpg
 さびさびが目に余るので、クレさんのリン酸錆び落としで少しきれいにして、556を吹いておきました。
 いずれにしても、来春には塗装するつもりなので、一時しのぎです。
 ソリッド塗装だとガソリンに犯されて、塗装がへなへなになるんですね。

08113004.jpg
 カブ太郎に付けてみました。
 さすがに燃料ホースが硬くなっており、引き出しに苦労しましたが、これも塗装に合わせて交換の必要ありかな。
 この後、カブ太郎純正シートを付けて、しっかり収まるのを確認。

08113007.jpg
 ちょっと白いのが見えますが、まぁ、良しとします。ちなみにリトルのベカブさんから摘出ですね。

08113005.jpg
 ついでなので、キャブやら、エアクリやら、チョークケーブルやら付けましたよ。
 吸気系は取りあえず完了。でも、マフラーとか外したままなんだよね(苦笑)。
 当然電気系もバッテリー外しちゃってるし、だめだめ。
 エンジンオイルも抜いちゃってるけど、忘れないウチに入れておかなきゃ!急遽買ったG1余ってるしね。

08113006.jpg
 ホースの繋ぎ方は参考にしないで下さい。自分でも合ってるかどうか判らないので、実際に無くなり具合を見て試してみます。
 間違ってたら繋ぎなおすだけなんで、大して気にしてません。

 ここまでは、昨日の午前中の作業です。また、外は雪景色になってしまいました。
 早く春が来ないかなぁ~!

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

白い乗り物

 kentさんのところで、「超特急ひかり号」に使われていた0系新幹線の話題があったからと言うわけではないのですが、バイク雑誌の白バイ特集(別冊)とか、ちょっと連続して目に付いたせいか「白い乗り物」が気になりました。

 キーワードは「白い」

 白いモビルスーツと言えば、ガンダムです。
 多分、自分が生きているウチに、人型戦闘兵器が実用化されることはないでしょう。
 もちろん、人型警察装備も。

 白い列車と言えば「超特急ひかり号」です。北海道では「白鳥型」ディーゼル特急時代が長かったので、高校の修学旅行まで新幹線車両に乗ったことがありませんでした(笑)。
 市街地を抜けてからの車窓の景色の流れに驚いたものです。
 上野までの寝台列車が架線トラブルで遅れ、首都圏ではラッシュに出くわし、弁当の手配が上手く行かずに、朝食も当たらないと言う悲しい場面もありましたが、当時の「ひかり号」にはビュッフェがあったので(勝手に抜け出して)、スピードメーターを感心して見ながら、朝食を済ませてたような記憶があります。

 で、白い車と言えば【タクシー(注 北海道では独自塗装経費をケチって一般的です。他府県は色とりどりのようですが・・・)】じゃなくて、【マッハ号】。ジャンプする奴です。パイロットは三船剛(みふねごう。普通つよしだろ)。
 子供の頃、夕方の再放送だけど、何度も何度も心待ちに見た想い出があります。
 憧れのアメリカかぶれした家族や、超高性能な万能マシンをあやつり、世界を股にかける少年の手に汗握るストーリー(笑)。「冒険王」世代には通じるのではないでしょうか?
 もうちょっと年輩の方だと、もしかして【月光仮面】になっちゃうんでしょうか?
 マッハGO!GO!GO!・・・今ではネットで見ることが出来る機会も多いので、時々はまっています(笑)。

 ホワイトボディ マッハ号 ・・・ 走り出したら後には引けぬ ・・・ ナンバーファイブ マッハ号 

 ゴージャスなバンドの音楽が、アタマの中によみがえります(笑)。

 ホワイトボディ カブ次郎 ・・・ 走り出したら後には引けぬ ・・・ ナンバーファイブ カブ次郎 

 カブ次郎のサイドカバーに、「日の丸に黄色の5」が入った時は、「どれくらいジャンプ出来るんですか?」とか絶対に聞かないでください(笑)。水にも潜れませんし、多分ヤブも切り開けませんから。

 せいぜい出来るのは「紙飛行機を手で飛ばす」くらいです(笑)。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

方向性はともかく・・・

 方向性が間違っているのには気付いたものの、急には変えられない事情もあり、取りあえずカブ次郎の現状です。ようやく乾燥路面が増えたので、ちょっと走ってみました。でも、日陰は恐怖でした。

 雪が積もってます。寒いです。 でも、ちょっと日が差したので、【雪かきの後】カブ次郎のお色直しをしました。 はい、現状です。 B級サスを付けました。センタースタンドを立てても...
カブ次郎・・・中途半端


08112901.jpg
 今回もベトナム製や中国製の怪しいパーツさんたちが登場です。国際色豊かです。
 ちなみに先日降った雪の山がバック。

08112902.jpg
 こちらは100均で買った420円のワイヤー。プライヤーでも切れそうです(苦笑)。単なるお守り。
 盗難防止のため、もう少し色々やっていこうと思っています。ま、ごついのもあるんですがね。
 ちなみに、こちらは中国製。

08112903.jpg
 ベトナム製B級リヤサスのアウスタ【B-006】さん。2本で4200円です。
 芯芯で約340ミリと長いので、光軸が下がり大助かりです。
 でも、フロントを14インチにしたらどうなるんだろうか?もしかして【大弱り】?ちょっと不安。
 乗り心地は堅めですが、フワフワしないので、結構お気に入りになりました。あとはどれくらいでヘタレるのか(笑)継続調査が必要です。
 昔の国産品みたいに当たり外れがあるんだろうなぁ。当たりだと嬉しい。

08112904.jpg
 同じくベトナム製アウスタさん扱いのミディシートM2(MIDI-H)さん。ホントはミディ ユニオン黒さんか茶さんが希望でしたが、在庫無しのためM1さんを選ぶとこれも無し・・・。まぁ、運ですなぁ。
 ビニールっぽくて滑りやすいけど、ポジションがスッゴク楽。こちらもお気に入り。

08112905.jpg
 見事に4点自立です。方向性を改めるため、センタースタンドは今のところ、このままの予定。
 ちょっと不思議な光景ですが、まぁ、実験と言うことで。

08112906.jpg
 大きな箱がトレードマークだったので、ちょっと寂しい後ろ周りです。
 冬のアレがでたら、安い箱を買って付けますわ。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

方向性が間違ってね?

 貧乏ヒマ無しに加え、寒さと日照時間の短さで、カブネタが尽きているかぶじろうです。

08112801.jpg
 こんな感じのカブを想定してましたが、14インチアンチリフトアップフロント化の失敗や

08112802.jpg
 こんな首切れ状態の試作状況から今一度考えてみました。

A カブ次郎(リトル)への改修仕様
① アンチリフトアップ
② 日帰りツーリング最適化
③ リアボックスの小型化
B カブ太郎(カスタム)への改修仕様
① アンチリフトアップ(本来標準)
② 丸目化
③ 宿泊ツーリング向け積載量強化

【考察】
A-1 CD系フロント移植・・・カスタムでの17インチ化はやはり不自然
A-2 CD系フロントをカブ太郎に装備すると、フロントキャリアが使えないので不利。カブ次郎なら積載量が低下しても仕様上問題なし。
A-3 撤去済み。カブ太郎へ転載予定。メットが入る程度のボックス購入予定。
B-1 本来装備なので何ら問題なし。あえて変える理由もなし。何故変える?(笑)。
B-2 CD系フロントをカブ次郎に装備して、余ったハンドルパイプ・ハンドルカバーを移植&塗装すれば問題なし。首切れ問題が解決するかどうかは微妙。
B-3 標準状態なら、フロントキャリア&センターバックを問題なく装備出来るので、CD系フロント組み込みより容易に目的達成が可能。リアにはカブ次郎からの大型ボックス搭載予定。

 うーん。冷静に考えると、今までやって来た事って「方向性、間違ってね?」って感じですなぁ。

 いずれにしても、カブ太郎の実動車化計画は進める必要がありますし、ぼちぼちながらも屋内作業もやってますので、本格シーズンまで妄想を続けたいと思います(苦笑)。


テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

カブの純正キャブ PB13パーツ交換

 外が寒いので、家に引きこもりがちなオヤジです。

 リアサスを入れ替えてすっかり忘れてましたが、対向車を幻惑しないレベルまでは光軸が落ちた事を確認しました。でも、結構ギリギリかなぁ。

 さて、カブ太郎の起動に向けて、チマチマとした作業をやってるわけですが、本日は1穴しかないカスタムの燃料コックに、リトル純正の2穴燃料コックを付けてみました。

08112401.jpg
 さすがに10年の差は見て判りますね。左が排ガス規制前C50カスタム標準品で、右は排ガス規制後のAA01リトル標準のキャブ周りです。正面から見て右側(乗車時の左)です。

08112402.jpg
 同じく左(反対)側。

08112403.jpg
 こちらは一般型のカブで使われてるリザーブ付きコックです。
 なんか、教習車以外にはリトルカブしかバイクに乗ったことがないので(笑。カスタムにもまだ乗ってないッス。)、これがどのバイクにも標準に付いているものだと勘違いしている馬鹿者です(苦笑)。

08112404.jpg
 こちらはON・OFFしかない普通のコックです。燃料計が付いているカスタムには標準で付いてます。しばらく「どうしてリザーブがないのか?」と真剣に悩んだ馬鹿者です。ワタシ。

08112405.jpg
 基本的に上側の差し込み口を塞いだだけのようです。こんなところにたいそうな加工は必要ありません。多分。

08112406.jpg
 裏側から見ても当然ですね。塞げば良いんですよ。1穴不要なんだから。

08112407.jpg
 チャンバーユニットは基本的に同じなので、コックだけ取り替えればオッケーです。
 ただし、パーツリストを見る限りコックだけの販売はありません。
 AA01シリーズでは
  カスタム用が 16015-GB6-763 チャンバーセット、フロート
  その他用が  16015-GT0-013(リトルも同じ)
となっています。
 チャンバー付近は変わっていないと思いますが、C50シリーズと同じかどうかは判りません。
 4000円くらいのようですが、知りたい方は純正パーツ取扱店で確認してくださいね。

08112408.jpg
 底の部分と違い、上半分は「規制前」と「規制後」は相当違います。
 こちらはエアスクリューがSST無しでは回せないAA01シリーズのキャブ。最新のFI車には無関係なパーツですなぁ。

08112409.jpg
 こちらは車載工具で調整出来るエアスクリュー付きC50シリーズのキャブ。
 結構汚れてますが、大丈夫でしょう。

08112410.jpg
 AA01シリーズにはキャブヒーターが搭載されており、14度以下の寒冷時の始動に威力を発揮するようです。

 その他色々違う部分があるようです。オークションじゃありませんが(笑)、気になる部分は写真で判断してください。で、素人のワタシには技術的な質問等はご遠慮下さい。
 単純に困りますから(笑)。

 使うことがないだろうと外していたチョークケーブルも付けたし、ちょっと前進かな。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

【解決】フロントフォークアッパーカバーの謎

 「フロントフォークアッパーカバー関係が不安定なので要調査」した結果です。

 CD50とCD90で使用しているパーツが違い、部品点数も違いました。

 CD50は 51602-065-900ZA 右(乗車時) と 51606-065-900ZA の組み合わせ。
 CD90は 51602-198-000ZA 右と 51606-198-000ZA の組み合わせ。
 何故か番号が違います。

 最大の相違点は、CD90のフロントフォークアッパーカバーには
 51601-198-000 フォークカバーアッパーラバーさんが付くこと。

 この緩衝材が付く分、CD90用のカバーは短いようです。道理でグラグラするわけだ。
 適当なワッシャを咬ませようと思ってましたが、ちゃんと部品を手配しようと思います。

 部品を入手したら追記します。

 普通は、この辺のパーツは一式で入手するだろうから、気付きませんよね。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

カブ次郎・・・中途半端

 雪が積もってます。寒いです。
 でも、ちょっと日が差したので、【雪かきの後】カブ次郎のお色直しをしました。

08112201.jpg
 はい、現状です。
 B級サスを付けました。センタースタンドを立てても前後輪が接地します(笑)。予定どおり(苦笑)。
 以前から欲しかったミディサイズシートを付けました。本当は別の形状の別の色のが欲しかったのですが、在庫品の気に入ったもので妥協。
 座り心地はまずまず。と言うか、ポジションが楽になったことしか判りません。
 これに伴いシンボルであった【四角い大きな箱】は撤去。

【今後の予定】
① 根雪にならないように、乾燥道路になることを祈る。じゃないと、感想を書けねぇもン。
② カブ太郎(カスタム)のセンタースタンドを、カブ次郎(リトル)に移植。MD用までは必要じゃないと思ってます。
③ メットを入れられるリアボックスを装備。不便とかと言う程度じゃなくて、萎えるほど使えない。
④ イリジュウムプラグへ交換。走れるようになったらね(笑)。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

体感というもの

 体感ゲームが流行ってますが、能動的に体感出来るものだけで、受動的に出来るものは知りません。というか、受動的に出来るものがあれば知りたい。

 男子として、派手目なもので言えば「射撃」なんか。
 標的を撃破したりするビジュアル(+音響)や、発射の反動(ガンユニットのバイブの変形)くらいはありそうだけど、難聴になるほどの音響はないだろう(あったら迷惑だし)。
 いわゆる「無反動砲」って言うのもマニアしか判らない範疇で、「テロリストが使っていそうなロケットランチャー」と言えば分かってもらえるかも?この「無反動」ってどうなの?って思うし、どんな音かも聞いてみたい。
 海外に行けば拳銃や自動小銃も撃てるらしいけど、そのお金で、カブが何台買えるやら(比較が間違ってる件は指摘しないでください(苦笑))。

 ボクが死ぬまでには「バーチャルスーツ」くらいが一般化して、ヘッドフォンの音響とバーチャルスーツでレジスタンス体験クラスが体験出来るのだろうか?
 アーケード版「電車でGO!」の振動に、すっかりはまった口なので(笑)兵器系の体感が出来るなら非常に興味があります。

 あ、ザクトレーナーで出撃はないですよ(笑)。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

カブ太郎始動作戦開始

 カブ次郎に多くのパーツを移植されたカブ太郎ですが、取りあえず可動出来るように改修し、天候がゆるせば試運転をしてみたい。
 で、そのためには自賠責に入る必要があるけど、冬のアレまでは無理。
 それ以前に、昨日からの降雪ですっかり銀世界になってしまい、根雪にならないことも祈る必要あり(笑)。

 ボアアップを前提に計画していたので、計画の修正も必要。

● キャブレター
 ボアアップキットに付属のPC20 → 純正PB13

 ボアアップしないので純正品を復活させますが、カブ太郎ではキャブヒーターも使えないし、エアスクリューを回すのにSSTが必要なカブ次郎パーツは不適なので、カブ太郎純正を戻します。
 ただし、燃料計が無くなったため、対策が必要。

● 燃料タンク購入
 純正1穴タンク → リトル2穴タンク(中古)

 予備燃料の搭載で当面カバーするつもりでした。
 Gクラフトの1万円越えの、めちゃくちゃ高い(けど、結構そそられる)予備タンクも、候補としてはあったのですが、使い勝手や運用を考えると、リザーブ付きの普通の燃料タンクがやっぱりカブらしいと思い、オークションで中古を見てるとそこそこの程度のものを発見、落札出来ました。
 ちなみ燃料タンク 17510-GB4-010 シリーズは、新品で6千円+αくらいなので、落札価格、送料等と中古のリスクを考えて利用しましょう。色も違うしカギが掛かったままのキャップが付いていて外すのに難儀して、キャップが外れたら中はサビだらけ・・・送料・振込手数料・落札価格にプラス数千円で新品が買えた・・・なんて事では悲しすぎますから。
 多分、一般カブ用燃料タンクですから、カスタム系にも取り付けられるはず(笑)。

 ここで問題なのが、カスタム用キャブの燃料コックは1系統「ON・OFF」しかないこと。
 そこで、燃料コック部のみカブ次郎(リトル)純正をカブ太郎に移植する予定。
 上手く付けば、リザーブコック付きとなるはず。

● C.D.I
 カスタムのCDIをリトルに移植しているので、リトルのCDIをカスタムで作動するように改修する必要あり。
 まぁ、標準に戻しても良いのですが、カブ次郎のアイドリングの安定感が捨てがたい魅力なので、動くかどうかの確認を含めて対応してみます。

 パズルみたいで楽しいです(笑)。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

カブ・テレスコ化希望者必見!MDのハンドルストッパー

 ボトムリンクじゃないとカブらしさが無い・・・と言うご意見もあるようですが、そのような方には不要な情報です。
 カブのテレスコ化を画策し、CD50・CD90系のフロント移植をする時に、元々テレスコのMD系の情報は貴重です。近所に沢山の払い下げ車があるので見てきました。

08111701.jpg
 赤丸はハンドルストッパーです。黄色は三つ又側のストッパーがあるべき部分ですが、何故かありません(苦笑)。

08111702.jpg
 で、角度を変えてみますと、乗車時に左になる側の三つ又側ストッパーとフレーム側ストッパーが当たっているのが判ります。
 ハンドルポスト正面側と、フレーム側の2ヶ所で三つ又のストッパーを抑えるようです。
 これまでのネット検索では、どちらか一方の手段で問題を解決されているようですが、プロ仕様は凝ってますね。

08111703.jpg
 矢印は「ハンドルの正面」で、左側のマルがフレームの正面です。

08111704.jpg
 別の車体です。説明省略。

08111705.jpg
 見れば判りますよね。説明省略。

08111706.jpg
 正面から望むと、2ヶ所でハンドルの動きが制限されているのが一目瞭然。

08111707.jpg
 しつこいようですが、赤系と黄系と2ヶ所でストッパーが活躍しています。
 プロユースは過酷なんでしょうか?

08111708.jpg
 で、もう一台確認します。

08111709.jpg
 見づらいですね。

08111710.jpg
 どうです?
 左フレーム側には「つば」があるのに、右フレーム側に「つば」がありません(笑)。
 やはり、基本的にはステム前面にストッパー溶接が基本のようでした!

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

お詫び と カブ次郎の反抗 その3

 まずはお詫びから。
 迷惑コメント排除機能として、当初特定のアドレスからの書き込みを拒否しておりましたが、調べたところ特定のサーバーからの書き込みが極めて多いことが判り、特定のサーバーからの書き込みをシャットアウトする設定に変更しました。が、サーバーの選定が不適切であったため、一部の利用者からの書き込みが言われなく拒否される設定となっていました。
 これは、実際に「書き込み拒否」を受けていたから方からのご連絡により発覚したものですが、折角コメント頂いておきながら、「拒否される」という状態になっていた方もいらっしゃったのではないかと、改めて反省しております。
 今後はコメントを「承認後掲載」という方法で、自分で確認後掲載することと致しましたのでお知らせするとともに、言われなく「掲載拒否」とされた方にお詫び申し上げます。m(__)mゴメンナサイ
 また、今後はコメントを頂いても直ぐに承認とならないことも予想され(放置ですなぁ)、ご迷惑をお掛けする場合もあるかと思いますが、放置にすると不適切なコメントだらけになってしまうので、ご理解をお願いいたします。
 ちなみにfc2のブロともさんからのコメントは、未承認で掲載となるらしいです。


 さてカブ次郎ですが、ピヨピヨバイザーの所為でタダでさえ光軸が上がっているのに、フロントが高くなったおかげでめちゃくちゃ光軸が上がっています。
 すでに光軸を下げられるところまで下げたのですが、それでも普通の「ハイビーム」並みの高さで、とても夜は走れません。なまら迷惑です。
 これを打ち消すためには、リアを17インチにするとか、リアサスを長いものにするしかありませんが、そうすると「確実に」センタースタンドが相対的に短くなります(苦笑)。
 トータルアンバランスに優れた(笑)、ダメマシンになっていってます(笑)。

 まぁ、今更後戻りも出来ないし、あ、出来るんだけど、気分的に後戻りはしたくないし、対策費がどんどんかかっていきますなぁ・・・

 取りあえず「パワフィル」も、ボアアップキットについていたものを付けてみたけど、フェンダーにぶつかって転げ落ちる始末 orz 、別途用意する必要がありそうです。
 早急に対応が必要な光軸対策としては、アウスタさんのBサス辺りから長めのものを購入予定。


 で、今度はカブ太郎なんですが、当初冬のアレが出たら某社のボアアップキットを導入し、取り付け予定でしたが、どう考えても自分の整備力から判断して、いきなりハイパワーであのテレスコは怖い。
 一度50で様子を見ることにしました。
 冬のアレが出たら、自賠責に入れて走れるようにする方向で整備計画を変更します。

 結構細々としたものを買ったり、ツールを買ったりで破綻している会計を回復する必要もあるし、オークション用の予算も確保する必要があるし、ボアアップ計画は先送り。
 とりあえず、カブ次郎が安定すれば急ぐ必要なし!

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

カブ太郎仮組

 来週からは毎日雪マークが付いているので、取りあえずカブ太郎の仮組をしてみました。
 カブ次郎のような兄弟車であっても(リトルとカスタムでも)、結構な違いがあったので、問題点を洗い出す必要があると判断したためです。
 ハンドルストッパーとハンドルロックの問題は今後の課題として、それ以外にホントにポン付け出来るかどうかやってみました。

08111501.jpg
 まずはブレーキパネルの交換です。
 左はCD90用、右はリトル用です。アンチリフトアップ14インチサス化失敗に伴い(苦笑)、カブ太郎のフロントは14インチ化決定です。
 カブ90用みたいに、大きなドラムだったらどうしようと心配してましたが、あっさりハマりました。
 よかったぁ~。

08111502.jpg
 スピードメーターギヤCOMPを変更しておくと、タイヤ径変更に伴うスピードやオドメータの誤差が出ないはずなので、取りあえず樹脂製のギヤのみ交換してみます。
 左 44806-GS3-003 19丁ギヤ 17インチ用 CD90
 右 44806-GCN-003 17丁ギヤ 14インチ用 リトルカブ

08111503.jpg
 多分リトル用

08111504.jpg
 多分CD用
 何となく螺旋の角度が違うような気がします。リトルは歯数が少ないので緩やか、CDは歯数が多いので高密度・・・のような気がしたので、本当は螺旋ギヤも交換したかったのですが、抜けませんでした。まぁ、スピードメーターギヤを交換して動かしても、スムーズに動いていたので良しとしました。
 だって、打つ手ねぇもン。
 また、パーツリストではワッシャの枚数も違うので、厳密には流用不可の部品かも知れません。

 ついでにブレーキシューの減りが少なく厚いリトルのと、すり減った薄いCDのを交換。
 双方とも、まだ2ミリ以上は残ってますが、気分の問題です。
 これでブレーキシューの交換も出来るようになりました。(笑)。

08111505.jpg
 アクスル、フロントホイールさん
 上 カブ 44301-GBJ-000 リトルもカスタムも同じ番号です。
 下 CD50 44301-051-010 CD90も同じもの、若しくは 44301-198-690 を利用。
 何か長さが違うってのが不安要素ですが、しっかりとはまったんで良しとします。

08111506.jpg
 カブ太郎(仮)の状態です。
 ホントは「塗装後仮組」の予定でしたが、これからの季節、「外で塗装」はどう考えても無理そうなので、取りあえず組んでみて、「不都合を解決した後に塗装」と言うことにしました。
 どうせ、改造なんかで傷つくのは目に見えた話しなんで、多分これで正解でしょう。

08111507.jpg
 ま、予想どおりです。フェンダーカバーの裏側も掃除しやすそうなんで、14インチで行きます。(もうお金がありません(笑))。
 思ったよりは違和感がありませんが、隙間が嫌いな方には耐えられないかも知れませんね。

08111508.jpg
 エンジンがくっついているだけで、キャブもタンクも座席もないので、近所を押して歩いてメーターの作動状況を確認します。
 モンゴリ用中華製メーター付きライト、キー付き(交換済み)。ちなみに押したのは100メートル。

08111509.jpg
 で、帰ってくるとやっぱり100メートル増える。正確だ(笑)。
 当然、ブレーキやフロントサスの動作についても確認。
 ブレーキは正常だけど、サスは柔すぎの感じ・・・。オイル交換が必要かも?そもそもコイルがヘタってるかも??正常なCDに乗ったことがないので判りません(苦笑)。

08111510.jpg
 ただ、メーターケーブルは長すぎ。交換の必要がありますね。

 そのほかステムのベアリング関係の組み付けが怪しかったり、キースイッチブランケットがなかったので、ハンドルがハンドルクッションラバーでぐらぐらしてましたが、ワッシャを咬ませると安定。
 あと、フロントフォークアッパーカバー関係が不安定なので要調査です。
 調査して判らなかったんですが・・・。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

カブ次郎の反抗 その2

 自分では当たり前だと思っていても、意外と変わったことだったっりする事もあるようなので、ちょとしたメモ程度に記しておきます。

 ハンドル周りをいじらなければ、こんなケーブルの取り回しなどはしなくて済むのですが、やる以上は楽にやりたい。
 カブのフロントケーブルの取り回しは以外と凝っていて、適当にやっつけちゃうとブレーキワイヤがハンドルストッパーに挟まれて、断線する可能性もあり、大変危険なので、気を付ける必要があります。
 でまぁ、長さの確認程度だと適当な取り回しをすることもあるのですが、これがそのダメな例。

08111401.jpg
 ハンドルストッパ用突起の、直前の溝にはめる必要があるのですが、上からケーブルを降ろすとアジャスタ部の金具が引っかかって降りてきません。確か純正のリトルの時は大丈夫だった記憶があるのですが・・・。
 そうなると、下から引き上げる必要があるのですが、フォークトップをバラスのは面倒。すごく面倒。

08111402.jpg
 そう言う時は、上から経路に沿って銅線をたらします。
 ブレーキワイヤのエンドに絡みつかせて、正しい経路に沿って引っ張れば・・・

08111403.jpg
 簡単にワイヤがでてきます。
 ま、この方法を知ってると、ブレーキワイヤの交換なんかもスムーズですね。

08111404.jpg
 ちなみにスピードワイヤケーブルは、取り付けネジの部分が下に落ちてしまうので、落としてしまうとえらく面倒なことになります。
 先ほどの銅線作戦でも何故か引っかかり、上手く引き上げることが出来ません。
 しかし、下へ引っこ抜いて、上端付近に固定されるよう「ビニテ」でも巻いておくと、ネジが下に落ちることもなく、フォークの下から押し込むだけで上まで行ってくれます。

08111405.jpg
 前日は見なかったことにして戻した「ブレーキスイッチケーブル」ですが、フューズトラブルの原因の可能性もあるので、修理しておきます。

08111406.jpg
 カバーを剥ぐと、被害は1本のみで、断線もしていないので熱収縮チューブで補修します。
 昔は無線屋さんとかにしか置いてませんでしたが、最近ではホームセンターや100均でも手にはいるので、何種類か太さの違うものを持っていると便利です。

08111407.jpg
 内側の線を処理した後、外側の剥いだカバー分の補修をします。

 いやぁ、地味だけど整備作業って大切だと思います。
 ただ、自分が種をまいているだけなので(苦笑)しょうがないですね。

 プロの方の作業を見る機会があれば、つい見入っちゃうんです。早くて付いていけないところも多いですが、ムダのない作業は見ていて気持ちいいですからね。

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

カブ次郎の反抗 その1

 調子の良いバイクをバラしては不調材料を作り、スキルアップしてきている(苦笑)かぶじろうです。

 まず、前回「すごく使いづらいバイクとなりました」と書きましたが、原因が判明しました。
 ノーマルのエアクリと、フェンダーが直進位置で抵抗を感じるくらい干渉しており、ふらつきを補正出来ない状態でした。
 つまり、ハンドルを直進方向に持っていく際に、スムーズに動かないので逆ハン方向に力が入りすぎ、また、逆に戻す時も同じようになるため、直進方向の安定性が極端に悪くなっていました。道理で怖いはずです。
 これはエアクリを、干渉しない形状のパワフルパワフィルに交換する方向で解決策を探ります。当然燃調にも影響がでるので、今後の課題として残しておきます(笑)。

 そして、首が2センチくらい伸びたため、リトルのアクセルワイヤーのままでは若干短いようで、左にハンドルを切るとアクセルが引っ張られました。つまり、エンジンをかけたまま、停車しようと左にハンドルを切ると、意に反してエンジンが回り、走り出しそうになっていたのです。
 さすがにこれは重大な問題なので、数センチ長いカスタムのアクセルワイヤーと交換しました。

 遊びの調整も終わり、エンジンをかけて見たところ、メーター周りが変・・・ニュートラルが光りません。
 うーん・・・ウィンカーをあげても弱々しく光るだけで、エンジンの回転数をあげると正常な感じ。
 ・・・何やらかしたかなぁ・・・。

08111303.jpg
 あえて言うなら、ここ数日ハンドル周りをいじってたから、こんなになってる処もあったのね・・・。
 取りあえず見なかったことにするんだけど(苦笑)。

 で、電気系の不調の時は、やはりフューズを確認!
 切れてる(笑)。
08111301.jpg
 ま、フューズが切れた原因は多分「経年劣化」でしょう(笑)。

08111302.jpg
 となりに予備フューズが入っているので早速交換。
 すこぶる快調。アクセルワイヤーの問題も解決して、オールクリアです!

 ちなみにこのフューズ管7Aで、純正部品 98200-10700 ですが、今時管フューズはメズラーらしくて、ウィングドリーム店にはありません(お取り寄せ部品)でした。
 別のショップで売って貰いましたが、50円程度のものなので予備は持っていた方が良いかも知れません。
 ちなみに、ホームセンターやカー用品店には、適合するサイズ・規格がありませんでした。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

悲しくなって・・・

 カブに乗り始めて半年が過ぎ、色々なサイトのお世話になっています。
 多分ここまでカブにのめり込んでいったのは、沢山のカブ好きさんのオーナーサイトを眺め、あれこれ妄想してきたからだと思うし、半年を雪で閉ざされる広い北海道に住んでいる限り、なかなか同好の士に巡り会えないから、なおさらネットの存在は大きいです。

 そんな中、このちっぽけなブログサイトからリンクさせて頂いている、僅かなリンク先で
10月4日 ハルカさん かぶてん号盗難
10月2日未明 ツッカーツァイトさんのお友達 新車のC90盗難
11月11日 瀬田さん カブロウ盗難
と、盗難事件が相次いでいます。

 盗難車情報.com と言うサイトがありますが、北海道でも、隣町の札幌市でリトルが盗まれたりしています。

 他人から見ればタダのバイク(大量生産の機械)かもしれませんが、オーナーになってから窃盗に合う直前まで、楽しかったこと、苦しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと・・・オーナーの想い出が詰まった「大切な相棒」なのです。

 バイクは機械であり、生き物ではありませんが、部品の一つ一つまで想い出が詰まった掛け替えのない相棒であり、代替品を買えば済むというものではありません。
 想い出を失うと言うことは、可愛がっていたペットを失うことや、大切な家族を失うことと同義であり、その想いを自分に当てはめてみると、怒りより悲しみが勝ってしまいます。

 バイクが機械である以上、生き物とは本質的に違うところがあります。
 一つ一つの部品にまで、オーナーのこだわりや想いを詰め込めるのです。ペットやひとは、一方的な独りよがりを拒否することがありますが、機械は拒否することはありません。
 それゆえ、オーナーによっては「単なる道具」である場合もあるし、ヒト以上に可愛い「誰よりも大切な相棒」である場合もあるわけです。
 そして、「大切な相棒」との別れはオーナーが望まない限り、「事故」か「盗難」でしか起こりません。
 盗人には、こんな気持ちが分からないのでしょう。

 どうか少しでも早く被害者の皆さんの元へ、想い出の詰まった愛車が無事に戻ってきますように

 加害者に天誅が下りますように。(天罰では済ませたくない。)

カブ次郎(仮)の反抗期

 はい、と言うわけで カブ次郎(仮)となりました。

08111101.jpg
 まさか14インチが付かないとは思いませんでした。目論見が外れました。

 【目論見解説】
 ① リトルにカスタムのショックを移植。14インチアンチリフト化。
 ② カスタムにCD系フロント移植+CD系ブレーキパネル。17インチテレスコ化。

 ・・・だめじゃん。

 【新たな目論見解説】
 ① リトルにカスタムのフロント移植。
   17インチ+14インチの「モトクロス風~径違いタイヤ」(メチャこじつけ)。
 ② カスタムにCD系フロント移植+CD系ブレーキパネル(14インチギヤと交換)。
   14インチ+17インチのクイック&スピーディーなシティバイク(更にこじつけ)。

 慣れかも知れませんが、すごく使いづらいバイクとなりました(苦笑)。ハンドルの切れが悪い。
 ただまぁ、アンチリフトアップの効果は本物で、ブレーキングでフロントは沈みます。あの、ぴょこん感は何処へ?って、感じです。

08111102.jpg
 これは「ポン付け」状態で、これでも走れますが、次々とトラブルが発生しました。
 改めてメーカーの製品という敷居が如何に高いか、ワンオフカスタムショップの腕が判るかが体験出来ます。時間(と経験)と金が掛かります(苦笑)。

 カブ次郎の足回りは「リヤサス強化」と「フロントサス塗装」くらいの予定で、カブ太郎のフロントが決まるまでは、現在の塗装を残して(仮)状態です。
 何時(仮)が取れるんだろうか(笑)。

 ちなみに「首」が長くなちゃったので、繋がりが切れちゃって、一体感が無くなりました。
 その辺も何とかしたいところです。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

アンチリフト機構をボトムリンクに装着したリトルはいない。

 結論です。
 14インチのホイールでは、見てのとおり無理です。
08110910.jpg
 タイヤに当たっちゃいます。そうかぁ、だから誰もやってないんだぁ
 ちなみに、昨日ヤフオクで50カスタムのフロントサスだけが出ていましたが、ブレーキパネル無しでは、他のカブシリーズのブレーキパネルの回転を止める溝がないので、カスタム以外では使えません。純粋に補修部品ですな。

08110901.jpg
 昨日夕方に入荷したSSTさんです。アストロプロダクツさんで安く入手出来ました。
 色々な計らいありがとうございました。3000円でお釣りが来ました。

08110902.jpg
 早速使ってみました。ピッタリです。

08110903.jpg
 ラチェットを壊しそうなので、エクステンションバーで回します。回りません。

08110904.jpg
 欠けだしました。やばいッス。
 本当はインパクトはダメだ!って、説明書には書いてあるのですが、もはやインパクトに賭けるしかありません。動きません。ダメです。動きません・・・あ、回った!サスガ!インパクト!

08110905.jpg
 スクエアソケットを買ったので、他のボルトにも、インパクト攻撃を喰らわせることが出来るようになりました。はっきり言って、インパクトなしに旧車はばらせません。

08110906.jpg
 で、新たなトラブル発生。
 何かが咬んだようで、カブ次郎のステアリングヘッドトップが回らなくなりました。
 正しい対応は、抵抗があった時点で回転を戻し、充分な清掃をして引っかかりが無くなるまで清掃を繰り返す・・・はずです。咬み込んじゃうと、今回のように取り返しの付かないトラブルに発展します。
 もう自棄になって、ネジ山を削ってますが、全部削るのも大変だし・・・

08110907.jpg
 パイプレンチ登場!
 基本的にD・I・Yオヤジなので、水回り工具から弱電工具まで、それなりに安物を持っています(笑)。
 作戦としてはカブ次郎のフロントフォークは不要品となるので、「ま、良いか」で強引に外します。
 体力使いました(笑)。

08110908.jpg
 左リトル(カブ次郎 53220-GCN-000)、右カスタム(カブ太郎 53220-041-010)のスレッドCOMP、ステアリングヘッドトップさんです。
 当然?カブ太郎のパーツを移植します。

08110909.jpg
 とにかく、14インチでアンチリフト機構をボトムリンクに装着することは、不可能だと言うことが判りました。
 疲れました。(苦笑)

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

オーディブルパイロットASSY 38400-198-711 在庫無し

 昨夜から今朝にかけて、平地でも雪が積もりました。
 最低気温は-2.6度、夕方にかけて寒さが弛み、今は5度くらいですが、やはり寒いですぅ。

08110801.jpg
 さて本日は、こんなパーツ(ハンドルクッションアッパーラバーさん)は使えないので、パーツリストとにらめっこしながら、必要な交換部品を探して注文しに行きます。雪が降ってるし、寒いので徒歩。
 まぁ、電話やFAXでも良いんでしょうが、一日中家に引きこもってるのも性に合わないので、カブ見学を兼ね外出。CD系とステムの形がそっくりな、郵政カブのハンドルストッパーの構造は、CD系フロント移植でバーハン化している多くの方がやっているように、フロント側に凸型の金属が溶接されていました。
 まぁ、もちろんこれは製造時にそうしているわけですから、標準タイプと言っても良いでしょう。今日はカメラを忘れたので写真無しですが、今後のために(溶接をお願いする時とか色々あると便利そうなので)そのうち撮影しようと思います。
 カブ太郎も溶接しかないかなぁ。

 で、必要なパーツ番号を印刷した紙を手渡し、パーツを注文してきましたが、いかんせん昭和のマシンですから欠品がないか気がかりでした。
 中には廃盤となるパーツもありますからねぇ・・・。
 で、タイトルのとおり。
 普通、同等品や番号の変更があれば、コンピュータが近い番号のものを検索して出すらしいんですが、どうやら「カッコンカッコン」鳴るパーツは、メーカーには既に無いらしい。
 リトルから取り外してお暇を与えているパーツは音が小さいし、50の一般カブとリトルのパーツナンバーは同じだし、プレス用・MD用のパーツリストは無いので確認出来ないし、素直にカスタムのブザーを付けるしかないみたいです。
 うーん、残念。オークションで値が上がるかも(笑)。
 そもそもCD50には付いていなかったようですし、ある意味豪華装備(笑)ですね。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ちまちまと

 寒くなってきました。外は雪です。

 で、先週末のチマチマした作業の経過発表。
 今回のメニューは「フロントフォークアンダーカバー短縮」です。

 現在カブ太郎のフロントは、CD50とCD90の混成部隊・・・「混成部品」で作成中ですが、無償で頂いたフロントは事故車のもので、野外に長期間放置されていたため、そのまま流用とは行きません。
 なんだかオークションでチマチマ揃えてますが、思いの外お金が掛かるので、いっそのことフロント一式を5万円以下で買うとか、中古の実働車を8万円以下で買う方がお得かも知れません。

08110700.jpg
 こちらは、一旦捨て掛けた「L.フロントフォークカバー 51345-031-020B」さん。
 下端がサビ落ちているし、キジマさんのブーツカバーを付けたいので不要と判断したのですが、フロントフォークアッパーカバーとペアである必要があるようで、ステムを上下に挟まないとアッパーカバーが遊ぶと言うことが判明。
 だからといって、この状態ではあまりにみすぼらしい。
 
08110701.jpg
 おまけに、内側もこんなにサビサビだし、オークションでは千数百円~数千円で落札可能な部品です。
 年式の新しいものだと「黒」ではなく「クロムメッキ」で見栄えも良いし、お手軽。
 
08110702.jpg
 でもねぇ、フロントフォークが細いんで、貧弱なパイプを隠したいんですよ。そのためにはアッパーカバーを活かして(あ、アッパーカバーは変形してたので各種実験台に饗されたうえ廃棄処分となり、利用予定は落札品です。)ライト周りを作りたいし、ブーツカバーも付けたいとなると、切るしかねぇな・・・と言うわけで作業開始。
 傷つけたらやばい部分は、ビニテとか巻いて保護しておきましょう。手元が狂うことは間々あります。
 写真は屋外作業ですが、この後「雨」の所為で自室にこもっての作業。
 電動工具なら楽勝ですが、部屋の中で使うのは無理ですから、これでいいのだ。

08110703.jpg
 小一時間で切断終了。
 この長さでブーツと干渉するのかどうかは今の時点では判らないです。
 が、取りあえず良しとしておきます。
 また、切断に伴い「バリ」が出ますから、この時点で「ダイヤモンドヤスリ」などを使ってバリを落としておきます。「ダイヤモンド」と言っても、工業用の屑ダイヤで、ヤスリ自体は100均で手に入りますから、適当に揃えておくと便利です。

08110704.jpg
 突起部を除くと「約5センチ」に短縮。
 何でも剥がしてしまう「ワコーズ・リムーバー」で塗装を剥離した後、パーツクリーナーで綺麗にした状況です。内側に塗装やサビが確認出来ますが、塩酸処理するので心配無用。

08110705.jpg
 こんな部分のサビ取りは電動工具では無理だし、ブラシ掛けも気が遠くなります。
 サンドブラストが出来るならベストですが、やはりケミカル処理が一番手頃だと思います。

08110706.jpg
 サンポールもどき一日漬け。

08110707.jpg
 その後、重曹水(アルカリ)一日漬けして自然乾燥。
 少しサビが出てますが、この程度なら「リン酸」処理で対応出来ます。

08110708.jpg
 手ぶれで見づらいですが、中もこのとおり。ケミカルパワーです。

08110709.jpg
 とは言え、多少のサビ系粒子は残るし、こういったものを残すとサビの再発に繋がります。

 この時点では「素材作り前編」的な感じです。
 この後「リン酸処理」「亜鉛塗装」「プライマー処理」「下塗り」「上塗り」で完成です。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

あっと言う間に売れてしまったのでしょうか・・・

 11月3日・・・二日前の記事に「MD70がオークションに」って書いたのですが、オークションからもなくなり、店舗のHPに掲載されることもありませんでした。
 同じショップから、CM125Tが無限ループのように、繰り返し出品されているのを知っているので、ちょっと驚きです。

 カブに乗るまでは、正直蔑んで見ていた「払い下げカブ」ですが、好きな時に買えるものではないと言うことは知っていたけど、ちょっと変わったカブ系の単車をもう一台・・・と思うと、やはり最有力候補の一つです。可愛がってくれるオーナーさんに拾われていることを望んでいます。

 カブ太郎購入前なら、絶対に電話掛けまくって、翌日(昨日)契約しに行ってたと思う(苦笑)。

 「すみません。本日有給にしてください。急用が出来まして。」
 「何かあったの?」
 「あ、不幸とかじゃないんですが、どうしてもケリを付けたくて。」
 「もしかして・・・?」
 「あ、カブを購入する契約をするだけです。いや、用件が済めば出勤するのはやぶさかではありませんが・・・。営業時間とかの関係で、半休では無理です。午後は必要があれば出勤出来ると思いますけど・・・。」
 「・・・いや、判りました。休んでください。何かあれば連絡しますけど。」

 こんな会話が出てたんじゃないかなぁ(笑)。
 カブ次郎の時は「定時退社→契約」、カブ太郎の時は「有給休暇→契約」だったから。

 イエローカブ・MDカブ・・・今後も注目してます。
 エミリ125・・・密かに注目してます。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

巡り会いは【縁】ですなぁ・・・

 いやぁ、MD70がオークション出でました。

 しかも、先月お邪魔した、札幌の「森林堂・ローマMC」さんからの出品。
 確か、2ヶ月くらい前にヤフオクに出ていたバイクのはずなので、何かの繋がりでこうなったんでしょう。
 正直「5万」なら気分的には「即買い」ですが、現金がない(笑)。買えない(苦笑)。
 カブ太郎を稼働させる整備費を考えると、2台分は当然無理だし(笑)、縁が無かったんだなぁ・・・と、素直に思います。時期が悪いよなぁ・・・。

 カブ次郎、カブ太郎が兄弟船?で稼働するようになったら、【カブ三郎】が居ても良いかも知れません。いや・・・ホントは、エミリ姉さんが「欲しい」という意味では、カブ三郎はいらないんですが(笑)。

 今日は「金鋸」使ったり、塩酸処理したり、充実した一日でした。ハンドメイド(笑)!
 家に引きこもりがちになる、初冬の三連休の最後を飾る(笑)この「ショック」について、ムダに書いてます(苦笑)。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

イグニッションコントロールモジュール (C.D.Iユニット)

 カブ太郎からの移植シリーズですが、今回はカスタム系のC.D.Iユニットを3速リトルに移植してみました。

 ネット情報では、4速系のCDIを3速系に、またその逆もポン付けでは動かないようです。
 とはいえ、とりあえず「ポン付け」してみました。
 やっぱり動きませんでした。

 で、色々なサイトを見てると、CDIユニットは交換するとしても、社外品のレーシングタイプのCDIと交換するのが一般的で、いじらない人が多いようだし、3速系のCDIに4速系を組んだ例は見あたりませんでした。
 まぁ、理論的には進角が少なくなる組み合わせなんで、パワーダウンが予想されるし、メリットなさそうです。やるとしたらカブ90用、若しくは100EX(タイカブ)用を流用でしょうね。

 まぁ、一応実験と言うことで、やってみました。

08110301.jpg
 カブ次郎のCDIユニット。進角27度固定です。

08110302.jpg
 カブ太郎のCDIユニット。でかいです。一応収まりますが。
 まぁ、「でかいからエライ」とかというものじゃないようです。
 このCDIは、1700回転で進角11度、3100回転で進角22度まで進み、7700回転で進角20度まで退角するというものらしいですが、3速カブより進角が少ないので、アイドリングが安定する可能性と、スピードの乗りが悪くなる可能性があります。
 どう考えても、あんまりメリット無いです。

08110303.jpg
 コネクタの爪が1本少ないのは、4速検出用のラインの有無のためらしいです。いわゆる「ピンクラインカットによるリミッター解除」で出てくるラインの接続場所です。
 4速の検出がないので、20度まで退角するのかどうかは、私のアタマでは理解出来ません(苦笑)。どういう仕組みで進角するのか理解出来ないので、判るはずがありません。間違っても質問しないでください(笑)。

08110304.jpg
 エンジンを動かすためには、黒/白と黒/赤のラインを変更する必要があるようです。

08110305.jpg
 組み込まれていると判りませんが、このような爪で引っかかってますので、この部分をマイナスドライバーなどで押してやると簡単に外れます。

08110306.jpg
 もっとも、小さなパーツですから、精密ドライバークラスが必要です。

08110307.jpg
 配線の変更も終わったので組み付けです。元に戻す時は、もう一度変更する必要がありますから、まぁ、メモみたいなものです。

08110308.jpg
 大きさが違うので、リトルのカバーで大丈夫だろうかと思いましたが、特に支障なし。

 当初の推定どおり、アイドリングを少し落としても非常に安定しています。以前なら回し始めは、よくエンストしてたんですが、止まりそうな気配にならない。
 早速走りたかったのですが、一時雨のため天候回復を待ちます。

 小一時間ほどで雨も上がったので、近所を走ってきました。
 感想としては、低速域は極めて安定してますが、高速域は明らかに「まったり」してしまいました。
 ひょっとしたら遅くなってるかも・・・(笑)。
 結構好きな感覚なので、しばらくこれで行きます。これはCDIが「あるから使っている」って感じで、お勧めは出来ません。
 ただ、本当にアイドリングは安定しました。吹け上がりも素直で、MJが合えば結構燃調も良いカモって感じです。今後2台のカブへの取付を、純正で行くのか、サードパーティ製か、C90用か悩むところですが、可変進角のCDIのイメージが判っただけでも儲けモンかも知れません。

08110309.jpg
 で、カブ次郎ですが、本当に寒くなってきたのでハンドルカバーを付けました。

08110310.jpg
 あまり格好の良いものではありませんが、寒くて凍えるよりはマシです(笑)。

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

パイロットCOMP オーディブル

 最近は慣れたものの、カブ次郎のと言うか、リトルカブのウインカーの「カチカチ音」小さすぎ。
 50の時も、しょっちゅうウィンカーを出したままでしたが、スクーターのように「ピ!ピ!」と鳴ったり、MDみたいに「カッチカッチ」と鳴って欲しい。

08110210.jpg
 資料映像 MDの「カッチカッチ」なるやつ。
 で、家にはカチカチ鳴りそうなものがあります。

08110201.jpg
 ↑これ。
 やっぱ付けてみたくなるでしょ?

08110203.jpg
 リトルカブの場合は、ヘッドライトを止めてあるネジ二本を外せば、あっという間にアクセス出来ます。
 ほとんど役に立たない【パイロットCOMP オーディブル 38401-187-701】さんと、【サスペンション38402-GC1-000】さんのペア。

08110202.jpg
 セットで買えば、1500円位するようですが、今日でクビです。しばらくお暇を与えます。

 で、早速アレを付けてみましたが、Orz・・・6V用だったのでダメです。
 まぁ、付くには付くんですが、ウインカーが通常の倍くらいのスピードで点滅します。
 規則上、毎分60~120回の点滅であれば良いのですが、130~140回くらいの勢いで点滅します。
 音は良いんだけどなぁ・・・。倍の電圧に応じて、「しっかり倍の仕事」をしてくれることに感謝すべきなんでしょうが、お巡りさんに「整備不良」で停められそうなので却下。

08110204.jpg
 そう言えば、カブ太郎についていたヤツがあったと思い出し、家中を探します。ありません。
 工具箱を探します。ありません。
 車の中を探します。ありません。
 ハンドルをばらした時に、もしかして、元通りに組む場合のことを考えて、撮っていた写真が上の写真。
 ハンドルや取り付け金具は家で発見されたのに・・・無いはずがない。とは言え、発見出来ない。

08110205.jpg
 雨が止んだので、すがる思いでカブ太郎のハーネスを見てみると・・・ありました(苦笑)!
 外さないでいたんだ・・・。
 ちなみにこちらは 【ブザーCOMP・エレクトロン 38401-GC8-003】さんと【サスペンション・エレクトンブザー 38402-GB4-680】さんのペアです。お値段は2500円程度でしょうか?やっぱり、ちょっと高いみたいです。
 取り付け角度が違いますが、面倒なのでそのまま付けます。サスペンション(単なるゴムの台座ですが、このように記載されてます。)を入れ替えると、多分元のように付くと思いますが、入っちゃうんでそのままです。

08110206.jpg
 ただ、問題が一つ。音が鳴りません。
 リトルのが2本線なのに対して、こちらは3本線になっていて、緑のラインを繋がないとダメなんですね。薄々そうじゃないかと思っていましたが、あとで調べたら緑はアースです。ホンダさんの場合は、緑の大地ですなぁ。
 とりあえず、分岐している緑のハーネスに突っ込んで、分岐コードを買いに行きます。
 取りあえず上手く接触しているようで、ウインカーと連動して「ピッ!ピッ!」と鳴ります。うーん、これは良い。ちょっと自慢出来るな。
 カブ太郎用には「カッチカッチ」鳴る、違うものを買ってあげよう。お金がある時に。

08110207.jpg
 一本で良いのですが、探すのも面倒だし、2本入り購入。300円くらい。

08110208.jpg
 これで分岐すれば、しっかり取り付けることが出来ます。

08110209.jpg
 しっかりと収めて、ヘッドライトを付けて、ネジを2本締めれば完成。

 さすがにフルパワーで走っていて、車線変更の時には聞こえませんが、信号待ちの時は良いですねぇ。
 ちゃんと聞こえるし、ウインカーを消し忘れ、あわてて反対にウインカーを出すのを防げます。

 つーか、プッシュキャンセラーくらい、つけて欲しい。
 が、カブのスイッチはそもそも異端らしいけど、生産数から考えても、今更変えられないのかも知れませんなぁ。ある意味スタンダード。
 100EXがあまり売れなかった?のは、もしかして新型だから?
 カブ以外のバイクに乗れるんだろうか?←オレ

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

今日はネタがあります。

 本日の小樽市 最高気温 11.4度 最低気温 4.9度

 何日か前の天気予報の豆知識コーナーで、気温10度で60キロで走った場合、体感温度は-7度とか言っていた。寒いはずだ。
 ちなみにお天気ネーさんから、話題の引き合いに出されていたのは
 時速15キロ=自転車・時速30キロ=原チャ・時速60キロ=【ウマ】(笑)
 ウマって時速60キロで走るんだ・・・って思いました。(脳裏には「暴れん坊将軍」の白馬が・・・(笑))

 3連休初日の本日は、折角の晴天だが、相変わらず工具がないのでカブ太郎は出番無し。
 秋晴れと言うよりは、完全に冬囲いの日。寒いです。

 寒いと言って、家でゴロゴロしているのも勿体ないので、札幌の大型ホームセンターへ行ってみたところ、タイカブ発見。
 と言うか、「あ、カブだ・・・?ピンクナンバー・・・90ボアアップか??・・・???初めて見るカブだ・・・?ドリームか?あ、カスタム100って、あの100EXかぁ!」と言った感じで、初めて見ました。
 なんかもう、オーナーさんが帰ってくるまで、待ってようかと思ったくらいですが、あまりにも怪しすぎるので止めました(笑)。
08110101.jpg
 グレーメタリックの車体にマッチした、アイリス「カギ付き」ボックス。グレーは初めて見たけど、売ってるのかなぁ。

 で、カブ次郎の方はと言えば、めでたく「1万キロ達成」です。

08110102.jpg
 7月29日にボアアップを終了しているので、ほぼ3ヶ月で1万キロ・・・どんだけ走ってんだか。

 その間、色々なことがありました。
 やっぱ、東北旅行での雨のエンスト事件と、ヘッド交換後エンジンを壊した事件がトップでしょう。楽しいこともいっぱいあったんですがねぇ。

 別にマゾとか自虐趣味はありませんので、トラブルが無いに越したことはありませんが、トラブルと、それを克服して得る満足感とは表裏一体ですし、克服出来た時の喜びはひとしおですから、これからも色々やってみたいです。
 今年は「カブ元年」だから、失敗も多かったけど、その分経験値も上がってるから、もっと色々やりますよ。ただ、夏休み特別企画で掲げた「死なない、怪我しない、事故らない」の目標は、ずっと守っていきたいです。

 そう言えば、札幌からの帰り、午後2時半頃、張碓トンネルを出たところで、爆走して札幌に向かう「シャリー」っぽいのをお見受けしましたが、ひょっとして「チビ太」さん?でした?もう一かたとプチツーのようでしたが・・・
 以前「追っかける」と書きましたが、寒くて死にそうだったので、確認は諦めました(笑)。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

かぶじろう

Author:かぶじろう
 このブログは かぶじろう を名乗る管理人の平凡な日常を淡々とまとめたブログです。
 カブなどの小型バイク、駅巡りなどの鉄道関係、道の駅などのドライブ、美少女系アニメなどの萌えオタ、ラーメンやソバなどの麺類、温泉巡りやキャンプ生活・・・平凡な内容です。
 過度な期待はしないでください。

 コメなんか頂くと喜びます。

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
10 ≪│2008/11│≫ 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも一覧

■ ブログ名:バイクに乗ったおやぢ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールでも・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

お天気
予言だyo!
禁煙