来年もよろしくお願いいたします。

 お世話になった皆さま。本年はありがとうございました。
 来年も本年同様、よろしくお願いいたします。

0802.jpg
 2008年は人生に於いて、相当記憶深い年となりました。
 その始まりはこの一枚の紙だったのかも知れません。
 楽しい想い出を残してくれたし、そして、これからの希望も繋いでくれる相棒となってくれました。今や、兄弟(笑)も居候しています。

0801.jpg
 親が老けていくように、子が成長してゆくように、Myカブも変わっていきます。
 親が何時までも健在ではないように、ある日廃車になるかも知れませんし、事件事故で手元から離される日が来るかも知れません。悲しいけど、あり得ることです。
 この写真は、稚内へカブで凱旋?し、東北5県を回って帰ってきた時の「カブ次郎」です。箱の上には交換用のエンジンオイル「G2」が載ってます。1000キロを超える旅です。相棒には頑張ったご褒美が必要です。でも、このフレームが同じ出で立ちでボクと旅に出ることは無いでしょう。

 「カブ次郎」そして「カブ太郎」も、姿形が変わっても、きっと旅の相棒として、新しい発見や、新しい出逢いや、新しい経験をこれからもさせてくれると思います。
 「寅次郎さん」と「腹巻き」のように、欠かせないツールとして側にいて欲しい存在です。

 大晦日。元日イブではないらしい・・・。
 年越しまで起きてないと「白髪が出たり、シワが増える」らしいですよぉ。

 でもホント、色々なヒトに「ありがとう」です!
 来る年が(ボクにとっては当然に、そして)皆さまにも良い一年でありますように!

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

お見逸れしました・・・

 はい、大晦日です。
 ちょっと色々あって身動きが取れないのですが、天候も最悪です。

 ある程度雪が積もっちゃってからの雨とか、これから確実に寒くなる時期の暖気は最悪。
 去年なんかは、めっちゃ晴天の元日を迎えましたが、今年は厳しそう。

 そんな中、秋田県からフェリーに乗って、宗谷岬まで到達した方がいらっしゃいます。
 今年の夏の東北巡業でお世話になった、「バイクに乗ったおやぢ」のmAm23さんです。
 途中で死んだんじゃないかと思いましたよ。流石にカブではなく、カワサキのKLX(雑草君)での渡道ですが、今ライブでテントですよ。風速15mの中。
 ですなぁ。しかもセコンドステージ!

 無事にお戻り頂くこと、祈念しております。

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

大晦日イブ

 帰ってきたら、すっかり「大晦日イブ」になっていました。
 今回はおっさんの二人旅なので、やはり安着祝いで盛り上がり、ブログ更新には・・・です。
 まぁ、次回予告的な意味で更新します。

08123001.jpg
 見てのとおり。

08123002.jpg
 長万部。東室蘭行き。乗車中のおっさんが同行者。

08123003.jpg
 東室蘭駅。見にくいですが、ローカル苫小牧行きの案内。

08123004.jpg
 サボ(車両の側面に行き先を明示するサイドボードの略らしい。分割・併合・切り離しがある列車の場合は重要な意味を持つ。)のとおり。ただし方向は 苫小牧→岩見沢。

08123005.jpg
 岩見沢駅。小樽行きの案内。 

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

ネタに困ってます。

 いっそ昨年年末に積み残した仕事を、こっそり処理した方が良いような気もするのですが、休みの日に仕事しているのを見つかると怒られるので、夏場には絶対にしない掃除や洗濯で時間を潰して休んでます。
 ヒマなので、行きつけのサイトでやたらコメントを撒いたり、知り合いに酔って電話して、ひんしゅくを買ってますが、ピカールのフタも見つかったので良い年越しが出来そうです。

08122901.jpg
 今日の小樽は曇りです。ほとんど雪が降らなかったおかげで散歩が出来ます。

08122902.jpg
 別に昼間から酒を飲んで車に乗れないとか、午後になっても二日酔いで車の運転が出来ないと言うのではありません。車で行きたいところがないのと、徒歩で行けるところも、十数年も行ってないと、結構変わっているというのが新鮮なので、しらふで歩いてます。
 駅前のスーパー「長崎屋」は、年末の買い出しのご年輩の方々で動けないほど「めがっさ」混んでましたが、昔ながらの小樽中央市場へ、それこそ十数年ぶりに足を踏み入れました。
 店舗自体は6割くらいが営業していて、残り4割はフリースペース・・・。
 そんな一郭が、こういったスペースや、行商の記録なんかの紹介スペースとなっています。

 十数年前には「いらっしゃい!お兄さん!良いカニあるよ!どうだい?魚も選り取りみどりだよ!」なんて、ありがちな売り文句に閉口したんだけど、押しが弱くなってました。
 もはや、(飲食店や特定の)お得意さん意外は冷やかししか居ないんでしょうか?
 それでも、賑わっているお店の接客案配や、お得意さんと膝をつき合わせて世間話しているお店など、スーパーでは絶対に見れないモノも見させて頂きました。
 モノを見る目があるとは思わないのですが、スーパーより割安なモノもありますなぁ。

08122903.jpg
 そんな店の裏にカブ。
 仕事に出ることも少なくなっているようですが、スパイクタイヤ装着で何時でも働けそうです。
 働きたくて、働けるのが一番。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

駐車場

 相変わらず寒いです。外は雪です。
 本日壊れたモニターをPCリサイクルで発送するため、郵便局へ行きました。

08122805.jpg
 本日の小樽はこんな感じですよ。
 時々吹雪いて前が見えなくなります。こんな中、屋外で整備する気になれません。当たり前です。

08122801.jpg
 で、小樽郵便局ですが、何故か「カブオンリー」の駐輪場となってました。
 北海道の冬、「ジャイロX」などの倒れない原付三輪がいるのは比較的よく見るのですが、カブオンリーってどういうコトさっ!(笑)

08122802.jpg
 青山じゃないですよ。小樽です。
 当然、イベントでもありません(笑)。普通の郵便局ですよ。

08122804.jpg
 スパイクタイヤです。ちょっとくたびれてますね。

08122803.jpg
 こちらは比較的新しいです。

 ほかの三台は、多分ノーマルタイヤ。多分というのは、一台はスタッドレスのような気がしたため。
 流石にチェーン装着車はいなかったので、お仕事で乗用しているわけではなさそうです。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

カブ次郎の憂鬱

 寒さで野外活動がおっくうな「かぶじろう」です。

 なに気に、改造途中のカブ次郎の写真を見ていて、憂鬱が一つ。

 無理矢理レッグカバーは付けましたが、センターバックが付くかどうか怪しいことに気付きました。

08122109.jpg

 レッグカバー仮付けの時点では、トップカバーセッティングステーさんを無視(外したままに)して、合成樹脂の弾力を利用し、フレームに直付けしてましたが、通常の取り付けではステーさんの中央のメス穴にボルト付けする取り付け方法だし、カバー自体も後退してるので、センターバック危うしです。

 うーん。カブ次郎に付かなかったら、カブ太郎用にセンターバックうえに、Dバックを載せれるようにする必要があるなぁ。塗色の問題もあるし。
 いずれにしても、現場合わせが必要みたい。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

旅メモ

 前回の山線時計回りコースのメモです。

小樽 06:50 発 江別行き 137M
 → 札幌 07:38着
・33.8km
札幌 07:54 発 苫小牧行き 2734M (始発 休日・手稲)
 → 苫小牧 09:13着
08122403.jpg

苫小牧 10:07 発 東室蘭行き 432M
 → 東室蘭 11:09着
08122404.jpg

東室蘭 11:16 発 室蘭行き 1432M (札幌~東室蘭間 1032M すずらん2号 09:52札幌発)
 → 室蘭 11:27着
・136.2km
08122405.jpg

室蘭 12:12 発 札幌行き 1435M (東室蘭から 1035M すずらん5号)
 → 東室蘭 12:24着
・7.0km
08122407.jpg

東室蘭 13:45 発 長万部行き 478D
 → 長万部 15:21着
・77.2km
08122409.jpg

長万部 16:27 発 小樽行き 2947D
 → 小樽 19:19着
・140.2km
08122414.jpg


 営業キロ合計 387.4km → 6,610円
 4,570円のお得!

 酒は飲めないし、冬じゃ無謀ですが、カブなら多分1,500円くらいで回れるだろうな。

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

クリスマスで外は賑やか

 やはり風邪を引いて、喉鼻が不調。体調不良なオヤジです。

 クリスマスを祝う花火や、クリスマスを演出するSL列車が奏でる汽笛が外では響きます。
 我が家では、クリスマスと言っても特にイベントもないようです。だからといってケーキのホール食いは、激しく胸焼けすることを知っているので、そう言った自棄食いに走ることはしません(笑)。
 外は賑やかでも、平凡なクリスマスイブを過ごしています。
 その代わりとは言えませんが、天皇陛下のお誕生日には、非日常的なプチトラベルを楽しんできました。

08122401.jpg
 時々列車に乗りたい病が出るので、今回は右回り(時計回り)で遊んできました。
 一日乗って2040円です。鉄道好きにはもの凄くお得です。その日一日使い切りだし、自動改札機もオッケーですから煩わしさがほとんどありません。
 「青春18切符」のように無理して予定を組まなくて良いですから(笑)、上手に使えばいいと思います。

08122402.jpg
 小樽駅を出発して、まずは札幌へ向かいます。
 駅を離れるにつけ、暖房で暖かくなっちゃって思わず寝ちゃいました。

08122403.jpg
 札幌で一服し、次の列車で苫小牧まで進出。通しで乗車するヒトは殆どいません。
 9時過ぎに苫小牧へ到着するのですが、駅の周りの商店街は10時開店が多いので、暇つぶしが大変です。

08122404.jpg
 苫小牧からは東室蘭行きに乗車。
 赤い711系は北海道電車の顔でしたが、過密ダイヤの札幌圏からはじかれ、地方で活躍中。
 奥のディーゼルカーは日高本線専用塗色のキハ40系。様似まで往復するってのは、以前リゾート列車でやったので今回は行きません。

08122405.jpg
 東室蘭からは室蘭行き普通列車。
 とは言え、開発当時はスーパーホワイトアロー専用に開発された特急用車両で、781系が去年10月に引退したため785系が充当されております。
 室蘭~東室蘭間は「全車自由席」となるところ。札幌近郊では特急→快速にランク落ちしてもuシート(ちょっと豪華なグリーン車風の座席)は指定席として設定され、料金も必要なのですが、この区間だけは料金不要の自由席です。

08122406.jpg
 普通車自由席車内はこんな感じです。
 ガラガラですねぇ。

08122416.jpg
 こちらは「uシート」用の座席。片側2列の4列シートなので、今流行の在来線用3列シートのグリーン車用には劣りますが、モノクラスの編成と違い、指定席にちょっと優越感を感じます。
 
08122417.jpg
 こちらは単座の「uシート」。
 オットマン(足乗せ台)こそ付きませんが、パソコン用の100V給電設備もあり、短時間利用では割高感を感じるグリーン車と比較して、客室乗務員のサービスもない、2時間程度の運転区間しかない列車では、とても良い合理的な装備だと思います。

08122407.jpg
 室蘭から東室蘭までは折り返しなので当然同じ列車。僅か12分ですが、uシートで戻ります。
 12分で300円とかの料金を取らないJR北海道の決断に、エールを送ります。「エライ!」。

08122408.jpg
 汽車旅と言えば「みかん」かな?
 ちなみにワタシは「ヘタ」側から剥く派。
 
08122409.jpg
 東室蘭から長万部まではキハ40系とキハ150系の2両編成。沢山の高校生が乗車。
 そんななかで、推定50代の役員風の方と、推定20代前半の女性が乗車してきて、ボックス席の目の前へ。確か室蘭行きの普通列車でお見受けしたので、お話を伺ったところ、やはり、一日散歩切符での時計回りプチトラベルとのこと。いやぁ、いるモンですなぁ。小樽までは同行決定です(笑)。
 洞爺を過ぎると学生も減って、ワタシは後ろの車両へ。乗客3名(笑)。

08122410.jpg
 長万部でも1時間ほど時間つぶしが必要です。
 風邪でなけりゃ、温泉も良いのですが、今回はパス。

08122411.jpg
 ローカル線の夜汽車の雰囲気タップリです。
 まぁ、エアコン付き密閉窓で、2重窓の旧式車両慣れしている目には、充分近代的でもあるのですが。

08122412.jpg
 喫煙・飲酒当たり前だった頃の夜汽車を知る身には、やはり欠かせないかな。
 時代の流れがあるし、ちょっとだけ抵抗感があるのですが、それは、タバコ飲みや酔っぱらいが、公衆の面前から少なくなったからでしょう。
 
08122413.jpg
 倶知安では一服出来るだけの停車時間があり、まさに小休止。
 お互い特に名乗りもしなかったのですが、写ってるお二人が札幌から回られているお二人。
 シャッターマンをお願いされたので、快く承諾。
 まぁ、性別は違うモノの、T君との旅行を思い出しますなぁ。

08122414.jpg
 で、出発からほぼ12時間で小樽へ戻ります。
 夏ならやっぱりカブで動くんだろうな(笑)。冬だからこそ「JR」。

08122415.jpg
 北海道新幹線は小樽経由となります。
 今はローカル線の函館本線山線(倶知安経由の俗称)ですが、新幹線開業に向けてどのようなことになるのか、興味は尽きません。

 次回は左回り(反時計回り)編で!(笑)。

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

ぬるま湯に浸かる

 真冬日です。寒いです。
 そうは言いつつ、今日もカブいじりです。

08122201.jpg
 丁度良い結線スペースとなりそうな場所に、これまた丁度良さそうなタッパを入れてみました。
 まずまず、グットっぽいです。

08122202.jpg
 こいつらを何とかするためには、一旦結合を解除する必要があります。面倒です。
 しかし、いくら何でもこのまま雨にあたるとトラブリそうなのは判ります。
 当然各種ワイヤーの取り回しも検討中です。

08122203.jpg
 こちらがメインハーネス側です。ひとまずメインのカバーを剥がして、グループごとにまとめる必要があります。既に一度配線をしているので、どの色がどのラインかは大体判るようになりました。
 ただねぇ、寒い。氷点下なのに素手で作業する必要があるので、10分作業して10分近くお休み。

08122204.jpg
 はい、スイッチ側から延びるラインには、大量の延長ラインを付けました。
 ギボシ作業は暖かい家の中でやります。付けたらまた家の中へ。全然作業が進みません。

08122205.jpg
 と言うことで、元上司お勧めの「ぬるま湯」に浸かりに行ってきました。
 お仕事カブとパイロットさん。ご苦労様です。

 いつもは回数券でお得なチェーン店に行くのですが、今回は「ぬるま湯」大好き同盟の元上司のお薦めに従って、新装オープン後初の「鶴亀温泉(余市)」へ。
 平日だというのに、そこそこ混んでました。土日だと車が満車だから避けてたんですよね。
 38度の露天風呂はまさに「ぬるま湯」(笑)。どっぷり浸かってしまいました。
 ぬるま湯好きには超お勧めです。

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

カブ次郎

 えーと、ファイルもアップ出来るようになりましたので、気を取り直してカブの話し。

 カブ次郎ですが、フロントを素直にCD系のもので移植しましたので、ウィンカーが大きい。
 で、オヤジ臭いデカイのを嫌って小さく改造する方も多いのですが、オヤジは大きいのが好き。だから、後ろも大きくしたい。

08122101.jpg
 こいつはリトル純正。
 控え目にするため、一般カブに移植されて利用されるパターンをネットで見たことがあるので、多分逆も可だろうと思います。

08122102.jpg
 これが座金ですね。
 本当はCDのリヤウインカーも余ってるので、これを流用したいところですが、ちょっと難しいです。

08122103.jpg
 座金を取っ払ってみました。
 黒くなってるのは下地のさび止め塗料だと思います。当初ロックチェーンのテンションが掛かっていたので無理が来ていたようです。
 左はこれほど酷くはありません。タッチアップしたいところですなぁ。

08122114.jpg
 左は一般カブの部品。右がリトル。
 穴の位置が同じなので、相互に取り付けは可能でした。何か普通のカブの方が小さいってのがフシギですが、小さい方が一般、大きい方がリトルです。

08122104.jpg
 ほら、付いた。
 やはり、安全を考えると大きい方が見えやすいし、良いですね。ポン付け出来そうもないのでテールランプは今回見送り。
 今回も燃料抜いてブルーになってましたが、カブ次郎の場合、燃料コックが取り外せるのでムダな作業でした (--; 。

08122117.jpg
 はい、新登場。全天候型パワフィルです。
 デイトナ:DAYTONA AWパワーフィルターBB付Φ35アーククロ/APE
特殊ペーパーフィルターとファンネル形状マニホールドの採用で最高の吸入効率を追求した高性能パワーフィルター。従来比約1.5倍の吸入効率。車体側取り付けスペースの有無を確認し、取り付け可能なフィルター形状(ストレート/アーク)をお選びください。オールウェザー (46826)
 これまでブローガスをまき散らす無責任なパワフィルしか有りませんでしたが、今回は対応品を調達。多分付くだろうと言う当てずっぽうな注文で購入。

 そう言えば、なんだか燃調が出ないまま改造が進んでますが、結構期待してます。
 
08122105.jpg
 さぁ、左後部だ。
 【TT-02A】ブラケットバッグ(赤茶)・【RS-1C】タケガワ・カブ&リトルカブ用リアショックアブソーバー(メッキ) アウスタさんで購入。
 武川のショックは取りあえず前から欲しかったので、B級品と早速交換。数センチですが、後輪がなんとか浮きました。ちなみにB級さん、既にサビが出まくってます(笑)。乗り心地は悪くなかったんで、多分カブ太郎に移植されます。
 ブラケットバッグには電球類と100均グッズを忍ばせる予定。水に流せる濡れティッシュとかね。

08122106.jpg
 右側は、ちょっと寂しい。
 ブラケットバッグを追加するかも知れないし、あえて左右非対称を意識して防弾版を付けるかも知れない。・・・あ、スリップに備えて砂箱を・・・積んだらスゲーカッケーかもしれない。

08122107.jpg
 レッグシールドは外したくないので、色々なサイトを参考にさせて頂きましたが、取りあえず使い道のない現品をカットして加工することにしました。
 暖かければ現場現物合わせが一番ですが、この時期の外は、「寒いし、樹脂が硬くなる」ので妄想一発合わせです。一応点々とか書いてますが、外では書けませんし、部屋の中では結露したり最悪です。
 削り節の職人か何かのように、黙々と作業します。

08122108.jpg
 でまぁ、完成です。
 リアボックスは20リットルのホームセンター取扱品。背もたれ部分は(無理しないと背中は付かないのですが)茶色くしたいなぁ。
 なまらシルエットは低いです。

08122109.jpg
 で、ハンドルを右に。この位置で安定。これ以上動かしようが無いんですね。
 と言うことは・・・。

08122116.jpg
 これは「左」に振った時ですが、レッグカバーとフォークトップカバーが干渉して、事実上のストッパーになってるわけです。もちろん強度的な問題があるので「これで良し」とするつもりはありませんが、赤・赤の部分が面接触してこれ以上ハンドルは切れません。

08122115.jpg
 現状での電装系はこんな感じ。ダメダメです。
 ショートさせたり、色々やってます(苦笑)。

08122111.jpg
 こんな空間があるので、電装系を集約します。
 あー、したいです。

08122112.jpg
 右折指示器
 おっけー

08122113.jpg
 左折指示器
 おっけー

 センターバックの搭載と、フロントフォーク・ブーツカバーは予定してます。
 あ、風防も予定してます。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

画像がアップ出来ません。

 カブ次郎も、良いとこ仕上がってきましたので、張り切って更新しようとしてましたが、何故か画像がアップ出来ません。
 ピカールのフタも何処かへやったようで、こぼしそうで心配です。

 これまで、CD系フロントの移植記事をネットで拝見してきましたが、どうして皆さん配線に難儀していない(難儀はしてるけど、多分自分よりは困っていらっしゃらない様に読める)のかフシギでした。

 原因が判明しました。
 普通はCD系のフロント一式として、スイッチも移植してるから、配線は当たり前の長さがあるわけですが、ウチのは「モロにカブのスイッチ」だから、配線が絶対的に短いのです。
 骨組みはCDだけど、スイッチ及び配線はカスタムから移植しているので、難儀して当然です。

 実はCDのスイッチも持ってるのですが、折角ならカブのを使いたいと思ったのが困難の元凶ですなぁ。
 そもそも22.2φのカブスイッチがあるってのを知らなかったから、CDのは代打として用意したモンだし、カブのスイッチが手に入っちゃったんだから、やっぱり苦労してでも使わなきゃ。(じゃ、CDのスイッチの立場は・・・ってのは考えないことにして。)

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

カブ太郎デビュー

 今日の小樽は小雨でした。小雨ってコトは、積雪は無かったわけで、久しぶりに

① カブに乗りました。
② カブに轢かれました。
③ カブに引かれました。
④ カブを1キロ半押して帰ってきました。

と言う、楽しい休日を過ごしました。

08122001.jpg
 カブ兄弟のキーは、偶然1型と2型のため、互いに挿すことが出来ません。しかし、容易に区別出来た方が便利なので、予備キーを作って区別しました。
 ホンダの創立50周年記念キーです。時々オークションでも出ます。あえて型番は書きませんが、純正部品なので普通に注文すれば、オークションの希望落札価格の半分以下の価格で入手出来ます。
 ブランクキーなので、普通の合いカギ屋でコピーして貰って、工賃は525円。
 下手なワイヤーロックのキーより「粗雑」な作りのメインキーなので、ブランクキーを持ち込めば、大概の合いカギ屋さんで加工出来ると思います。

08122002.jpg
 久々のカブです。楽しいです。でも、フロントに何か違和感があります。
 この時点では気付いていなかったのですが、実はフロントクッションのアームが正しく取り付けられていませんでした。
 本来、赤の縦線に対して、クッションアームは横の赤線の位置になっているはずなのに、黄色の線のとおり思いっきり遊んでいます。危険なのできちんと整備しましょう。

08122003.jpg
 なんかね、ちょっと変だと思っては居たんですよ。
 だけどね、カブ次郎のクッションアームの時に同じ失敗をしていたので、充分確認しながら組んだ筈なんですよ。だから、「ちゃんと組んだはずなのに何がおかしいんだろ?」って思ってたわけですよ。

08122004.jpg
 今写真見たら、直ぐ判りますよ。「あ、フロントクッションアームの取り付けが間違ってる。」って、速攻で。もう直ぐですよ。見ただけで判っちゃう。

08122005.jpg
 久々の50ccですが、平地限定で言えば、おわキロまでは普通に行きます。ただまぁ、もさーって走るってだけ(笑)。減速比の違いのためか、格好好みの感じだったのは意外でした。
 で、これはこれで良いんだけど、やはり4速は良いですね。ボアアップ前のカブ次郎みたいに、「なまらエンジン壊れそう」な音はしません。
 この後、急勾配の坂道に行ったのですが、パワーが無いなりにしっかり走ります。
 そして、やはりフロントに違和感が・・・。
 ギヤをローに入れたまま、車両を止めてフロント周りを目視点検してると、カブ太郎が前進。サイドスタンドが倒れかけて、ハンドルを前から掴んでいる最中に、アクセルを触ってしまい轢かれました。そのまま引っ張られて、あわててブレーキを引いたら転けました。
 正直言って、「普通に倒れて止まってくれて、ありがとう」ってな心境で、動作の時系列は記憶から飛んでます(苦笑)。

 カブ太郎を起こすと、チェーンがジャラジャラ言ってます。
 チェーンカバーを外したところ、チェーンが外れてました。何とかリヤスプロケットにはチェーンを掛けたものの、フロントスプロケットカバーのボルトが硬くて舐めそうになったので、車載工具では打つ手がありません。

 昔似たようなことがあったなー

 チェーンをジャラジャラ言わせながら、カブ太郎を押して、1キロ半の道のりを帰ってきました。

08122006.jpg
 チェーンもきちんと張っていたはずなので、何故にこんな事になったのか理解出来ていません。
 まぁ、大した被害がなかったのが、せめてもの救いですかね。

08122007.jpg
 ついでなんで、カブ次郎に付いていた14丁のスプロケと交換しようとしたのですが、プレートが微妙に合わず断念。

08122008.jpg
 カブ次郎から戻す時、フロントフェンダーを交換した時に見落としたんだろうなぁ。
 ちゃんと取り付けると、カブ次郎に移植していた時と同じく、アンチリフトアップもしっかりと効くようになりました。こんな整備ミスは有ってはいけないことですが、やはりやっちゃうのが素人。
 皆さんは気を付けてくださいね。

 轢かれた足がちょっと痛いです。

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

3台目

 カブ次郎、カブ太郎と来れば、やはり女子が一人くらい居て欲しい。
 エミリネーさん。

 いや、買ってません。買えるはずもありません(苦笑)。

 まぁ、基本的にはカブで良いというか、カブが良いのです。大体、賃貸でこれ以上バイクを所有するのは、自分でもさすがに如何なものかと考えているわけで、破格の価格で出ている、CBX125カスタムは見送っています。
 欲しいんですよ。でも、なんて言うか、自分を納得させる合理的な理由が思いつかない。
 合理的という範囲は、3台持つ合理性と、カブ兄弟のどちらかを手放して2台を維持する前提で、CBXを迎え入れる合理性の両面があるのですが、やはり、カブ兄弟の方が楽しそう。

 ただまぁ、再び単身赴任になるとすれば、カブ次郎を連れて行き、カブ太郎は留守番にしたい。時々兄弟を交代させても良いし、公共交通機関で帰ってきた時の足になるし。
 そうすると、単身赴任先でもう一台あっても良いかなぁと思う。カブ太郎の代打ですなぁ。

 正直、CBR125RR欲しいッス。カブの代打という表現がどうかは置いておいてですが(笑)。それにしてももう、新車じゃ手に入らないですからねぇ。
 中古で行くと、次点候補はCBX125FCB125TCBX125カスタム辺りになりますが、部品ってあるんでしょうかね。既に旬の頃から20年は経ってますし。
 CB125Tなんかで言えば、小型二輪教習車って、今後どうするんでしょう。

 新車で・・・と言う観点では、次点の別系列として Sonic125RS 辺りも良いなぁ。
 タスマニアグリーンメタリックくらいの単色にして「新型カブだ」と言い張る。アリだな(笑)。
 クラッチ式のスポーツカブ。メットイン無いし(笑)。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

欲求不満

 身体、持て余してます。

 と言うか、一日16時間以上カブに乗っていた頃を思い出すと、南の人たちが羨ましいです。
 もちろん、チェーンを咬ませて走れなくはないですよ。
 周りの人からの視線が、タダの変人の域を突破して、危ないヒトだと言われても良いとは思うのですが、ホントに危ないのは怖いからイヤ。

 寒いと樹脂パーツの弾力もなくなり、ヒビが入る程度の損傷が「粉砕」になったり、乗ってるオヤジも打ち身で済むのが「骨折」とかになりそうなわけで、まだまだ初冬なのに、春が待ち遠しいです。

 「そんなにカブに乗っていて疲れませんか?」
 「疲れるよ。カブだもの。」
 「じゃ、何でそんな修行みたいな事するんですか?」
 「走ることに神経は行ってるんで、無心じゃないんだけど、無心に近いんだよね。そんな中で考える事って熟考出来るわけがないんだけど、邪念が入る余地もないから、無心で考えていることに近いような気がするんだよね。つまり、修行みたいじゃなくて修行だし、その中でひらめく事があると、ちょっと良いよ。確信的な考えが浮かぶもの。」
 「そんな、考え事して運転したら、危ないじゃないですか。」
 「何も考えないで運転してる方が危ないぞ。安全運転を意識しての隙間に浮かぶ考え事なんて、哲学的で抽象的なものしかないって。具体的問題の解決策とかなら熟考する必要があるし、そんなことしながら運転したら危ないってーのは同意だけどね。」
 「何を考えるんですか?」
 「うーん。何でこんな事(カブ旅)してるのかなぁ・・・とか?カブじゃなかったら何してたのかなぁとか、まぁ、生きるために不必要な考察かな。」
 「それで?」
 「それでもクソもないだろぉ。そんなことを考えられるのが楽しいんだよ。どうやって食糧を確保するかとか、どうやって逃げるかとか、せっぱ詰まってねぇもン。(こんな状況は)幸せだと思うよ。」
 「はぁ・・・。」

 ぁあっ~、走りてぇ。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

あるモノは使いたい

 何でも自作・改造出来るに越したことはないけど、そのために掛かる資機材の費用と、手間と、仕上がりを検討して、市販品に頼るのも選択肢にはあります。
 冬のアレの見込みが立ったので、頼みました。

08121601.jpg
 中華製ホンダ純正部品さんです。

08121602.jpg
 結構面倒な作業なんですが、取りあえず装着完了。
 今回設置のセルスイッチで、良好に始動もします。
 ただ、2時間近く調整しても、アクセルワイヤーがスムーズに戻らないんですよねぇ。
 あれこれやってるウチに、アクセルワイヤーにキンクが入り、スロットルバー側の受けにも変形を生じたので、暖かくなったら交換しようと思います。

08121603.jpg
 ついでにハンドルグリップも変えようと思います。
 今回のスイッチの追加で、ハンドル周りの電装系はほぼ固定です。
 ハンドルカバーの塗装の際には一式取り外す必要があるし、しばらくは放置。

08121604.jpg
 荷物が多い時に、デイバックを背負えるとすごく便利なのですが、大きなリヤボックスのおかげでそれは無理です。
 デイバックはビニールに包んでベトキャリに積載すると雨の影響も小さく、簡単に取り外して持ち歩くことが出来るので、今年の経験からツーリングでの使い勝手がよいと判断しました。
 センターバックはカギが付いていても所詮お守りですし、持ち歩くモノを出し入れするのは不便。
 フロントキャリアに何か積みたいところですなぁ。しかし、雨天時にメチャ汚れるのを経験したので、普通のカゴはイヤ。
 スイスの救助犬が首からぶら下げてるような円筒形のバスケット希望・・・って、メチャ高そうだし、そのうち何か載っけます。

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

本人の何とかしたい問題

 新型インフルエンザが猛威を振るった場合、数十万から100万人の犠牲者が予想されている。
 ヒトはあっけなく亡くなる時もあるが、劣悪な状況で九死に一生みたいに生きのびる場合もあるし、21世紀のこの世の中で、これほどの犠牲はウソっぽく見える。
 誰もが「自分は映画の主人公のように生き残るに違いない」と思ってるのだろう。少なくとも自分はそうだ(笑)。

 先週水曜日に、インフルエンザの予防接種を受けたのだが、4日後の昨日以来微熱が続き、体調も良くない。正確には「良くなかった」。
 「チッ、風邪かよ」と言うことで、思いっきり着込んで布団も重ね着し、どっぷり汗をかいて取りあえず安静にしていたが、功を奏して今朝は微熱の度合いが減衰。
 そうは言いつつ、多少体調が良くなっているところから判断して、死亡した菌に対して身体の免疫は全軍突撃状態(しかも必死)らしい・・・(苦笑)。

 まぁ、今回の演習で免疫部隊、多少はインフルエンザとの戦い方を覚えたはず。そうあって欲しい。

 この程度の演習でこの様なら・・・多分、犠牲者分の1になるんじゃないかと思う(苦笑)。

 風邪の季節です。皆さまご自愛のほどを!
 

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

レッグシールドの、何とかしたい問題

 取りあえず、レッグシールドを着けてみました。
 干渉するって話しはネットで拾ってましたが、どう干渉するのか、見てみました。

08121401.jpg
 まぁ、直進状態では問題なく付きます。当然でしょうね。
 結局、左右どちらに切っても、トップブリッジ等が当たるので、レッグシールド全体を、後退させる必要があります。後退させることによって、首の高さは低くなるはずなので、こちらは慎重に切り詰める必要がありそうです。

08121402.jpg
 左にハンドルを切っても、これで定一杯なので、あまりにも切れなさすぎです。
 
08121403.jpg
 将来的には風防も着けたいので、何処までレッグシールドを残すかは微妙。
 取りあえず、全体的に取り付け位置を後退させて、ある程度ハンドルが切れるようにして、出来るだけシールド部分は残す方向で考え中。

08121404.jpg
 車体の右側から見てますが、やっぱりガシガシあたっています。

08121406.jpg
 こちらは資料映像としてのCD50のレッグカバーさん。
 左右それぞれのシールドを、ステーで取り付けているので、構造が全く違うのが判ります。
 ただ、高さはトップブリッジのちょい下、取り付け位置は結構後ろというのは参考になります。

08121405.jpg
 改造にかまけて清掃してないので、もうサビサビです。
 何やるにも寒くてさぁ。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

冬ごもり

 今週の「王様のブランチ」は小樽から生中継!と言うことで、小樽運河周辺にロケ状況を見に行きました。
 優香さんと小林アナが近くにいるなんて!そりゃ見たいわ!

08121301.jpg
 で、北海道はHBC(北海道放送)が放送しているわけですが、見れたのはHBCのキャラ(もんすけ)の着ぐるみだけ(笑)。個人的には「onちゃん」の方が見たいわ。
 さほど執着心が無いため、諦めるのも早く(笑)直ぐに撤収。

08121302.jpg
 一部に乾燥路面はあるモノの、脇道はこんな感じなので、一応「根雪判定」を出しました。
 冬タイヤ装備を見送ったカブ兄弟で走行するのは、駐車場内の軒下オンリーとします。
 よほどの状況になれば別ですがね。

08121303.jpg
 そうは言いつつも、整備、装備は敢行しますよ。「走れない」なら、それくらいしか出来ませんからね。
 で、所用で札幌を通過する際に撮影。倒産した「安全相互自動車学校」さん。学校自体は幾つかありますが、手稲の試験場横のこちらは、二輪専門で、私も通うことを検討していました。

08121304.jpg
 パーツを受け取りに行った際に、衝動買いした型オチしたグローブですが、半額なので良しです。
 バイク専用のグローブには、腕時計を装着出来る工夫がなされているのですね。
 この冬はアパレル系にかなり投資しましたから、来シーズンの防寒対策はかなり進みました。
 今年は夏でも寒くてエライ目に遭いましたが、来年は快適なツーリングが楽しめそうです。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

責任保険

 10月20日に登録されたカブ太郎は、諸般の事情により走行不能な状態でいぢられておりました。
 が、先般自走可能な状態に復活し、今般自賠責保険に加入したことにより、胸を張って公道の走行が可能となりました。
08121101.jpg
 でも、本日午後からの降雪により、私の技量では危険なため、走れません(苦笑)。
 しかしまぁ、これまで北海道で「12」のステッカーを見た記憶がないので、結構自慢かも知れない。
 普通はバイクを買っても所有とせずに(税金対策)雪解けに向けて登録するし、登録してから自賠責に加入するのも普通なので、普通じゃないと言うことです。バカの証ですなぁ(笑)。

 ただまぁ、原付の場合は最低保険期間が1カ年なので、損得はないわけですわ。払い戻しも年単位みたいだし。

 なんか、12月支払いってのがカブらしくて格好いい(バカ←自分)と思う。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

カブ次郎の問題点

 カブ太郎可動計画はほぼ終了し、カブ次郎もそれなりの状態にはなっています。

08120703.jpg
 一応基本的な配線は終了し、灯火類もほぼ問題なし。
 やはり一番の問題は「ハンドルロックストッパー」を、どう付ける(作る)か。
 で、散々悩んだものの、やはり純正に近い溶接による形成が、費用対効果が最も優れているのではないだろうかと判定。
 で、フロントフォークを頂いたショップに相談に行きました。

 「こんちは~。」
 「あ、どうも。」
 「今日は相談だけなんですが、溶接できるところ紹介していただけませんか?」
 「なにするんですか?」
 「あ、バイクのハンドルロックストッパーを付けたいんですよ。無いと切れすぎて危ないんで。」
 「うちで出来ますよ。」
 「え?ここで出来るんですか?」
 「大きなものじゃないですよね?」
 「ええ、ハンドルロックストッパーですから。」
 「持ってきてもらえれば出来ますよ。」
 「あ、じゃぁ、日程とか決めたほうがいいですか?」
 「いや、晴れた日ならいいですよ。」
 「じゃ、来春とかでもいいですかね?3月末とか4月くらい。雪が無くなったころ。」
 「もうぜんぜん、急いでないんですよね。」
 「一応、冬は乗る予定が無いんで。」
 「じゃ、そのころまた寄ってください。」
 「ありがとうございました。じゃ、春になったらまた来ます。」

(「ハンドルストッパー」のつもりで「ハンドルロック」って言ってた。どうりで不思議そうだったわけだ。)

08120704.jpg
 というわけで、最大の懸案事項は問題としては解決。
 あとは、ハーネスの切り替えとか、ケーブルの調整とか、艤装品の調達、取り付けとか、自分で解決できることを淡々としていくだけ。
 例えば、光軸調整のために導入したリヤショックのために、こんなに傾いちゃうのは如何なものか・・・とかですね。
 レッグシールドを、どうやって復活させるか・・・とか。

 早く自賠責払って、カブ太郎を公道デビューさせなきゃ!

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

リンク先を勝手に拡大します!

 FC2ブロガーの皆さまほか、当ブログをご覧頂きありがとうございます。

 このたび思いつきで、「FC2」を使っていらっしゃるブロガーで、このブログをご覧になって頂いた方は、基本的に強制的にリンクを張っちゃえ!って事を考えました。

 48時間ルールで対応しますので、リンクを希望しない「FC2ブログ」からご覧頂いた方は、その旨ご連絡を頂けると幸いです。もちろん、リンク解除の申し出があれば、何時でも(可能な範囲で)無条件で応じます。

 「FC2ブログ」以外のブロガーの方で、リンクのご希望があればお声がけ下さい。

 FC2の足跡機能で判る方を対象に、リンクさせて頂く時には「しました」の、お知らせはする予定です。
 当方はカブ限定ブログではありませんので、基本的には「カブ」の話題を相当アップされていると思われるブログを、「紹介させて頂く」という意味でのリンクです。
 いや、本当は【自分がアクセスしやすいように、ブログに埋め込みたい】のを具現化したいだけです(苦笑)。

 年末にかけてリンクが増えると思います。よろしくお願いいたします。 

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

カブ太郎 取りあえず完成型

 本日は、腹が立つほどお日柄がよかったので、午後から休んで所用をこなしました。
 まぁ、野暮用なんですが、そのウチの一つ。

08120801.jpg
 まんまと付きました。微調整でオッケーでした。
 多少の違和感がないとは言いませんが、誰が見てもカブでしょう。

08120802.jpg
 まぁ、今までオールホワイトの車体だったんで、自分なりにはちょっと感があるモノの、普通の人が見ても「こんなモノか」と思うでしょう。
 リアウィンカーなんとか丸く出来ないかなぁ。

08120803.jpg
 やはりねぇ、この眠たい感じが好き。
 オークションで安く出ねぇかなぁ。丁度良い色の奴。

08120804.jpg
 やっぱ良いわぁ。早く走ってみたいです。
 ちょっと隙間が空いてるけど、そのうち何とかしましょう。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

雪だから・・・

 本日も雪、時々晴れ。
 カブ太郎の方は、こんな感じになりました。

08120701.jpg
 なんか、ハンドル周りはカブ次郎そのままなので、またいでみると「カブ次郎」です。
 リヤボックスも穴開け位置だけ変えて、そのまま付けたので「カブ次郎」です。
 エンジンもノーマルなので、非力な「カブ次郎」です。

08120702.jpg
 ナンバーも付けちゃいました。49ccなので白です。車体に付いたのでナンバー消してますが、意味無し(笑)です。まぁ、お遊びですなぁ。
 後は自賠責に入るだけ。カブ次郎のつもりで走ると、検挙される可能性大です。
 でも、カブ次郎のようなスピードは、当然出ないと思われます。
 カラーリングがあまりにも不自然ですが、気温が低すぎて塗装出来ません。
 リヤボックスは、塗色もこのまま使う予定。

08120705.jpg
 当てずっぽうですが、首も切っちゃいました。
 ボーズがガンプラ用に使っていた、レザーソウが活躍。平面カットならPカッターってのも使いやすいんですが、立体は苦手なので今回はこれです。
08120706.jpg
 当てずっぽうって言やぁ、そうなんですが、一応それっぽく作業してるんで、それっぽく切れてるでしょ?
 レックシールドの方はホントに当てずっぽうやったから、反省したのよ。

 もう暗いので、取り付けは来週かな?もうちょっと短くする必要があるかも?なんですが、短くして復活させるのは実質無理なので、これで良いのだ。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

カブ太郎 復活

 本日はあまりお日柄はよくなかったんですが、万が一乾燥路面が復活しても、不動車が二台ではカブ乗りとして問題があるので、比較的簡単そうなカブ太郎の復活を企みました。

 まずは、首の長さ問題。
08120601.jpg
 フォークトップブリッジは、普通カブ・カスタム・リトルではそれぞれが違うのですが、カスタムとリトルは立ち上がりの部品が同じため、簡単に交換出来るのは既にカブ次郎(仮)でご覧のとおり。

08120602.jpg
 問題は、この長い首とリトルのアタマがくっつくかどうかな訳です。
 これが上手く付くと、多分ポン付けで終了。

08120603.jpg
 まだ寝てやがる・・・って、何で倒れてンだよ!

 気を取り直して、軒下に移動。

 08120604.jpg
 軒下はちょっと暗いけど、雪の中じゃ作業出来ないしね。しょうがないさ。
 この穴の高さが首の位置を決めてるらしい。
 3ヶ所穴があるけど、後ろ側の穴は既に位置が違うのでポン付けは無理。

08120605.jpg
 で、被せてみようとしたところ、ハンドルコンポーネントが当たってはまりません。
 もう、100%無理です。フロントカバーとレッグカバーのカット決定です。
 普通のカブとは、立ち上がり時点のブリッジの形が微妙に違うようなので、普通のカブの首なら付くかどうかは何とも言えません。うーん、検証のための購入はなぁ・・・。

08120606.jpg
 で、ガソリン抜いて、ウインカーなども取り付けて、配線はきちんと色を確認して組み立てます。
 ガソリン抜くのめんどいですから。マジで。

08120607.jpg
 CDIはカブ次郎から移植しているので、配線を変更します。書いときゃなきゃ、忘れそうだもん。
 黒白と黒赤を入れ替え。リミッター検知用の桃色は不要なので取り外し。

08120608.jpg
 で、バッテリーを搭載します。繋ぎ間違えないように、もう一度確認。
 これでエンジンも掛かるはず・・・一発で起動しました!ヤッタァ!
 しかし・・・

08120609.jpg
 アレだけ配線に気を付けていたのに、ウインカー自体の取り付け位置を間違えたみたいです。
 うー・・・また燃料抜きかよぉ・・・
 さすがに萎えたので、配線のみ変更してごまかしました。良いんです。動けば。

 で、再度タンクを取り付けたところ、燃料コック付近で漏油・・・
 うー・・・また燃料抜きかよぉ・・・
 とまぁ、適切な処理を施して何とか復旧。写真なんか撮るヒマ無いよ(笑)。

 で、面倒な配線処理。今度はフロント側。
08120610.jpg
 カスタムはコネクタで配線されているので、ギボシに交換する必要があります・・・って、カスタムのメーターあるんだから、メーターの電球配線ごと使えばいいじゃん!
 ・・・なまらデカイ・・・。互換性無し。やっぱりギボシだ・・・。

08120611.jpg
 ま、なんだかんだ言っても、こんな道具を持ってたりするんです。思いっきり精度のない安物ですが、あればあったでどうにか使えます。でも、工具は絶対高いモノの方が良いですね。

08120612.jpg
 やっと点いたぁ!
 点検や加工の必要な保安部品はこれで終わり。後は組み立てるだけ!

 ・・・チェーン付けてなかった・・・

08120613.jpg
 チェーンを付けて、グリスを塗って、張り具合を調整して、カバーを付けて終了。
 ナンバープレートを付けて、自賠責に入ったら公道も走れますよぉ。

 色塗りは来年の春、気温が15度を超えた頃を予定。
 あとは、レックシールドとフロントカバーの加工です。
 あー疲れた。

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

広角で描く

 マッハGOGOGOのオープニングソング、1番から2番への切り替わり時に、剛を下から見上げる場面がある。当然、本来有り得ない視点からの描画なので、平行何とか法みたいな、ハンドルシャフトを描いての不自然な描画だ。
 本来見えないはずの視点からモノを描けば、不自然で当然。

 ところが現在では、狭い車内の光景をテレビでオンエアするために、魚眼に近い広角レンズを多用してバラエティは作られてるし、スカイダイビングの表情を頂く時など、実写では普通に使われてるし、不自然な見え方がインパクトを与えています。

 つまり、今の視点から見れば、本来見える視点から【剛をしたから見上げる描写は可能なはず】です。
 魚眼レンズで見たような景色をアニメ化すればいい。
 別に【アニオタ】オヤジではないので詳しくは判らないのですが、この手法をめちゃくちゃ活用している作品が【涼宮ハルヒの憂鬱】。
 アニメで広角って?アリ?・・・

 望遠の魅力・広角の魅力・・・アニメで表現出来るのがスゴイと思う。
 CGの威力なんだろうけど、時代は変わってるね(苦笑)。
 

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

冬のアレ 第三弾

 カブに乗り始めてから8ヶ月。思えば寒かった記憶がほとんど。
 車と違って吹きっサラシなんだから、当然と言えば当然だけど、夜間走行や雨天走行も多かったから余計なんだろうなぁ。
 道外からの旅カブの方のお話だと、今年の北海道は寒いとのこと。
 そうは言っても、銀マットを身体に巻いて走ったことのある奴なんて、そうそう居ないと思います。

 そこでこれ!
08120501.jpg
 暖かそうに吊されてたんですが、やはりお値段が・・・40%オフだったのですが、50%になっても残ってたら・・・残ってたんですね。
 正確には40%オフの更に10%オフだったので、46%オフかも知れませんが、まぁ、いずれにしても納得の安値。サイズは3Lだから、ゆったりしてます。

08120502.jpg
 中は多重構造になっていて、季節によって調整も出来るので、北海道なら通年使用が出来そう。
 お世話になるつもりはないですが、バイク用だけあって、プロテクタも内蔵。安心です。

 24日の夜に、自分の枕元に置いて寝てみようと思います。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

かぶいじり(太郎・次郎)

 本日はお日柄もよく、パーツも入手出来たことなので、急遽お休みを頂戴いたしました。

 疲れました。
 家族が出かけることを知っていながら、部屋に家のカギを忘れて、地味に「インキー」状態になり、気温5度前後の屋外で、財布も持たず、昼ご飯も食べられず、4時間近くも家族が帰ってくるのを待ち続け、体力を消耗したからではありません。
 一気にカブのフロント周りの入れ替えをやったは良いが、電気配線に手こずって、結局両方とも中途半端にしか終えられなかったからです。

 それでも何とか、間違っていた方向性を正しました。結果、正常に動けるカブが居なくなりました(笑)。

 トップラバーさんです。
08120401.jpg
 グラグラしなくなりました。重要です。

08120402.jpg
 カブ次郎【仮】
 本日、駐車場内で試運転が可能な程度には仕上がりました。
 写真は試運転前のものですが、ミラーとベトキャリが付くくらいで、イメージはこんな感じ。
 思いの外操縦性がよく、期待度120%です。

●今後の課題
① 配線処理・・・ウインカー・テールライト・ストップライトは配線確認済み。メーター周りのコネクタ類を作成しないと厳しいなぁ。
② ハンドルストッパー・・・小回り出来て良いのですが、ストッパーがないとやはり予想外に切れすぎて危ない。インキー事件がなければ、型ぐらいは作れたんだろうけどなぁ・・・。
③ ハンドル・・・やはり変形してるので気になる。
④ リヤサス(苦笑)・・・やはり長い。困ったなぁ。これもインキーが無ければ、検証が終わっていたはずなのに。とりあえず、4点自立は出来るので様子見。
⑤ レッグカバー・・・たぶん改造で対応。一番最後の方ですね。
⑥ スタートスイッチ・・・ハンドル径が違うのでポン付け不能ですが、カブ太郎に移植する予定。結果的に「なんちゃって装備」になってるのもアレなんで。
⑦ リアウインカー・・・一般カブの大丸レンズにしたい。機能的に問題ないので、そのうち。

08120404.jpg
 で、カブ太郎【仮】
 こちらと言えば、インキーのおかげでバッテリーを装着出来ず・・・と言うより、まずは燃料タンク外して後部の配線の必要あり。
 小樽に来てから起動経験なし。しかし、まもなく起動か?

●今後の課題
① 配線・・・・・・めんどくせぇ。けどね、どうしても必要だし。カブ次郎よりは格段に楽なんですがね。
② 各種ケーブルの調整、ボルトの増し締めと確認。
③ スタータースイッチ・・・カブ太郎のカブ次郎に移植されたスイッチを移植して戻す・・・の予定。
④ トップブリッジの交換・・・リトルのトップブリッジだとやはり低く、交換出来るなら交換。出来ない場合はフロントカバーを切る。
⑤ 塗装・・・乗りが悪そうだなぁ・・・
⑥ リアウインカー・・・四角じゃなぁ・・・そのうち。

 あぁ、小出しにすればネタに困らないものを・・・。性格ですな。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

陸王 自己破産へ

 北海道のバイク屋さんとしては大手になる、カブ次郎と引き合わせてくれた、札幌の「陸王」さんが自己破産を申請したようです。

 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログの記事

 個人的には「北海道拓殖銀行」の破綻と同じくらいショック。

 ショップツーリングもそれなりに楽しかったので、来年も参加したいなぁと思っていたのに。
 ショップの方々は親切丁寧で、気さくな方が多く、信頼が置けるお店でした。
 これから正月を迎えるという師走のこの時期に、彼らも職が無くなると大変だろうに。

 内情は判りませんが、スタッフの皆さんが、何とか笑顔で正月を迎えられるように祈念いたします。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

純正パーツ

 歩くにはちょっと遠いけど、ホンダウィング店さんにパーツを頼んでも送料無料なので、大変重宝させて頂いております。
 大きな夢とともに東南アジア方面からやってくるパーツも魅力ですが、国産・純正という安心感は、また違った意味で魅力です。しかも未使用新品です。
 
08120301.jpg
 今回はちょっと量が多いです。ある意味【冬のアレ 第二弾】でもあります。

 「フロントフォークアッパーカバー関係が不安定なので要調査」した結果です。
【解決】フロントフォークアッパーカバーの謎


 で、前回注文したら報告しますと申し上げていたパーツが来ました。
 51601-198-000 フォークカバーアッパーラバーさんです。
08120302.jpg
 ひょっとしたら【こんな】作業は不要だったのかも?(苦笑)
 とは言え、やってしまた事は悔やまない。不要だったら外せば良いだけだし。

08120303.jpg
 同時に頼んでいたメーターケーブルさんです。
 新品で860円(税込み903円)です。送料無料。振込手数料無し。新品の純正部品ですから、それなりに保証して頂けるものと思っています。

 まぁ、既に供給停止の部品ならともかく、中古品を新品の倍以上の値段の1900円で出品、送料、振込手数料こちら持ち。中古でノークレーム、ノーリターンで出している方のお考えというのは「どのようなものなのか」と考える今日この頃です。
 もっとも、出品者のご意見を伺いたいという気持ちは全く無し。在庫で抱えてても困らない、体力のある業者さんだから出来ることだし、売る気になれば値段下げるのだろう。
 高い値段でも、欲しい人は納得して買うんだし、オークションなんだから別に良いんだろうな。高いと思えるなら買わなきゃ良いわけだし、地方で新品を手に入れづらい人にとっては便利かも知れないし。

 ただね、昭和の人は言いました。

 「中古は半値の5割引から始めるよ!」
 ・・・たたき売りじゃないか・・・

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

冬のアレ 第一弾

 冬のアレ第一弾はこれ!

08120201.jpg

 あー、冬のアレもでてませんが

 「冬のアレで支払うって事で売約でキープしてもらえませんか?」
 「あ、・・・いいですけど、カードありませんか?」
 「カードねぇ・・・確か無いんですよねぇ・・・!あるわ!」
 「どうですか?引き落としは1月になると思いますが?」
 「じゃ、カードで。」

 カッパ、重要です。手持ちで対応していた今年の対雨天装備は、ことごとく再起不能の破損にいたり、既に【簡易雨具】の対応しかありません(涙)。
 ON・OFFがハッキリしている北海道では今時期が【激安投げ売りセール】ですから。
 ホームセンターの高級カッパ程度の値段でゲット!

 冬のアレ、見込みで使い込んでます(笑)。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール

かぶじろう

Author:かぶじろう
 このブログは かぶじろう を名乗る管理人の平凡な日常を淡々とまとめたブログです。
 カブなどの小型バイク、駅巡りなどの鉄道関係、道の駅などのドライブ、美少女系アニメなどの萌えオタ、ラーメンやソバなどの麺類、温泉巡りやキャンプ生活・・・平凡な内容です。
 過度な期待はしないでください。

 コメなんか頂くと喜びます。

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
11 ≪│2008/12│≫ 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも一覧

■ ブログ名:バイクに乗ったおやぢ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールでも・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

お天気
予言だyo!
禁煙