羊ヶ丘展望台

 ネタがないので、バス旅行の続きですよぉ。
 お昼になり、羊ヶ丘展望台のレストハウスでお食事です。

09113001.jpg
 大した内容もないのに、金を取ります。
 しかも人数分の金を取ります。
 多分自己申告で、乗用車なら見れば分かりますが、バスではちょろまかせると思います。
 でも、幹事は真面目なので、入場券が足りなくは、なっていなかったようです。大人お一人500円。

09113002.jpg
 羊ヶ丘ですから、羊がいるのですが、まず昼飯です。
 当然ジンギスカン。この量で3人前。ご飯とみそ汁が付いて1500円くらいです。やっぱ高いです。
 もう千円出すと食べ放題です。昼なんで飲み放題は要りませんが、追加で食べ放題コースも欲しかったなぁ・・・。

09113003.jpg
 札幌グランドホテル直営のレストランらしいッスが、ジンギスカンならこぢんまりしてても美味いところは沢山あります。まぁ、羊が苦手な人や、小さい子供の参加も多いなか、一生懸命気配りしてたのを知ってるので、許してあげます。

09113004.jpg
 見せ物用の羊です。この仲間を食いました (^^;
 見てから食べるより、食べてから見る方が良いと思います。

 「ヒツジってシッポ無いンだぁ・・・」
 「そんなヒツジ、いるわけねぇだろ。」
 「ナイス突っ込みです。」

 仕事じゃないんで、突っ込むだけで怒りません (^^; 

 「ほ乳類でシッポ無いのは人くらいだよ。」
 「えー!そうなの?!」
 ・・・仕事じゃないんで、脱出します (^^;;;

09113005.jpg
 こちらの景色は、「独立行政法人 北海道農業研究センター(旧北海道農業試験場)」さんの景色です。
 じゃがいもやとうもろこしの品種改良が多いようですが、そのほか自分的には北海道のお米の中で、がぜんお勧め出来る「おぼろづき」を開発したチームです。

09113006.jpg
 さっぽろ羊ヶ丘展望台
 実は四半世紀ほど前、羊ヶ丘ウェディングパレスで挙式してます (^^;
 現在は「札幌 ブランバーチ・チャペル」となっているようですが、懐かしい場所ではあります。
 だからといって、年間パスポート(1000円)を買うほど、訪れる機会はないと思います (^^;

 さぁ、残るはビール園ビール工場の見学だ!

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

楽しいバスツアー

 火の始末、お出かけ前と午後10時です。
09112901.jpg
 ちなみに消防団とは無縁の「かぶじろう」です。
 何となく、「ほぉ」と思っただけです。てか、「火の始末、その都度やろう忘れずに」じゃないかと思うんですが・・・まぁ、この標語は「暖房用のストーブ」を想定しているからこんななんでしょうね。
 私も暖房用の電気ストーブを持ってきました。

09112902.jpg
 一応ね、飲み会ツアーじゃありません (^^;
 昭和の時代だと、酒やらビールやら積み込んで、大盛り上がりだったこともあったようですが(笑)、さすがに今の時代そんなことはありません (^^;

09112903.jpg
 で、いきなり大昔でした。「ちょっと昔はどうした?」とつっこむところですが、子連れで一生懸命対応してくれてるので許してあげます。

09112904.jpg
 こちらは白老地方の「アイヌチセ」を復元したモノ。竪穴式住居から、アイヌ文化が発達していくことになります。
 アイヌの人たちは、すべての生き物は神であり、その姿を変えてアイヌの地に来ているのだと考えていたそうです。小熊を捕らえ、2年ほど育ててあげて山に放す儀式は、神様が熊の姿で遊びに来ていると考えて、神の国へ帰った後、人間の姿に戻って「アイヌの人たちに親切にしてもらったので、何かお返しをしてあげなくては。」と考えてくれることを期待していたようです。
 漆製品や鉄製品はアイヌにはなく、和人との交流で手に入れたモノと言われています。

09112905.jpg
 江戸時代の蝦夷地と言えば「松前藩」ですが、実は幕府の直轄領となる場所もあり、有珠善光寺は10万石相当の力を持っていたようです。
 蝦夷地御用旗は幕府直轄の証だそうです。

09112906.jpg
 蝦夷地で獲れる主な価値のあるモノは「海産物」でした。
 昆布、干しなまこ、干しアワビ、干し魚など、主に日本海ルートで大坂に送られ、江戸や中国などに出されたようです。大量輸送手段が海路しかない時代ですから、日本海側が大いに発達していた時代です。
 漁の近代化が徐々に進む様などが、ジオラマ展示されているので、結構分かりやすいです。

09112907.jpg
 左は網おろしの「祝い膳」、右が漁期の「普段の食事」。
 ヘルシーです。これではメタボにはなれません。人間これで十分生きていけると云うことです。

09112908.jpg
 この辺でも結構昔です (^^; 明治以降の三等車。メチャ狭いです。
 それでも、汽車に乗れるなんて結構な身分だったのでしょう。
 内燃機で動く、リクライニングシート付きの、ビデオがみれる「バス」に、乗せてあげたい気がします (^^;

09112909.jpg
 北海道開拓記念館 一般 500円 高校以上の学生 170円 中学以下 無料

 以前カブで来た時には「金取んのかぁ、この野郎」と思い、素通りでしたが (^^; まぁ、2時間~3時間かけてゆっくり見るのもイイかも知れません。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

また、小難しい話しですか?

 まぁ、「テーマ」として北海道のグルメ・・・とは違うと思ってます。

 お酒を飲める人は「取りあえず生大で4つ」とか経験ありますよね?
 「生」=生ビールのジョッキ・・・なんですが、瓶ビールや缶ビールにも「生」って書かれていますから、「生」=「ジョッキ用」の特別な区分はありません。

 今では「生」以外のビールを探す方が楽しいくらい、大手では「生ビール」しか生産してません。
 アサヒビール北海道工場のオネーサンは、納得出来る説明をしてくれました。

 ブログネタとしては引き延ばし(笑)。楽しかったです (^^)

テーマ : 北海道のグルメ
ジャンル : グルメ

クラーク

20091128122048

バスツアー

20091128092829

カブ次郎 ’09初期

 どうもぉ、○○どうでしょうリターンズです (^^;
 可愛いノーマルから段階的に改造されていったカブ次郎の一番やさぐれていたころの写真です。

09112601.jpg
 まず、ミラーはカブ太郎から移植で、四角いです。
 ライトは中国製のモンキータイプ。オドメーターは4桁です。フロント周りは現在と変わりませんが、寒くて塗装が出来ないため、オリジナルカラーの黒のままとなっています。
 シートはセミロング、リアサスは「タケガワ」の今カブ太郎に着いているヤツ。リアボックスは買ったままの銀塗色。
 大夫現在のカブ次郎に近い感じですが、「取って付けた」感は否めないですねぇ (^^;;;

09112602.jpg
 一番やさぐれちゃってるのが、配線類 (^^;
 電気系弱いッスから (^^; 何度かムダにショートさせてます!
 この時点ではハンドルストッパー未装備、ハンドルロック無し (^^; おかげでフロントフォークアッパーカバーが凹んでしまいました!
 この頃から当然ガタがあったんで (^^; 長らく気付かなかったという失態もありました!
 そして、この時はまだ、カブ次郎72cc、カブ太郎50ccでした。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

カブ次郎 ’08初期

 もう、○○どうでしょうリターンズです (^^;
 まぁ、今でこそ何処の馬の骨かワカラン「カブ次郎」ですが、元々は可愛いノーマルだったんですよ。

09112401.jpg
 最初に買って取り付けたカスタム?は、フロントキャリア&フロントバスケット+シートカバー。
 自分が描いていた「カブ」に近づいたような気がして、楽しかったなぁ。
 ヌタ道をどうやって走ろうかなんて考えてもいなかったし、ビックヘッドがつくかぁ?なんて事も考えてませんでした。

 この頃の仕様は、72ccにボアアップしてまもなく。まだまだ慣らしでした。
 フロントバスケット、センターボックス、リヤボックスと積載量満点です。

 フロントバスケットは、数回の寝ころび事件で変形したうえ、荷物押さえも破損、雨天高速走行時に汚れがひどく積むモノが限定されることなどで廃止。
 ただ、あれば便利なのは事実で、カブ太郎への搭載は検討しています。
 カブ次郎はテレスコ化に伴い装着不能となりました。

 センターボックスは、極度の色焼けで黄ばんでしまい、ベトキャリの購入以降整備半ばで放置中。積載容量は確かに増えるのですが、出し入れに難があり、ベトキャリにDバック搭載の方がめちゃくちゃ便利なため、実用品として復活させる予定はありません。ただ、センターボックスは一見した際に、カブらしさを打ち消すのが面白く、結構お気に入りのアイテムなので、そのうちカブ太郎用に復活させるかも知れません。
 ただ、こちらもカブ次郎は装着出来ません。

 リヤボックスは現在カブ太郎に移植され活躍中です。

 この時点では風防も付いていません。
 車並みのスピードで移動出来るようになり、風圧で受けるダメージと、虫などの衝突で発生する汚れを解消するために、この後間もなく装備されることになります。
 ワイヤーロックをぶら下げていたことが多く、その影響でウィンカーランプがしょっちゅう切れてました (^^;

09112402.jpg
 マフラーも、リヤショックもノーマル・・・って、マフラーは今もノーマルか (^^;
 黄色も好きだけど、無垢な白も良いなぁ。カブ次郎の色白は生まれつきです。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

鍋匠さん

 期日のある仕事を残業しないで先送りしてましたが、この三連休で16時間もサービス残業をしてしまいました。バイクのオンシーズンであれば、絶対【普通の日】に残業していたと思います。
 まぁ、昨日も今日も、乗る気になれば乗れたんですが、そんな事してたら明日以降、多分仕事で大目玉を食らってると思いますので、正しい対応だったと思っているかぶじろうです。

 まぁ、休みだと基本的には自由に時間設定が出来るので、昼飯なんか食べてから仕事ってのもアリです。
 で、そうなると、普通の日には行くのが難しいお店なんかも選択出来るわけです。まぁ、カブで行くなら平日でもOKですが、寒いですからw

09112301.jpg
 結構昔からやってる「鍋匠さん」ですが、ランチは知りませんでした。
 なんと通常600円のラーメンが【醤油・塩限定】ですが、420円です!
 ランチタイムは3割引!

09112302.jpg
 この日は塩を頂きましたが、個人的には醤油の方が合ってます。
 まぁ、スープが違うだけで、麺も、トッピングも同じですね。
 味は「昔風」じゃなくて「昔のまま」というのが合ってそうな感じ。なんか、昔外食するって云えばデパートのレストランか、街のラーメン屋さんくらいしか経験が無くて (^^; 「今日は特別だよ。みんなには内緒だよ。」とか言われながら食べたラーメンを思い出す味です。
 その頃のラーメンは常に「醤油味」だったものだから、自分的には醤油がお勧め。
 塩味はあっさりしてるので、飲んだ帰りでは物足りないかも?

09112303.jpg
 銭湯の右がラーメン屋さんで、左が本屋さん。
 飲屋街に建っている銭湯は惜しまれながらも廃業。
 鍋匠さん、お店の営業は午前11時から午後2時まで。夜の部が午後6時から午前2時まで(土曜は27時まで)だったと思います。学生ラーメン(小・中・高校生まで)もお安く(ランチより安かったはず・・・学生じゃないんで写真撮ってません (^^;;;)、お世話になった方も多いでしょうね。

鍋匠さん

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

革カブにアニキが!?

 先日ご紹介した「小樽の革カブ」さんですが、なんと今週になってアニキの存在を確認しました!
09112201.jpg
 アニキはC90カスタム・・・って、このマフラーだとHA02のどれくらいでしょうかね?
 スパイクを履いてるって事は、冬も頑張るんでしょうなぁ。「アニキ!」って感じがしますなぁ。

09112202.jpg
 まぁ、カブカスタム系のユーザーさん、それなりにこだわりがあると思うんですが、自分としてはYAMAHAのメイトの印象が強くて、角目があまり好きじゃないんですよ。燃料計が付いてたり、便利なのは知ってますがね。わざわざリトルのハンドル周りを移植してるのも、丸目の方がカブらしいからなんですよねぇ。でも、リアはカスタムのままなんですが (^^;;;

09112203.jpg
 革カブ2号はリアダンパーが社外品の他、強化サイドスタンドが追加されています。
 アニキの方が新しいみたいです (^^; ・・・じゃ、弟じゃん (^^;
 革カブ1号のミラーが四角なのは、アニキから移植されたんでしょうね。
 カスタム用が一個余ってるはずなんで、プレゼントしたいですなぁ。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

CD50S フロントサス登場

 CD系勉強シリーズです (^^;
 更に驚愕の事実を知りましたw
 ってか、単に旧車のことを知らないだけですね (^^; CD90シリーズはA型以前にもCD90で販売されているものがあり、4半世紀前くらいのもオクで出てます。まぁ、欲しい人には有用なパーツでしょうが、カブのテレスコ化にはもう少し新しいものの方が良さそうです。

09112101.jpg
 と言うことで、25φの限界を27φで埋めるために、なんとか落札しました。・・・ってエライ安かったんですが、何か?
 そもそも「オイル漏れあり、O/H前提でお願いします」的なコメントもあったので、まぁ、後悔はしてないんですが、三つ又からは抜けないし、ボルト穴には欠損があるし・・・orz

09112102.jpg
 一応、この面の写真もちゃんと出していたので、「ちゃんと見なかった、質問もしなかった」自分のミスと判断。クレームも入れてませんし、新品買うとすると1本1万6千円くらいするし、アウターチューブだけでも6千円くらいしそうなので、今のところは修正して使う予定。
 更にオークションを利用するか、微妙。
 何故なら、25φでも「詰め物」して硬くする方法があることを知ったから。
 
09112103.jpg
 三つ又の部分も、多分サビで膨れた部分がキッツキツの原因だとは思いますが、小修正で使えそうなので、カブ次郎のフロントを27φに変更する可能性は高いです。
 取りあえずフォークオイル抜いて、ばらすつもりで頑張ったのですが、底のソケットボルトが抜けずオイルを抜いただけ (^^;
 左は以外と綺麗で、右はそれなりに汚れてました。スプリングの目が詰まってる方が上だったのは意外でしたが、何を信じて良いのか分かりません (^^;;;

 CD90系27φFサスはオイル量約65ccって云う情報しかないのですが、まぁ、頑張ってみます。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

カブ in 金ヶ崎

 相変わらずネタがない、かぶじろうです。
 いや、まぁ、寒いので動きたくないのも原因ですが、しょうがないですよね (^^;
 と言うわけで、今回は何時もお世話になっている、ホンダドリーム小樽さんでの写真。

09112001.jpg
 こちらのリトルカブちゃんは、スタッドレスタイヤ装着です。
 ノーマルルックですが、とても綺麗に乗られており、冬でも愛用されてるのでしょうかね。
 ポンコツのフロントを無理矢理付けられたり、ボアアップされた上に強化型のヘッドに付け替えられ、ピストンを2回も変更されているカブ次郎から比べると、多分静かで平和なカブちゃんだと思います。
 お金に余裕があるなら、無改造キャブ50を一台、また、FI50リトル、FI110プロも欲しいところですが、当面無理だなぁ (^^;

09112002.jpg
 こちらは最終型と思われるC90(HA02)カブ。
 こちらもまた良いですなぁ・・・ (^^) 強い(しー)90です。
 でも、多分、こんなのを買っちゃったら、3桁排気量に改造しちゃうのは明らか。
 カブ90を無改造で乗る自信は全くゼロですwww
 50ベースに改造するのが楽しくなっちゃってるんで、90ベースもやってみたい。
 50ベースでノーマル90を凌駕するのは当然。90ベースでそれに負けない改造を望むのも当然。

 自分の常識が、明らかに異常マニアの方へ動いているのを楽しくは思いますが (^^; 家族の理解など得られるはずもなく・・・ (^^;;;
 

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

街で見かけたカブ

 いやぁ、ネタがないです (^^;
 そのうち、「○○どうでしょう・リターンズ」とかに成るかも知れません (^^;;;
 とは言え、今日も「街で見かけたカブちゃん」です。

09111901.jpg
 こちらのカブちゃんは「スパイク実装」です。北海道では違反ではありません。
 なんか、フルピンっぽくてうらやましいです。
 でも、大きな写真で見るとウチのとカワランかな?w
 スタンダード系のこの大型フロントバスケットは、プレスカブ相当の大きさがあり、うらやましいです。
 上下の取り付け部が、デラックス系の3㎏キャリアと全く一線を画しているのでリトル系には付きません (--; 

09111902.jpg
 リアも大きなキャリアが付いていて、働くカブのお手本みたいなカブちゃんです。
 でもねぇ、下り坂なんだから、標準サイドスタンドで止めておくのは危険ですよぉw
 カブ次郎なら多分寝てると思いますwww

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

ホントはどうなの?スパイク!

 えーと、原チャ以下は全然スパイク問題ないみたいだよぉ~。と言い放っていましたが (^^; まぁ、昔と違って、調べる気になれば家でもある程度調査出来るので、調査開始!

 かぶじろう的素直な解釈では・・・

① 雪道を夏タイヤで走ると違反。
② 11月1日から翌年4月9日までの間以外は原チャを含みスパイクは禁止。
③ 上記期間でも、原チャを含み、業務以外でのスパイクは禁止。
④ 下駄、スリッパ(当然雪駄も入るでしょう)での運転禁止。
⑤ かさをさし、物をかつぎ、物を手に持つ運転禁止。
⑥ 大音響サウンズ運転禁止。

 この辺が興味の範囲でしたね。
 まぁ、恣意的に書いてもしょうがないので、北海道の場合の規則は次の通りです。

【北海道の場合!】
道路交通法施行細則 昭和47年11月20日 公安委員会規則第11号
 最終改訂 平成21年6月19日公安委員会規則第10号

第1条 この規則は、道路交通法(昭和35年法律第105号。以下「法」という。)、道路交通法施行令(昭和35年政令第270号。以下「令」という。)及び道路交通法施行規則(昭和35年総理府令第60号。以下「施行規則」という。)並びにこれらの法令に基づく国家公安委員会規則の施行に関し、必要な事項を定めることを目的とする。
【中略】
第12条 法第71条第6号の規定により車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
【略】
 (2) 積雪し、又は凍結している道路において、自動車若しくは原動機付自転車を運転するときは、スノータイヤを全車輪に装着し、又はタイヤ・チェーンを取り付ける等滑り止めの措置を講ずること。
 (3) 積雪し、又は凍結している道路以外の舗装道においては、車輪にスパイクタイヤ(道路を損耗するおそれのある金属ピンその他の物が突出した状態で接地部に固定されているタイヤをいう。)を装着して自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。ただし、11月1日から翌年4月9日までの間において自動車又は原動機付自転車を運転する場合又は次のいずれかに掲げる場合においては、この限りでない。
  ア 物品の配達、通勤、通学その他の業務のため自動車又は原動機付自転車を運転する者が、当該業務のため頻繁に通行する道路が積雪し、若しくは凍結し、又は積雪し、若しくは凍結するおそれがある道路である期間において、当該業務に係る自動車又は原動機付自転車を運転するとき。
  イ その通行の経路に係る道路に積雪し、若しくは凍結し、又は積雪し、若しくは凍結するおそれがある道路の部分がある場合に、積雪し、又は凍結している道路の部分以外の道路の部分(当該通行の経路に係る道路のうち、道路及び交通の状況、滑り止めの措置を講じるための場所の有無等の理由により当該積雪し、又は凍結している道路の部分以外の道路の部分において滑り止めの措置を講じた自動車又は原動機付自転車を運転することがやむを得ないと認められる道路の部分に限る。)において自動車又は原動機付自転車を運転するとき。
【中略】
 (4) げた、スリッパ等運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物をはいて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。
 (5) かさをさし、物をかつぎ、物を手に持つ等運転の視野を妨げ、若しくは安定を失うおそれのある方法で、大型自動二輪車、普通自動二輪車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。
 (6) 高音でカーラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で、車両を運転しないこと。
【以下略】


① もう走りません。危険なので (^^;
② その通行の経路に係る道路に積雪し、若しくは凍結し、又は積雪し、若しくは凍結するおそれがある道路の部分がある場合に、積雪し、又は凍結している道路の部分以外の道路の部分(当該通行の経路に係る道路のうち、道路及び交通の状況、滑り止めの措置を講じるための場所の有無等の理由により当該積雪し、又は凍結している道路の部分以外の道路の部分において滑り止めの措置を講じた自動車又は原動機付自転車を運転することがやむを得ないと認められる道路の部分に限る。)において原動機付自転車を運転するときにしかスパイク付きは運転しません。
③ その他の業務として、自発的な公衆に対する情報提供を目的とした、個人情報の伝達、地域情報の確認の業務がありますのでゆるしてください。
④ 下駄、スリッパ(当然雪駄も入るでしょう)はしません。
⑤ かさをさし、物をかつぎ、物を手に持つ運転もしません。
⑥ 大音響サウンズ(イヤホン内)運転もしません。

 安全運転宣言でした (^^;

 罰則までは確認してませんが、都道府県の公安委員会ごとに決めは違うようなので、お巡りさんの云うことに文句を付ける時には注意して下さいね (^^)

【追記1】
 (3) 積雪し、又は凍結している道路以外の舗装道においては、車輪にスパイクタイヤ(道路を損耗するおそれのある金属ピンその他の物が突出した状態で接地部に固定されているタイヤをいう。)を装着して自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。ただし、11月1日から翌年4月9日までの間において自動車又は原動機付自転車を運転する場合又は次のいずれかに掲げる場合においては、この限りでない。
 あー、北海道では【11月1日から翌年4月9日までの間において自動車又は原動機付自転車を運転する場合】は無条件でスパイクOKみたいですね (^^;;; 誰か公安委員会に確認して頂けないでしょうか (^^;;;
 

テーマ : ♪今日も、バイクで…
ジャンル : 車・バイク

革カブ in 小樽

 革カブと言えば、あまりにも有名な革カブさんがおりますが、小樽にも、プチ革カブが存在します。
 
09111804.jpg
 雨の中だったので、さえない写真となってしまい恐縮ですが (^^; ある意味哀愁の漂う深い写真のような気も・・・ (^^;

09111805.jpg
 まぁ、レッグシールド近辺だけの革張りですが、それなりにきれいです。何故なら・・・

09111806.jpg
 まぁ、プロですから。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

一応買ってみた

 一応17インチ中古ホイルをゲットしてみました。
 取りあえず、カブ次郎に付けてみました。
 一応付きました。
 ブレーキケーブルが合いませんでした・・・ (--;

 ってのが、週末勉強会の発端だったのですが、ブレーキシューも違うようです。

09111701.jpg
 そもそも純正番号では分かりづらいので、NTBさんの商品番号で書いてみました。
 スプリングが随分違いますが、全体的にも違うようです。
 今回17インチホイルは前後ゲットしてるのですが、これが結構謎だらけで (^^;
 リアスプロケは35丁、と言うことはH型以降の筈。まぁ、これも付け替えた可能性は高いですね。
 でも、リアブレーキシューはどう見てもBS178。元々はBS121が標準なので、間違って付けたのか?うーん、疑問。

 晩年は121に統一されるのですが、時期によっては前輪が178、後輪が121、大昔は前後とも178だったりします。だからといってNTBさんの互換表には忠実に双方が商品として出してますし、良く分かりませんなぁ。
 カブは基本的にビジバイなので、178の強化型が121で、プレスのデカドラムが後ろに付いてるように、後輪の効きを優先し、後に全体的に強化したのかも知れませんが、ホントのところはどうなんでしょうかね (^^;

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

ステンのくせに

 カブ次郎、オフロードで頑張りすぎたせいか、こんな処に・・・

09111601.jpg
 まぁ、なして折れちゃったんでしょうね (^^; 大事に乗ってるのに。

 折れちゃったものはしょうがないので、そのうち何とかしましょう (^^;

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

ショックです・・・

 CD50とCD90の違いを調べて分かりました。
 カブ次郎のフロントは確かCD50E型位なんですが、まぁ、古いCD50です。

 で、古いCD50と言うのは、実は後年のCD50とはかなり違った作りで、N型以前のものはフォークパイプが25φ、P型以降は27φと全く互換性がないことが判明。
 ちなみにCD90とP型以降のCD50はパーツの共通化が図られており、後期型のCD50は結果的に強化型となっていることも判明。
 当然、フォークの径が違うので三つ又も互換性が無く、「スプリング替えて、オイル堅めにすれば強化型になるじゃん」と云う妄想が妄想であることが確定。スプリング自体が入らない可能性すらありますからね (^^;;;

 つまり、カブ次郎のフロント強化作戦には、ステムとフォークを変更するしかないことが判明。
 まるっきり交換、最初から購入みたいなモノですなぁ (--;;;
 まぁ、1年ほど遊ばせてもらったし、左フォークから「キュッキュ」音がしてるし、いずれにしても何らかの措置が必要だと云うことなので、ステム&フロントフォークを交換するしか無さそうです。

【追記】
 これまでの調査で、CD系流用テレスコ化を行う場合の注意点は次の通りでしょうか。
① ホイール関係 N型以前とP型ではハブとパネル双方が変更されていて互換性がない。ハブ、パネルごと移植する場合は関係ないが、パネルだけ用意する場合などは、改造ベース車がどちらなのか確認が必要。
② Fサス関係 基本的にCD90は初期型から変化無し。CD50はN型までインナーチューブが25φでCD90と互換性無し。主観で云えば、25φ旧型は50リトルで前後のバランス良好。自分的には柔すぎですが、未舗装路などをトコトコ走るのなら行けてると思います (^^;

 ウチの場合は旧CD50の25φインナーなので、どうりで蛇腹カバーがゆるゆるだったわけだ (^^;
 ホイルはAA01リトル、14インチ流用で、たまたま落札したCD系フロントホイールパネルがP型以降のものだったので良かったものの、N型以前用であれば無駄金となってました (^^;
 出品者はプロでない方が多いので、この辺の区別が出来なくても当然です。お互いに注意したいですね (^^;

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

CD50/CD90のフロントブレーキ

 CD50やらCD90やら、古いのやら、新しいのやら混在しているカブ次郎フロント周り。
 歴史のあるCD系も、時代と共に変化しており、CD系流用のテレスコ化には色々と問題があります。
 フロント周り一式を手に入れられた場合は心配ご無用。ですが自分のように、バラバラのパーツで構成すると型式や年式により合わないパーツもチラホラ。

 と言うわけで、今回は自分用にフロントブレーキにまつわるパーツリストを作ってみました。
 横列は互換性アリと判断していますが、当然推測です。多分合っているとは思いますが、発注等に際しては、自己責任でご確認のうえお願い致します。
 また、誤記等があれば教えて頂けると幸いです m(__)m

CD90N HA03-130まで
 Fブレーキケーブル 45450-065-900→45450-198-710
 Fブレーキパネル  45010-065-900
 Fホイールハブ   44601-065-900
 Fホイールアクスル 44301-051-010
 Fブレーキレバー  53175-198-000→53175-198-710
CD90P HA03-140から
 Fブレーキケーブル 45450-198-690
 Fブレーキパネル  45010-198-305
 Fホイールハブ   44601-GBJ-000
 Fホイールアクスル 44301-198-690
 Fブレーキレバー  53175-198-710

CD50N CD50-190まで
 Fブレーキケーブル 45450-065-900→45450-065-920→45450-198-710
 Fブレーキパネル  45010-065-900→45010-065-920
 Fホイールハブ   44601-065-900
 Fホイールアクスル 44301-051-010
 Fブレーキレバー  53175-147-671→53175-165-980
CD50P CD50-200から
 Fブレーキケーブル 45450-198-690
 Fブレーキパネル  45010-198-305→45010-GEG-000
 Fホイールハブ   44601-GBJ-000
 Fホイールアクスル 44301-198-690
 Fブレーキレバー  53175-165-980

 ちなみに、フロントホイールですがハブとパネルの関係で云うと、C50系カブは資料不足で良く分からないのですが、C70/C90系カブでは、やはりN型とP型でパーツの変更があり、N型までのFホイールハブ 44601-065-900 は 44601-GB4-000ZA と変更になっていますが、代替部品なのでCD系と全く同じと考えて良さそうです。
 つまり、CD系のテレスコを移植する場合、ブレーキパネル・ホイルもCD系で揃えると見栄えが良いのですが、ホイルをカブから流用する場合、N型以前のパネルの場合、N型以前のホイル(ハブ)でなければ取り付けられないし、P型以降のパネルの場合、P型以降のホイル(ハブ)でなければ取り付けられない事に注意が必要です。
 また、この時期を境にブレーキケーブルも変更になっているようなので、流用の際には同じく注意が必要のようです。

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

山遊び出来ませんでした

 完全防水ではありませんが水に濡れても冷えにくいネオプレーンはレイングローブとしても役立ちます。が、実際に雨の日に使うと水が染み込み、辛いです。でも、保温性には確かに優れており、小一時間程度の乗車なら結構使えます。

09111401.jpg
 でも、やっぱり、ウィンターグローブほしいなぁ。
 山遊びに出かけると、既に冬季閉鎖となってました。ゲートは開いてますが、夏タイヤのカブ次郎では危険なためあっさり断念 (^^;

09111402.jpg
 山より下の道は、乾燥路面、気温は一桁ですが凍結の心配はありません。
 
09111403.jpg
 帰り道、白のキチガイク○ウンに左から煽られたうえ、赤信号で停止したら、信号無視して右から抜いて行きやがりました。前は詰まってるのに、何がしたかったんでしょうか。
 カブ次郎パワーアップしてるので、次の信号で抜き去り、「ざまぁ見ろ。カブなめんなよ!」と心の中でつぶやき、走り去ってやりました (^^)
 渋滞路や市街地で、バイクに勝てる車はパトカーくらいなもんでしょう。

テーマ : ♪今日も、バイクで…
ジャンル : 車・バイク

 わざわざ海外まで出向いて、一度は見てみたいと思う、唯一のところは「ナイヤガラ・フォールズ」くらいのかぶじろうです。
 エライ滝マニアの方からコメントを頂きましたので (^^; 今回は2006年夏の北海道で訪れた滝から三つほどご紹介させて頂きます。

taki01.jpg
 大きな滝も魅力なのですが、電子機器に飛沫は禁物です。
 雨に当たることの多いかぶじろうとしては、雨でも使えるデジカメをゲットした暁には、もっと滝を見に行きたいとは思っています。が、2006年はまだカブとも出逢う前でした。

taki02.jpg
 ここは、滝と云うより「激流」と云った方がふさわしいかも知れません。
 見上げる滝では有り得ない事態に、彼は困惑されました。

taki03.jpg
 そんな服装で、胸ポケットにライター入れるなよ!

taki04.jpg
 朱鞠内湖の一周を野望として抱いていた自分は、二度と来そうもねぇ処で、やはり滝が見たかった。
 ハッキリ言って、崖を下っていきます。ピクニック気分では厳しいと思います (^^;

taki05.jpg
 流木が邪魔だったんで、無理を承知で「避けてみれ」と云ったんですが、「無理です」と返されました。
 今はどうなってるんでしょうかねぇ?

taki06.jpg
 こちらは伊達市(旧大滝村)の三階滝。
 見あげる滝も素敵ですが、小さな滝も好きです。

 アースノイドの誇りです (^^)

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

慣らし運転の副産物 後編

 あまり天気は良くありませんが、秋の使者とも出会いました!

09111201.jpg
 その1 秋サケ・・・というか、ホッチャレ。

09111202.jpg
 その2 白鳥。

09111203.jpg
 噴火湾にこんな景色があるのは知りませんでした!晴れてれば絶景ですなぁ (^^)
 まぁ、雨が降っていないだけマシです (^^;;;

09111205.jpg
 礼文と言えば「礼文島・礼文町」ですが、礼文駅もあります。まぁ、本道内ですが。
 「礼文に行って来ました!」・・・ウソではない (^^;

09111206.jpg
 お帰りは、ニセコでコロッケ♪(^^)
 おやつにちょうど良いんですよねぇ~ (^^) おいしいし。

 終了

テーマ : ♪今日も、バイクで…
ジャンル : 車・バイク

慣らし運転の副産物 前編

 なぜか英語のコメントが真狩(まっかり)村出身の「細川たかしさん」のページに集中し、「さんきゅー」くらい返しておこうか困っている、かぶじろうです。
 だいぶ省略したんですが、それなりに写真はあるので前編・後編に分けてご紹介します (^^;

09111101.jpg

 えー、留寿都(ルスツ)村です。まぁ、この像をみて「おお!」っと思った方は「おやじ&おばさん」認定します!合格!
 えー、開拓移民として明治の時代に、留寿都村に入植した経験がおありとのこと。
 多発性関節リューマチのお母様を何とかしたいと思い、看護の末、東京で4年の修行を経て「浪越式指圧療法」を編み出し、大正14年室蘭で指圧院を開業、その後札幌に移り、昭和15年東京へ進出。

09111102.jpg
 後年は屈託のないこの笑顔で、テレビにも多数出演されてました。
 うーん、どんな番組だったかは記憶にないのですが (^^; この笑顔は忘れません。
 「しあつのこころ ははごころ おせばいのちの いずみわく」ですよ。

 また、童謡「赤い靴」の異人さんに連れて行かれる少女の生まれた場所が、この留寿都村です。
 開拓移民の母親がこの地で産んだ子を、生活苦のため宣教師である異人さんに引き取ってもらうわけですねぇ。まぁ、諸説あるようですが、その子は異国に渡ることなく孤児院で息を引き取り、母親はそれを知ることもなく我が子の幸せを祈っていたらしい。
 長い間「ひい爺さん」に連れて行かれたと信じていたことは内緒です (^^;

09111103.jpg
 あー、だからどうしたというコメントもありません。
 まぁ、割と天気がよくて、暖かそうだと伝わるかなぁと・・・。
 でも、濡れ落ち葉も多く、油断して走ってたら大けが間違い無しです (--;

09111104.jpg
 遠くなかったんで、滝をみてきました。
 滝好きです。大瀧 詠一も好きです!

09111105.jpg
 だから、滝が好きなんだって (^^;
 
09111106.jpg
 えー、室蘭市内で撮った写真が此くらいしかないもので・・・ (^^;
 近くの「なかよし」(ラーメン屋さん)が無くなってたのが残念!

 多分・・・後編に続く

テーマ : ♪今日も、バイクで…
ジャンル : 車・バイク

ヌタでしょうか?

 えーと、SLライダーさんに「ヌタってなんですか?」と聞かれましたので、ヌタらしい写真を探してみました。
 てか、基本的にウチのカブ兄弟は、ヌタ用のバイクではありません。CTハンターさんなら行けますが。

ヌタ02
 まぁ、こんだけヌタが補修されていてもカブ次郎には結構きついッス!
 途中はヌタもありましたからねぇ・・・ (^^;
 どうキツイかというと、エンジンの地上高が低すぎだし、横型エンジンなので冷却フィンが目詰まりします (^^; この時も湯気出ていたし・・・。

ヌタ01
 そして最大のネックが「キャブ」です。大ヌタに入ったらエンジン即死です (^^;
 と言うことで、カブ兄弟がヌタにアタックすることはありません!

ヌタ03
 まぁ、行ってみようかな?とは思うのですが、翌日が休みで、真っ暗な中、一晩カブを押し続けて山道を下りると言う決心が出来なければ、行きません。
 この時は「凍死」や「熊に襲われる」危険があったのでスルーしてます (^^;

 まぁ、砂利道なら兎も角、ヌタ(泥)道はロードタイヤではキツイです。実際登れなかったこともあるし。
 うーん、ヌタ用にもう一台欲しいですなぁ (^^;

テーマ : ♪今日も、バイクで…
ジャンル : 車・バイク

ラーメン みそら @小樽

 今年の夏にメルヘン通りにオープンした ラーメン みそら さんです。
 まぁ、先週の話しなんですが (^^; 何の情報もなく、店先でメニューを見たら、塩ラーメンが食いたくなって入りました。

09110318.jpg
 休日の2時過ぎで、お客さんは居ませんでしたが、愛想のいいおじさんと、その他2名で店を切り盛りしているようです。
 平成21年11月3日現在のお値段ですが、 味噌ラーメンが780円 塩ラーメン・醤油ラーメンは730円でした。

09110319.jpg
 面はちょっと堅めですが、大好きなタイプ。スープも澄んでいて出汁も良いのですが、ちょっと塩味がキツイかなぁ。でも、全体的にはあっさりしていて美味しいです。岩のりも美味しいのですが、折角のスープを冷ましてしまってるのは、どうだろう?
 まぁ、結局完食してるんですが (^^;

09110320.jpg
 600円以下なら満足ですが、場所が観光客相手の一等地なので130円は場所代ですねぇ。
 意外と奥も広く、北一ガラス周辺の観光メインで時間が無く、ラーメン希望なら良いカモです。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

JUNのキットは高いのか?

 ネタがないのでちょっと考えてみました。
 個人的には色々アドバイス頂いたりして、「安い!」とは思ってますが、検証したことがなかったので・・・。他社の製品価格との比較ではありません。他社の製品を買ったことがないので、比較が出来ないのです (^^; そのへんは予め書いておきます。比較は「純正部品」が対象となります。

 以前ご紹介している、カブ次郎に使用したキットは「通勤快速リーズナブル72ccパワーアップセット」で、販売価格は税込み3万円。
 まぁ、分かる範囲で、JUNブランド補修パーツとしての単品価格を入れて、割安感を感じてみました (^^;
 同等純正品の単品価格(平成5年現在)は積算が面倒なのでパスしますが、B~D相当品無しの鉄シリンダーで3万くらいだと思います。

●通勤快速リーズナブル72ccパワーアップキット 30,000円
A:HG72ccアルミシリンダーボアアップキット☆ 72~105cc用シリンダー単品 15,000円+JUN専用72~105cc用ピストンキット 9,000円
B:京浜PC18キャブセット★ 単品販売無し 【参考 京浜PC20単品 10,000円+パワーフィルターショートタイプ2,600円】
C:ハイカム(特殊メッキ加工済み)★ 8,000円?
D:カブ強化クラッチスプリングセット 3,200円
E:Fスプロケット15丁 500円
F:ほか同梱  72/80・96用メタルガスケットセット 2,600円相当
【15,000+9,000+12,600+8,000+3,200+500+2,600=50,900円相当:単品より20,900円割安】

★通勤快速ノーマルヘッド72ccパワーアップキット 36,000円
B’:京浜PC20キャブセット(京浜PC20単品 10,000円 +パワーフィルターショートタイプ2,600円)
C’:ハイカム(ナイトロテック加工済み) 8,000円?
(B’とC’がリーズナブルと違う)

☆リーズナブルNH用72ccボアアップキット 14,800円
A+:HG72ccアルミシリンダーボアアップキット同等品?+F72/80・96用メタルガスケットセット 2,600円相当
【15,000+9,000+2,600円=22,600円相当:単品より11,800円割安】
【ただし、ビックキャブ+ハイカムの単品購入で既に割高!】

 純正部品の単品購入でキットと同等品にするには5万円はかかるでしょうし、組み込みをバイク屋さんに頼めば工賃が2万くらい、合計で7万くらいかかると思います。

 結局何を求めるのかにも依りますが、80ccキットを含めて、どノーマル50からボアアップするのでしたら、ご予算を無理してでも、「JUNさんのところに限れば、」高めのキットを購入する方が割安感が高いと思いました。(よその製品は買ったことがないので、あえて「評価出来ない」と書いておきます。)
 特殊メッキやキャブパーツの仕様などで、数種類のキットで価格は数万変わりますが、ある程度走りにも興味があり、ツーリング仕様のカブを50ベースで作りたいし、大事に乗りたいと言う考えであれば、最初から80ccBFキットとかを組むのがお勧めだと思います。

 今回、カブ次郎に頂いたBFヘッドを付けてみて、予想どおりの改善を感じつつありますが、ペンタゴンネット付きの補修部品で購入すれば2万5千円です。
 BFヘッド組み付けの要である、ピストン交換だけで5千円くらいかかります。
 パーツを交換するたびに感じられる効果ってのは、醍醐味の一つですが (^^; 素人整備ではトラブルに関するリスクが大きいのも事実ですし、あれも替えたい、これも替えたいときりがないのも困りものです (^^;

 組み付けに必要な各種工具も、揃えようとすると結構な値段になるので、一般論では「完成度の高い、買える範囲の高いキットを買って、バイク屋さんに組んでもらう。」のが一番安上がりかも知れません。

 で、永く使うなら「耐久性のJUN」さんがお勧め!
 レースで使うなら多分違う選択肢もありですが、JUNさんのプロデュースするパーツは使い捨てではなく、信頼出来る頑張れる部品たちです。

 「壊れないカブ」を「壊している自分」が書くのもなんですが・・・ (^^;;;

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

カブ次郎BF化計画 慣らし運転

 あースミマセン。慣らしを語れるおやじではありません (^^;
 まぁ、100キロ程度は無理せず、次の500キロ程度は多少の無理をさせ、後は無理矢理です (^^; BFヘッド交換直後のオドメーターを写していなかったので、余市で撮った写真がスタート。
 これ+30キロくらいでオイル交換済み。
 それから走って、昨日は色々とトラブルがありました (^^;

09110801.jpg
 で、本日も走ります。暖かいから!
 まぁ、一寸した用もあったのですが、来シーズンまでに「慣らしは終わってる」と思い込むため、多少無理して走ってます(笑)。

09110802.jpg
 まぁ、昨日の時点で200キロ以上走ってるわけですが、キャブのオーバーフローは論外として、カブ次郎・・・燃費が更に悪化してるような気がします・・・。
 一応昨日は倶知安で給油して、稲穂峠~余市~古平~小樽へ戻ってますが、カブ太郎ならまだまだ余裕の筈なんですが、一応出発前点検。
 
09110803.jpg
 うーん、調教の仕方が悪いのか・・・。まぁ、今回は燃費データも取ってきますよ!
 確かにBFヘッドでガスを大量に送るんだから、燃費は落ちますわな。
 それに、初期抵抗もあるだろうし、慣らしのデータはその時しか取れませんから、珍しく真面目にやります (^^;

09110804.jpg
 大幅に省略して、既に帰りコースです (^^;
 まぁ、伊達から長万部付近の海岸線を走ったことがないので、ちょっと走ってきました。
 アルトリ岬キャンプ場は既に閉鎖。海岸線の未舗装道路で疾走し、転落しそうになったことは内緒。
 Docroさんはこんなところの上にあるキャンプ場に、泊まってたのですねぇ。

09110805.jpg
 再び大幅に省略。写真もないし (^^;
 で、燃費の悪いカブ次郎、ついにやっちゃいました (;;)
 まぁ、携行缶の1リットルでしのげますが、備え無ければ痛い場所です!

09110806.jpg
 中途半端なので、22000でオイル交換にしようっと!

●カブ次郎の燃費
BF交換前 参考値 9月 46.8㎞/㍑ 48.7㎞/㍑

今回BF交換後
27.2㎞/㍑ 余市~ルスツ 以前よりはトルク感があるものの、回らない。まだ当たりが付いていないんだと思う。
36.3㎞/㍑ ルスツ~室蘭 平坦地が多いので比較的スムーズ。一部でばらつくものの、比較的回るようになってきたような気がする。
33.1㎞/㍑ 室蘭~ニセコ 山坂も多いが、結構無理が効くようになる。
38.1㎞/㍑ ニセコ~小樽 先行車に付いていくだけだが、先行車に付いていけるのが嬉しい。
 高速域からフルスロットルで伸びが出てきた (^^)

 あたりが付いて、フルスロットルを控えられるようになれば、もう少し延びると思います。
 80ccのカブ太郎が50~60キロくらいの燃費なので、72ccは燃費的には厳しいのかも知れません。
 何より北海道主要国道の郊外で、迷惑にならずに(あ、登りでは譲ることも多少あります。以前よりは少ないですが。)走れるのは嬉しいですね。オタモイのサルさん、ありがとうございました!
 

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

カブ次郎BF化計画 その後

 無事にBFヘッド搭載も終わり、特段支障もなくエンジンもかかりましたが、当然慣らしは必要でしょうなぁ。
 と言うことで、タペクリ調整が出来てませんが、軽く余市まで流して、ご報告ついでにオタモイのサルさんのところでタペクリ調整をすることに・・・。レンチは発見出来たんですが、シネックスゲージがですね、見つからないんですよ (^^;;;
 オタモイのサルさん、朝っぱらから、ありがとうございました (^^; おかげで静かになりました。

 でまぁ、ポン付けしただけなので、慣らしを兼ねて、毛無峠~赤井川~樺立トンネル~倶知安~稲穂峠~余市のイメージで出発。
 慣らしというか、普通のプチツーかも (^^; 小春日和 (^^)
 
09110701.jpg
 樺立に入る前に、駐車場でプラグ確認。まぁ、白いくらいですかね?
 よく回すサル乗りさんたちは8番位をつけてるらしいので、1番上げても良いかなと思う今日この頃です。
 一服してると、第一トラブル発見!そう言えば、オイル交換したあとで、トルクレンチで締めようと思って、ドレンボルトを仮締めのまま、そのまま走って来ちゃった (^^;;;

09110702.jpg
 まぁ、以前にも似たようなことはあったわけで、どうしよう・・・車載工具には17ミリレンチはないんですが・・・たまたま積んでます (^^;
 タペクリ調整用に積んでたのを思い出し、締め直してセーフです!
 もちろんオイルの量も確認しましたが、規定値内。こちらもセーフ!

09110703.jpg
 普段は車載工具くらいしか積んでません。まぁ、もう少し積んでおいた方が良いかも知れませんね。
 まぁ、最悪はプライヤーで締めるんでしょうけど。

09110704.jpg
 山の中は結構雪が残ってるところもありますが、道路はさすがに乾燥してます。
 BFヘッドになったカブ次郎ですが、かなりトルクが増えました。その分回転の伸びが少なくなったような気もしますが、慣らしですから(ホントか?)。

 で、樺立トンネルを抜けて、倶知安の市街地にはいると絶不調!(苦笑)
 また倶知安かよ!って感じですが、ガス欠のような症状です。
 でも、今朝満タンにしたばかりだし、いくら何でもおかしいだろ・・・。

 と思っては見たモノの、燃料計は確かにガス欠を示してます。
 まぁ、1リッターの携行缶は積んでるので、どうにかなりますが、春のエントラの時は、ピストンの組み付け不良で燃費が悪い状態が続き、最終的にはエンジン破損・・・まで行っちゃってますので、なんとか原因を掴みたいところ・・・。

 取りあえず「リザーブ」に入れると・・・キャブからオーバーフローしてるじゃん (--;;; なんで?
 フロートを確認しても、普通に動いてるんですが・・・。
 まぁ、市街地に戻って給油した方が良さそうなので、満タン給油して再度点検することに。

09110705.jpg

 じゃじゃ漏れです (--; うーん。
 でもまぁ、フロートの動きを確認し、フロートバルブの部分でちゃんとガソリンが停まったり、出たりするのを確認して、再度組んでみたら復旧しました!
 一体何が原因でこうなっちゃたのでしょうか?ゴミ?たたり?呪い?

09110706.jpg
 オーバーフローホースを持ち上げてたら、上からも出る始末。エンジン掛けたら壊してただろうなぁ。
 下手したら火災ですよ (--; 爆発して火だるまだったかも?
 人間、慌てると理解不能なことをするモンだと、自分のことながら感心しました (--;

 とは云え、朝から60キロ走ってオイル交換、その後200キロほど走って、無事本日の目標達成。

 最高速は変わりませんが、坂道での粘りが出ました。
 これまで2速に落としていた坂道でも、3速で登れるようになりましたし、2速でギリの坂道でも余裕です。
 カブ太郎ほどの余裕はありませんが、稲穂峠でもなんとか乗用にくっついていけるので、多少の遠出も大丈夫。
 根雪になるまでには慣らしを終えたいですね (^^)

続きを読む

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

カブ次郎BF化計画 終了

 と言うわけで、天気が良かったので午後から有給。
 部品もそろってるし、天気も良いし、暖かいし。タマには自分へのご褒美?

09110601.jpg
 最近はサービスマニュアルなしでもばらして仮組までは出来ます。でも、各部のトルク管理が出来ないので、SM無しでは完成までは行きません。
 サクッとインマニを外します。ホントは「←→」のインテーク径はありません。内側の白い部分がインマニのヘッド側の径です。
 通勤快速リーズナブル72ccパワーアップキットのインマニはヘッド側で相当絞り込んで、ガスがスムーズに流れるように工夫されてます。このため、単純にノーマルヘッドのインテークポートを広げても、あまり効果が無さそうです。
 ポート加工する場合は、インマニも変更する必要がありそうです。

09110602.jpg
 カブ太郎に付いていたC50ノーマルヘッドさん。
 まぁ、まずまずの焼け具合だと思いますが、ホントのところはどうなんでしょうか?
 写真での写り具合もありますが、人様のヘッドを見る機会がないので、勝手にこんなモノだと思っています。

09110603.jpg
 通勤快速リーズナブル72ccパワーアップキットのピストンさん。
 見づらいかも知れませんが、やはり少し凹んでます。
 他社のキットの多くは高圧縮にしてパワーを絞り出す方向のモノが多いようですが、JUNさんとこのキットは標準並みの圧縮(50系の圧縮は10)で、ピストンの軽量化やピストンリングを薄くして摩擦抵抗を押さえる方向でパワーを稼いでいるようです。
 このためハイオクを使う必要が無く、耐久性の良さにもつながっているようです。

09110604.jpg
 シリンダーも至ってきれいでした。

09110605.jpg
 目立つ傷もなく、まだまだ頑張ってもらえそうです (^^)
 特殊メッキ加工したシリンダーもあったようですが、これでも十分だと思います。
 まぁ、改めて単品で買うとすれば+5000円なので、迷うところですけどねぇ (^^;;; 
 でも、2万もするからなぁ・・・もしかしたら72ccタイプは欠品かも知れませんが。

09110606.jpg
 「弛みやすい」と聞くスタッドボルトですが、見事に弛んでました (--;;;
 中には1回転くらい回るヤツもあり、全く油断が出来ません。ちょうど良い時にチェック出来ました。

 毎度の強敵の「サークリップ(ピストンピンクリップ)」ですが、今回は比較的楽勝で取り外し。
 取付の方は最初泣きそうでしたが、イメージとしてはタイヤの組み込みみたい。
 爪を利用して、はまる溝から徐々に填めて行き、最後はラジペン状のもので押し込んでおしまい。
 滅多にやらない作業なんで、なかなかコツが掴めません (--;

09110607.jpg
 ピストンの挿入は、リングをすぼめるようにしながらシリンダーにゆっくりと押し込めばOK。
 ピストンリングから後ろ側はタップリOILをつけておく方が良いでしょう。

09110608.jpg
 ロッカーアームはBFヘッドに流用しますが、買って間もないためきれいなモノです。
 まぁ、調子が良くても将来的にはC90用に変更予定。50用ハイカム共々繋ぎで頑張ってもらいます。

09110609.jpg
 あっさり付いてしまった (^^;
 念のためプラグをつける前にキックしても、ヘッドやバルブからの衝突音は無し。
 
09110610.jpg
 カムカバーはガスケットが無くノーマルをつけてましたが、今回はモンキーR用純正品復活。

 一応手ルクレンチで締め付けた状態で、数回キックしても異音無し。
 マフラーをつけて、キック!無事始動しました。異音無し。
 10分くらいアイドリング。異音無し。
 ハンドルを曲げると回転があがる・・・問題あり。

 アクセルワイヤーの取り回しを変更。解決。
 10分くらいアイドリング。特に問題なし。

 本日の作業終了。

【明日の予定】
 規定トルクでの本締め。
 タペット調整(レンチ等が行方不明で・・・探さなきゃ (^^;)
 試走・オイル交換・試走

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

カブ次郎BF化計画 その3

 と言うわけで、本日も豪華2本立てです!

 さて、排気量が大きいほど速く走れる・・・まぁ、基本的にそうだと思う。

 72ccは中途半端・・・実はそう思ってる (^^;
 C90はピストン径が47φでC70と同じ。実はつい最近まで知らなかった (^^;

09110312.jpg
 まぁ、BFヘッドの燃焼室の大きさからすれば、50ノーマルヘッド用のピストン形状では圧縮率が下がるのは、ある程度容易に想像が付くわけで、困ってJUNさんに聴いてみたところ、「カブ70の純正ピストン」と即答があったので迷わず発注。
 ちなみにC90用はピストンピンの位置から上が長いので、組み合わせとしてはNGです。衝突します。
 ただし、中にはC90用を加工してハイコンプ仕様で稼動させている方もいるようです (^^; スゴ!

09110313.jpg
 今のカブ次郎のピストンは、頂部が少し凹んでた様な記憶があるんですが、純正ピストンは明らかに凸型です。まぁ、今のピストンを外したら、比較写真をアップしたいとは思います。
 そして、ピストンヘッドの部分て、もっと平滑かと思ってたのですが、意外と凸凹ですね (^^;

09110315.jpg
 別に必要ない気がしますが、スカートの中見たい人もいるでしょうから、サービス (^^;

09110316.jpg
 で、ピストンリングを付けました。不安ながら (^^;
 これまでJUNさんのところのキットで、2回ほどピストンの組み付けはしましたが、キットはピストンリング組み込み済みのため、初めての作業なんですよ。
 トップリング・セカンドリング、オイルリング&サイドレール・・・これで良いんだろうか?
 多分オイルリング&サイドレールはOKだと思う。
 トップリング・セカンドリングは向きはR等の文字を上にしたので向きは間違ってないと思うが、黒っぽいのがセカンドだと50用SMから推定して付けたんで、ちょっと不安。多分大丈夫?
 ちゃうぞー・・・と言うコメントがあればよろしくお願い致します m(__)m
 
09110317.jpg
 ピストンピンは意外にも、JUNさんとこの80BFヘッド用より若干長い感じです。
 えー、春の「エンジン破損」以来、己の過ちを忘れないように、PCモニター前に晒し者にしてたので (^^; サビが出て来ちゃいました。

 インマニはBFヘッド用の標準インマニがあるのでOK!あとはガスケットがくれば取付部品は揃います。
 ホントは90用ハイカムと90用ロッカーアームで組みたいんですが、一応こないだロッカーアーム買ったばかしだし、今回は様子見と言うことで先送り決定。

 また楽しい燃調地獄が待ってます (^^;

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

らーめん てら

 えー、かつて無いことですが、mAm23(さん)がラーヌン3連発という記事を思い出し・・・うそです (^^; たまたま腹が減ってたのと、完食したあとなのに物足りなかったのがあいまって、実は「ななし」さんから出た直後、もう一軒チャレンジしました。
 
09103114.jpg
 いくらか行列が短くなってますが、2時過ぎだぞ?おい!って感じで、並んでみることに (^^;
 気温は6度くらいですかね (^^; 自分は冬装備なので待ってても平気ですが、普通の人はしんどそうです。行列が出来るのには訳がありますからねぇ・・・知りたい!

09103115.jpg
 お勧めは「これ」みたいなんで、これです。
 ななしさんの麺が細かったので、ある面反動が出ました (^^;
 茹で上がりに10分て、客が回らんから行列かぁ?とは云いつつ、店内の待ち時間にオーダーを取りに来るので、着席後に然程待つわけではありません。むしろ早いくらい。
 もやしの上のにんにくの量は、あらかじめ大目とか少な目とか「なし」とか頼めます。
 ・・・「極太にんにく醤油のにんにく無し」って・・・ (^^;

09103116.jpg
 ラーメンではないです。「てらの極太」でしょうなぁ。
 麺自体に「ちからとこく」があるので、スープも迫力があります。ただ、ちょっとしょっぱいかなぁ。
 でも多分、あのスープじゃないとあの麺は活かせない気もします。麺やもやしに絡める為のスープ。つけ麺スープのちょっと薄めのやつって感じでしょうか?
 蕎麦湯みたいにスープを割る出汁があれば、最後まで美味しくいただけると思います。

 にんにく効果で汗出まくりです (^^;
 美味しくいただけましたが、800円は自分の財布的にはちょっと高いなぁ。
 桜島も800円で、あれもラーメンじゃないという感覚なので、炭水化物なら「てら」、タンパク質なら「桜島」って感じでしょうか?自分でも、よくわかりません (^^;

 あと、連続3杯食うおやぢの構造も良くわかりません (^^;;;


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

かぶじろう

Author:かぶじろう
 このブログは かぶじろう を名乗る管理人の平凡な日常を淡々とまとめたブログです。
 カブなどの小型バイク、駅巡りなどの鉄道関係、道の駅などのドライブ、美少女系アニメなどの萌えオタ、ラーメンやソバなどの麺類、温泉巡りやキャンプ生活・・・平凡な内容です。
 過度な期待はしないでください。

 コメなんか頂くと喜びます。

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
10 ≪│2009/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも一覧

■ ブログ名:バイクに乗ったおやぢ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールでも・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

お天気
予言だyo!
禁煙