FC2ブログ

ほぼ理想かも

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

18082801.jpg

 キャンカーは知る人は知る Zil です。
 新車だと 700万円 を超えるので、とても購入は不可能です。
 そうは言えども、平屋を買うつもりなら、こっちの方がありかなぁと思います。

18082802.jpg

 またねぇ、CUB90 がぴょこりと載っているのも最高です。
 かなり羨ましかった朝でした♪
スポンサーサイト



焚火だ 焚火だ (^^♪

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 ゆるキャンを見て、異常に焚火衝動に駆られていましたが、焚火禁止のキャンプ場があまりにも多いこと、そもそも「薪」の販売がほとんど無いことから非常に難儀していましたが、市内で薪も手に入るし、焚火もできることが分かりました。

18082701.jpg

 これは 製材の端材 を買ってきたもので、練習の練習ですわ。
 大きなホムセンで 詰め放題100円 の端材です。

18082702.jpg

 まぁ、製材なのでなんだかワイルド感が無いというか、見た目がイマイチです。
 ただ、しっかり乾燥しているので点火の初期段階には良いと思います。

18082703.jpg

 こちらは針葉樹の からまつ材 です。
 からまつは丈夫なので、炭鉱の坑道を支える材木として使われていたようですが、乾燥する際に捻じ曲がるようで建築材としては嫌厭されていたようです。
 まぁ、現代の技術で矯正することもできるようですが、輸入材の方が安いらしく、普及には至っていないようです。

18082704.jpg

 ロゴスの薪は名寄で入手しましたが、製材の端材なんですよね。

18082705.jpg

 最高の贅沢です。
 裸火の世界。

18082706.jpg

 翌日も種火が残っていたので、周りから小枝を収集して再び焚火にします。
 本当ならしっかり消火してと言うのが当たり前ですが・・・

18082707.jpg

 今回の薪のメインは 白老大西林業 さんの カラマツ薪と混合広葉樹薪です。
 意外と薪の入手が大変でしたが、今回の経験で入手方法などを経験したので、以後に活かしたいと思います。

18082708.jpg

 丸一日も焚火をしていると、薪の組み方とかいろいろ勉強になりました。
 ボーっとしているのも良いものですわぁ。

18082709.jpg

 寒くなって暖を取る感じになると、ますます良いですよ。
 10月いっぱい開設しているので、もう一回は行こうと思います。

のんのんびより

 にゃんぱすぅ
 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 明日から のんのんびより ばけーしょん 封切りです。
 当然見に行きます。

 まぁ、今日もどうでもいい話なのです。スポーツジムに何故か子供たちの習字作品が張り出されています。
 で、10年くらい前だったかなぁ、イオンだったと思いますが子供たちの絵画展を何気に見ていた時は「キラキラネーム」のオンパレードで「なんて読むのかなぁ・・・」とか「どういう漢字なのかなぁ」と作品より名前の方が気になりました。
 で、今日も何気に名前が気になったのですが、驚くほど「キラキラネーム」廃れてました。

 しかも、自分好みの「乃」のつく名前が意外に多くて

 姫乃、雪乃、あやの、ゆきの に加え ここな

とか、ビックリでした。「乃」は付いていませんが、ここなちゃんなら 心菜・・・ 心奈・・・ やっぱひらがながいいな・・・
 
 ちなみに「乃」を付けた名前としては
 10位 「乃」
 ・彩乃(アヤノ)・志乃(シノ)・雪乃(ユキノ)・佳乃(ヨシノ)・璃乃(リノ)
などが人気とのこと。

 いやぁ、ホント自分が好きな女子の名前なんて、どうでもいいですね(苦笑)。

夏休み その9

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 家へのお土産はほとんど買いませんが、旧風連町のお餅。おいしいんで立ち寄りました。
 で、以前から気になっていたプレハブの蕎麦屋さんで昼食としました。

18082201.jpg

 メニューは標準的です。

18082202.jpg

 冷やしタヌキですわ。 

18082203.jpg

 プレハブですが、そばはうまかったす。

18082204.jpg

 幌加内

18082205.jpg

 そば畑って、この時季きれいです。
 久しぶりにきれいなものを見た気がします。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

夏休み その8

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 今回は天塩中川の ポンピラ を引き上げて、名寄まで。

18082101.jpg

 天塩川温泉の背後に無料ですが立派なキャンプ場があります。
 管理人さんがいないので荷物等を放置するのは若干心配がありますが、以前テント等を日干しするため放置し、早朝からバイクで移動しつつ、戻ってきたことがあります。
 すっかり乾いたテントをしまうことが出来ましたが、自己責任で・・・という感じですね。

18082102.jpg

 こちらはもうちょい南の 美深アイランド キャンプ場。
 道の駅も隣接しているので、車中泊の場合は道の駅、キャンプの場合はキャンプ場と使い分けができるし、温泉もあるので便利です。
 天塩川温泉キャンプ場は、無料なのに車中泊禁止なんですよね。

18082103.jpg

 ここにも 松浦武四郎 に関連する碑が・・・

18082104.jpg

 で、「函岳」に行ってみようとハンドルを切ったのですが・・・眠くなってやめましたw
 砂利道らしいし、バイクできたとして、NCもきついかなぁ・・・
 とはいえ、カブで美深に行くのもきついしなぁ・・・

18082105.jpg

 久しぶりに見学してきました。名寄です。
 全国で唯一保存されている キマロキ除雪車編成 の静態保存です。

 機関車+マックレー除雪車(雪をかき集める除雪車で、撥ね飛ばすラッセル除雪車とは全く異なります)+ロータリー除雪車(マックレー車が集めた雪をローターブレードで撥ね飛ばす除雪車です)+機関車
 この頭文字で キマロキ と呼ばれています。
 雪が少ない時にラッセル車で除雪して軌道を確保し、キマロキ編成で雪をぶっ飛ばして軌道の確保を確かにしていたようです。

18082106.jpg

 この保存されている編成はJR北海道の 準鉄道記念物 に指定されているそうです。

 現在宗谷本線で使用されている除雪車は DE15型 のラッセル式除雪車で、駅構内はモーターカーと呼ばれる小型車が使われているようです。
 ロータリー除雪車としては DD14 を思い浮かべる方が多いと思いますが、JR北海道では全廃されています。
 降雪量が少なくなっていることとか、運転免許の関係でモーターカーの方が使い勝手が良いとか、様々な要素で用途廃止となったようです。

 個人的にはDD51などのセンターキャブ(真ん中に運転台があり、どっち方向にも進行しやすいもの)より、エンドキャブの形式の方が好きです。キャブの逆方向の視界がめちゃくちゃ悪くて不評だったようですがw
 運用上は一般的な電気機関車のような両エンドキャブが理想だと思いますが、個性があるとかっこよく思える場合もありまして・・・。

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

夏休み その7

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 今回は 天塩中川(撤収) ~ 上音威子府 です。

18081901.jpg

 天気悪いです。
 幸い日中は雨にあたることはありませんでしたが、朝方は雨音で起こしていただきましたです。二日ともw

18081902.jpg

 8時前には青空も覗く感じです。

18081903.jpg

 北海道命名 150年 のメモリアルイヤー
 松浦武四郎 

18081904.jpg

 音威子府のちょっと北側にこんな碑が立っています。

18081905.jpg

 同じ場所で反対を見ると、鉄道が見えるので、当然JRからも見ることが出来ます。
 稚内行きだと進行方向の左側車窓から見ることが出来ます。

18081906.jpg

 前日通過した際に見落としていた 上音威子府駅跡 を確認してきました。
 微妙に手が入ってるのですが、計画倒れ???

夏休み その6

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 今回は 中頓別駅跡 から 中頓別町小頓別 までです。

18081801.jpg

 こちらは 中頓別町バスターミナル の建物で、2階には 鉄道記念館 が併設されています。

18081802.jpg

 元駅前に整備された広場は 天北線メモリアルパーク と呼ばれており、キハ22 208 が保存・展示されていますが、乗車することもできず傷みも激しいので、解体されるのも遠くないかもしれません。

18081803.jpg

 ここまで傷みが激しいと、整備には相当の金額がかかりますし、だれが負担するかと言う問題も出てきます。
 そもそも塗色が国鉄やJR時代の面影を残しているわけでもなく、車両自体が公園の休憩所としての役割だったのだし、今に至っては物置です。

18081804.jpg

 中頓別町バスターミナル2階の資料館

18081805.jpg

 敏音知のメモリアル
 奥はキャンプ場で向かいには温泉があります。

18081806.jpg

 かつて昭和45年まではナローゲージの歌登町営軌道が接続していたこともあり、それなりの活気があった地域だった小頓別市街地で異彩を放つ建物です。現在クラウドファインディング形式の対応はしていないようですが、小頓別地域の方が運営する保存会が存在するそうです。
 目立ちますし、残してほしいですわ。

夏休み その5

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 今回は 浜頓別駅跡 ~ 中頓別寿公園 まで

180816001.jpg

 駅跡にある浜頓別バスターミナルの建物内部
 国鉄時代によく見た わたしの旅 スタンプ台ですが、スタンプはありませんw

180816002.jpg

 バス待合室になった建物ですが、1階にはこのような鉄道資料が展示され、2階は図書館となっています。

180816003.jpg

 2階に上がったことが無いので真相は不明ですが、ウィキでは鉄道資料館もあるとのこと。
 行ってくればよかったー
 ちなみに、浜頓別駅は天北線と興浜北線の分岐駅でしたのでそこそこ活気がありましたし、オホーツク海側の国道沿いに キハ22を改造した食堂(後に水産加工場の食堂兼休憩所)がありましたが、今は跡形もなく、市街地もどんどん寂しくなってきています。

180816004.jpg

 お色直し中の 9600型 蒸気機関車
 屋根の無い屋外展示で相当良い感じのコンディションを保っている車両です。
 塗装関係のお仕事をされている方には常識ですが、「赤さびを塗った状態」です。
 タッチアップと言った部分補修が一般的ですが、これは元の塗装を相当範囲そぎ落とし、金属表面のさびを除去した後に錆止め塗料を塗った状態で、とても手間のかかることをやっているようです。
 赤っぽい塗料は発錆防止のためのもので、普通は表面塗料の上には塗らないのです。

180816005.jpg

 全国的に減少しているらしい タコの滑り台 があったので、記録として掲載します。

180816006.jpg

 F104J 栄光
 秩父別の展示がなくなりましたが、ここ 中頓別寿公園 では健在です♪

夏休み その4

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 小倉唯さん お誕生日おめでとうございます。
 ヤマノススメ ここなちゃん の中の人で、ご本人は華奢な方ですなぁ。

 今回は、稚内から猿払までの話。

18081501.jpg

 稚内市街地に入ったのが 午前7時半頃 なので、比較的ゆっくり見学できたかな。
 薪が買えそうなのは稚内くらいだと思っていたので、ホーマック開店の午前9時半まではフリーな感じ。
 主目的の 間宮堂さん は10時開店なので、良い感じです。

18081502.jpg

 写真は 稚内森林公園キャンプ場 
 遊戯施設もなく、ファミリーキャンパーが少なく、一方でソロキャンパーが多かったですから、ある意味マニア向けだと思います。
 稚内市内には声問の方に オートキャンプ場 もあるので、上手く住み分けてるのだと思います。
 声問には 赤男爵 の宿泊施設もあるので、関係ライダーさんにはキャンプ場より便利かもしれません。

18081503.jpg

 住んでいた頃に、ここらの利用状況を見に行った記憶がありますが、時期も違うと思うし、墓地の横を通る関係もあり数人の利用しかなかったので人気の無いキャンプサイトと認識していましたが、この日の駐車場の車を見る限り、どうしてどうして、なかなかの人気キャンプサイトです。
 ちなみにどちらのキャンプサイトも焚火禁止となっているためか、稚内のホムセン4件を回りましたが、薪は入手できませんでした。

18081504.jpg

 道の駅猿払付近
 キャンプ場・宿泊施設・温泉があります。
 以前は左の建物が 温泉 で、真ん中の温泉は無く、右の建物が宿泊施設でした。

18081505.jpg

 この日もソロキャンパーのテントが一張り。
 広くて清潔感があり、温泉も隣接しているのですが、吹きっさらしで落ち着かないと思います。
 ちなみにこちらも 焚火禁止 のようです。

 雰囲気は、道の駅岡島に隣接するキャンプ場と似てるかなぁ。
 (岡島はキャンカーサイトが人気はあるようですが・・・フリーサイトにテントを見たことがありません。)
 
18081506.jpg

 ライダーハウス やませ さん

 こちらはすごく気になっていました。
 ライダーは1泊千円。
 暖房完備とのことですが、営業は11月頃までとのこと。まぁ、そうだよな。

夏休み その3

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 今回は天塩中川ベースで、道北を再確認するキャンプドライブの3回目。

18081401.jpg

 南幌延駅
 駅巡りをする前は完全に 物置 だと思っていたので、待合室だと分かった時はすごく驚きました。

18081402.jpg

 この手の板張りの列車1両分しかないホームは、北海道のローカル線ではよく見かけますが、全国的にはどうなんでしょうかね。
 そもそも利用者いねぇだろ・・・って話はありますが、雪降る季節では貴重なシェルターになりますので、存在感は相応にあります。

18081403.jpg

 右側は ママさんダンプ と呼ばれる除雪用具。通称 ダンプ。
 真ん中は じょんば と呼ばれる除雪用具。今風に言えば 雪はね になりますが、なまらデカいと思います。
 湿った重い雪は ダンプで移動。乾いた軽い雪は じょんば ではねると、雪質によって使い方が違います。

18081404.jpg

 宗谷本線は名寄以南の路線と、名寄以北の路線で扱いが違っているようで、宗谷北線と呼ばれる名寄以北は険しい地形ゆえにJR北海道単独では路線改良もできず、貨物扱いもないので経営の足を引っ張る赤字路線です。
 幌延町は相当の危機感を持っており、鉄路の維持と町興しのため様々な手を打っている町です。

18081405.jpg

 幌延町駅前広場自転車駐車場
 駐輪場でないところが微妙に不思議w
 この立派な建物の中には ママチャリが1台 のみでした。

18081406.jpg

 しかも・・・ 放置だろ、これはどう見てもw
 まともな利用者は、いないようです・・・

 つづく・・・

オイル交換

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 何となく しっかりとした記録 もつけていないんですが、比較的乗車している カブ郎 なので、オイル交換をしました。
 今年の乗り出しの写真からの走行距離は 約1300キロ なので去年のヘッド交換の時期までに何キロ走っていたか分かりませんが、2000キロは走っていないと思うので 良し としましょうw

18081301.jpg

 ちなみにCub(AA01系)のエンジンオイルは ホンダ純正G1 が指定となっていますが、改造エンジンにはそれなりに無理がかかっていると思います。
 そのため高価な合成オイルがお勧めとなりますが、Cub系横型エンジンに詳しい JUN international の社長さんの勧めもあって、自分は ヤマハ(YAMAHA) ヤマルーブ プレミアムシンセティック  を使っています。
 100%化学合成油ですが、購入場所によっては4リッター缶でリッター1200円程度と比較的安いので、ホンダ系の純正オイルより自分は好きです。

 ちなみに今年車検だった RC63(NC700X) は ホンダ純正G1 を入れてもらっています。
 20リッターペール缶だとリッター600円程度ですかね。
 ある程度の整備は自分でする、新聞配達の業者さんならアリかもしれませんが、さすがにペール缶は・・・無理ですw

 空冷のボアアップ改造エンジンと、無改造の液冷標準エンジンでは前者の方が過酷なのは明らかだから、性能の良いオイルが必要という判断です。
 調整の不良があったかもしれませんが、ハイカムシャフトを入れてロッカーアームの接地面が目で見てわかるほど摩耗したことがありました。エンジンオイルをヤマルーブに交換してからはそのようなことが無かったので、まともに整備ができるようになったのか、エンジンオイルの性能なのかはわかりませんが、Cubにはヤマルーブを使用しています。

Honda Dream Cafe 礼受牧場

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 ホンダドリーム合同企画に参加してきました。
 北海道内でホンダの大型・普通2輪車を新車で買えるのは 小樽・札幌・旭川 のドリーム店のみとなり、北海道内ドリーム店相互の交流もあるようです。

18081201.jpg

 今回参加した、ドリーム小樽チームのバイクです。
 うちの RC63(NC700X)  は2機目。

18081202.jpg

 礼受(れうけ)牧場《留萌市》 到着

 主催のホンダスタッフが何とかしてくれるだろう という感じで、小樽スタッフは3人も来ているのに、参加者を仕切れていないという感じでちょっと残念。スタッフ、みんな若いしなぁ・・・
 ホンダスタッフも重要ですが、ショップスタッフが参加者に、施設の説明とか今後の予定とかしっかり確認して伝えるのが大事だと思います。

18081203.jpg

 集合写真を撮ってますが、多分全員ではないと思いますw
 逆に本州からの参加者さんもいたようなので、写っているかもしれませんね。
 この後野菜なしの焼肉を食った後も、いつ帰るかも伝えられず、まぁ、普段付き合いが濃いグループに混ぜてもらって、先発で帰ることとしました。

18081204.jpg

 帰り 道の駅厚田 で見かけた CB750F

 完全オリジナルでは無いものの、カッケーです。
 

続きを読む

夏休み その2

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 急遽夏休みの日程を変更して前倒ししたため、予定としては雑でしたw

18081101.jpg

 久しぶりに、宗谷岬の「間宮堂」さんの醤油ラーメンを食うのが今回の一番の目的。
 仕事では毎年稚内に行ってるのですが、冬季は休業しているし、仕事と関係ないので宗谷岬に行くこともないんですよね。

18081102.jpg

 わー、落ち着くわぁ。
 海鮮ということで 塩 を頼むお客さんも多いのですが、自分の一押しは 醤油 です。
 今は 800円 ですが、20年くらい前は、ホタテが3個入って500円だったと思います。
 高いとは思いませんが、安くもないです。

18081103.jpg

 で、味は今回頂いても、相変わらず 絶品 だと思います。

18081104.jpg

 帰りコースで音威子府に行ったので、ダメもとで 常盤軒(駅そば) に寄ってみましたが・・・そもそも 臨時休業 だったとさw

18081105.jpg

 ゴールデンカムイ コラボ缶 サッポロクラッシック♪
 2期も期待しています!

18081106.jpg

 翌日・・・

 いよいよ レジェンド になるのかなぁ・・・

夏休み その1

 こんばんわ。○○どうでしょうです。
 日曜までは一応夏休みです。
 ただねぇ、天気がねぇ・・・熱すぎるのも・・・だし、雨も・・・だし。

18081001.jpg

 今年初めてのキャンプです。
 ソロキャンで天塩中川のポンピラ温泉の隣にある 「ナポートパークオートキャンプ場」 で野営です。
 荷物を降ろして、とりあえずテントを設置しました。

18081002.jpg

 が、翌日が雨の予報だったので、タープを追加しました。
 しかし、このヘキサゴンタープを一人で立てるのは結構大変で、メインテントのオフセンターの距離が???
 本来なら、タープを先に立てていればおさまりが良く設置できるんですがね(苦笑)

18081003.jpg

 初日の夕食は 焼肉&おにぎり で終了。
 使っているのは ロゴス ピラミッドグリル・コンパクト  ですが、木炭との相性は最悪です。
 そもそも極限までコンパクトしているところに、半切りドラム缶で使うような木炭が使えるはずがありません。

 今のところ、100均やホムセンで売っている 豆炭(マメタン) と呼ばれる 40分~50分 使える燃料がベターと判断していますが、グリルのキャパに対して灰の量が多くてベストとまでは言えません。

 つづく

Enjoy Honda 2018 アクセスサッポロ その2 N-VAN

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 この状況を目にしたときは 救急車? と思いました。

18080400.jpg

 車種は NーVAN ですが、写真のモデルは ハイルーフ なんです。
 この子を選べば、今使っている N-BOX-N よりルーフが高くなりそうw そして、室内が広くなりそう♪
 家族で使うには・・・二人で使ってもやや物足りないと思いますが、おっさんが趣味で一人で使うのであれば、自分ならこの車種以外を選ばないと思います。

18080401_201808062148518d8.jpg

 助手席側は ピラーレス なので、開放感が半端無いです。

18080402_201808062148508a7.jpg

 このテーブルも、重力を利用して固定しているだけ。
 器用に木工をこなす方なら、自作はおろか素晴らしいワンオフ作品が作れると思います♪

18080403_20180806214850349.jpg

 この展開は、ベット下収納を活用するためのパターンで、ベット部分を下げて上に積む収納も可能です。
 自由度高過ぎだわ。

18080404_20180806214849f07.jpg

 運転席を確保しつつ、これほどの空間を軽自動車に確保するとは!!
 さすがに車内で 火 を使うことは言語道断ですが、電気調理なら あり かもしれません。

18080405_20180806214848d85.jpg

 4ナンバーで税金も安いし、いや、まぁ、欲しいですw

立ち寄ってみた

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 どうだったっけ?

18060501.jpg

 以前にも アニメ WORKING!! 聖地巡りで行ったことのある、札幌市平岡公園駐車場。
 6品目や7品目終了時の次回予告で使われたカットとほとんど一緒ですが、椅子(ベンチ)が一列少ない。
 写真右側にもう一つあったんですがね・・・アニメではw

 今日は疲れているのでこれでおしまい(^^♪


 

Enjoy Honda 2018 アクセスサッポロ

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 今年も行ってきました♪ 「Enjoy Honda アクセスサッポロ」

 このイベントはバイクに限らず、車もバイクも船外機も耕運機もと言った ALLホンダ のイベントです。
 ホンダジェットもそのうち展示にならないかなぁw

 今のところの 超お気に入り は トライアルバイクショー です。

18080401.jpg

 本多元治さん(左)と 小林直樹さん(右)

 小林さんはトークが上手で、演出も上手で、確かな技術でバイクの楽しさを伝えてくれます。ただねぇ、50を超えているので体力的にきついだろうなぁと思いますし、同世代として応援します。
 本多さんは小林さんからは若いといわれてますが、すでに40代じゃなかったかなぁ?

18080402.jpg

 お二人での ウィリー 走行♪

18080403.jpg

 小林さんの ジャック・ナイフ どこの筋肉をどうすれば すっ飛ばされないのか・・・ 全く分かりませんw
 毎度 お子さんのところに行ってますが、ドキドキだろうなぁw

18080404.jpg

 本多さんの ジャック・ナイフ このまま180度転換して足を地面に付けることはありません。
 車体をその場で回すために、前の小林さんの位置とは、ちょっと距離が離れています。

18080405.jpg

 去年のショーを見ているので大きな疑問はありませんが、こんな映像になることが不思議じゃない人がいれば病院に行くことを考えたほうが良いかもしれません。
 絶妙な操縦で△山を乗り越えて、しかも飛び越えていないんです。

18080406.jpg

 そんな中での まさか のミス!
 午前中の1回目のことでした。連射機能の無いカメラなので決定的瞬間はありませんよw
 右の台に載れなく落車したようでした。
 プロ根性で午後のショーも何も無かったかのように ネタとして「午前中に失敗してケツが・・・」  とかトークに入れ込みながらも完璧な演技をされてましたが、明日も頑張ってほしいです!

18080407.jpg

 これは フラミンゴ・ウィリー と呼ばれる技らしいですが、バイクは前輪ブレーキは右ハンドル、後輪ブレーキは右足で操作する乗り物です。
 バイク乗りならわかると思いますが、ノンブレーキの演技です。
 神業ですよ。

18080408.jpg

 ジャイアント・ウィリー 

 リアフェンダーが地面に付いてめくれてるんですよ。
 当然のことながら、運転者が前なんて見えるはずはありませんw

18080409.jpg

 最後には周遊の感謝タッチ!
 午後の部では ちびっこの体験周回走行 のサービスもありました。
 隣接する控えのテントに入るまでは、サービス旺盛に色々楽しませてくれるお二人なので、明日 8月5日 のショーも乞うご期待です!

 

2018 千歳基地航空祭 その2

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 いわゆる ロボットもの アニメは大好きですし、総じて戦闘メカは大好きです。

 北海道では最大の航空際が 航空自衛隊千歳基地航空際 です。
 陸上自衛隊丘珠基地 の 航空ページェントもかなりの賑わいですが、千歳は圧倒的です。
 地方の陸上自衛隊のイベントもかなり迫力があります(^^♪

18080201.jpg

 F4-EJ 双発ジェット戦闘機 ファントムⅡ
 国鉄気動車でいえば キハ82系 のような万能な機体。東西冷戦時代の西側最強の万能機でした。
 自分としては、一番好きなジェット戦闘機です。

18080202.jpg

 F-104J 単発ジェット戦闘機 愛称:スターファイター (Starfighter)航空自衛隊:栄光
 将棋の 香車(きょうしゃ) のような機体で、ミサイル時代の一撃離脱戦法を重視した純粋な軽戦闘機要撃戦闘機だと思います。
 ちなみに製造会社と形状から 三菱鉛筆 とも・・・
 すでに引退した機体であり、この機体も飛ぶことは出来ないそうです。

 国鉄気動車でいえば、準急用に運用された キハ55系 のイメージですw

18080203.jpg

 F-15J 双発ジェット戦闘機
 わたくし 海軍機 が好きなので、F-14の方が好みですが、結果としてはF-15を採用してよかったなぁと思います。
 要撃戦闘機と言う日本の専守防衛分野と、日米関係において 86 → 104 → 4 → 15 という流れは自然かと思います。
 四半世紀以上実戦運用されていますが、今でも世界トップレベルの戦闘機です。

 あえて言うなら、300系新幹線的な感じがします。

18080204.jpg

 F-2 単発ジェット支援戦闘機
 国産の F-1支援戦闘機 の後継機で、国産機開発を目指していたのにアメリカのねじ込みで F-16戦闘機 をベースに作られたようです。
 F-1は実質的には 攻撃機 なのですが、攻撃機という言葉では政治の世界で理解を得られないので 支援戦闘機 と言う訳の分からない分類が与えられています。

18080205.jpg

 同じく  F-2 単発ジェット支援戦闘機
 実質攻撃機なんだから、自分の感覚では被弾時の生存率を上げるために 双発 であるべきなんですがね。
 そういう意味では FA-18ホーネット ベースの方が良かったんじゃないかなぁ。

 あえて言うなら JR北海道 キハ283系気動車

18080207.jpg

 T-4 双発ジェット練習機
 エンジンまでを含む、純国産のジェット練習機で、T-2ブルーインパルスから引き継いだT-4ブルーインパルス機。
 T-2のような 超音速飛行 は出来ませんが、亜音速ジェット機の特性で中等教育をこなし、超音速教育はタンデムの実機で行うようになったそうです。確かに練習用だけに超音速機を運用するのは贅沢過ぎるかもしれません。

 逆に経済的に余裕のない国では 練習機に武装できるようにして有効活用する という考えを持っている国もあり、T-4にも武装を考えた時期があったようですが、F-15を撃破する敵勢力に対応できるような武装など装備できるはずがなく、まさに「飛んで火にいる夏の虫」とか「竹やり特攻隊」になりかねないので、武装はありません。

 いざという時に使えない武器なら持たない方がましですし、持っている武器を使えるように維持するのはとてもお金(と手間)がかかるのです。T-4に武装が無いのはとても合理的だと思います。

岩見沢の廉価ソバ屋さん

 こんばんわ。○○どうでしょうです。
 店名は忘れてしまいまいたが、岩見沢駅の駅前にはかつて立ち食いそばでは無いものの、ファーストフード的なお客さんの出入りが絶えないそば屋さんが1件ありました。
 岩見沢という土地柄では かまだ屋 さんが廉価販売で有名ですが、利用者の減少のためかどうかわかりませんが、知っている限りでも1店舗を閉鎖しています。

18080101.jpg

 で、何時から開店したのか不明ですが、岩見沢駅を背にして左手に 八洲(やしま) さんと言う蕎麦屋さんが出来ていました。
 以前気付いた時は閉店だったので、存在のみ知りましたが、この度利用する機会がありましたのでご紹介です。

18080102.jpg

 冷やしたぬきそば 380円
 プアーな感じですが、バランスが絶妙。好きです!

18080103.jpg

 平日重視の営業です。
 観光客向けではないのかもしれませんが、それこそが 地元の宝 だと思います。

18080104.jpg

 岩見沢駅から最寄りの かまだ屋 さんまでは充分徒歩で行けますが、少々遠いので岩見沢駅で中途半端な待ち時間があり、小腹が空いているならこちらのお店へのご来店はお勧めです。
 
プロフィール

かぶじろう

Author:かぶじろう
 このブログは かぶじろう を名乗る管理人の平凡な日常を淡々とまとめたブログです。
 カブなどの小型バイク、駅巡りなどの鉄道関係、道の駅などのドライブ、美少女系アニメなどの萌えオタ、ラーメンやソバなどの麺類、温泉巡りやキャンプ生活・・・平凡な内容です。
 過度な期待はしないでください。

 コメなんか頂くと喜びます。

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも一覧

■ ブログ名:バイクに乗ったおやぢ
ブログ内検索
リンク
メールでも・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

禁煙
○○をお休み中♪