国鉄という組織が残してくれた歴史に過去を忍ぶ日

 こんばんわ。○○どうでしょうです。

 北見相生駅に掲示されている時刻表。
 国鉄時代の 昭和42年3月のものと昭和60年くらいのものがありますが、こちらは昭和42年のもの。

 物心付いたときには グリーン車の2階級制になっていたので、1等2等の表記はなんか凄く歴史を感じます。逆にグリーン車のクローバーマークがないことや、指定席マークが違うので違和感があります(笑)
 まぁ、終戦から22年だから、発想も今とは全然違うんでしょう。

13073001.jpg

 画像については、一応拡大して読める程度にしたので、気になる方はどうぞ♪

 【今の常識が通じない所】

● 列車愛称の後に付く ○○何号 の号数が、上り下りで分けられていない。
 つまり、仮称で言いますが 上り カブ1号 と 下り カブ1号が存在し、条件によっては同じ駅に同じ名前の列車が並ぶことがありました。
 このため、上りと下りで奇数偶数に振り分け、同じ名前の列車がかぶらないように改善されました。
 ちなみに、この時刻表は 上り列車ですが(愛称とは異なる)列車番号は、すべて偶数です。2Dとか1022Dとか24とかね。

 8時丁度の あずさ2号 はこの改善で消滅したと記憶しています。(間違ってたらごめんなさい)

● 小樽行きが何気に多い。
 今でこそ 道都たる札幌ですが、歴史的には港のある 小樽 が北海道の中心たる 商都 だった時期がありました。北海道開発の一つの目玉である 石炭の搬出も小樽からですし、日本で有数の歴史ある鉄道街だったりします。まぁ、今の観光地としての運河をご覧になってもその意味が伝わるとは思いませんが、自分なりにはちょっとした発見でした。
 424列車は後の からまつ でしょうかね?

● 特急って言うな!特別急行列車だ!!
 格安航空チケット・・・とか、想像も出来なかった時代ですな。
 もう、飛行機に乗るなんてったら 清水の舞台から・・・ ← あくまで個人的見解です(笑)

 当時は夜行列車の乗り継ぎで上京するのが普通でしたし、自分の高校の修学旅行も連絡船~夜行列車~新幹線で京都・・・そんな感じでした♪

 このころの特別急行列車と言えば、全車指定席、周遊券NG、食堂車連結、そして今や懐かしい ウォータークーラー完備!ちなみに断熱材に アスベスト多用 ・・・たしか見学乗車を拒否するようになった理由だったと思う・・・ 間違ってたらごめんなさい。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

昔の時刻表を見るのって楽しいですよね

こんばんは!鉄道マニアの中では地味なジャンルに分類される
「廃鉄」のS.nagataです(未成線も好きです)。
 今は乗ることの出来ない鉄道路線に思いを馳せるのって、ノスタルジックな感じがして結構好きです。
 特に北海道は多くの路線が無くなっているので、旅行中に偶然見つけた廃線跡などを見かけると
「こんな場所に線路を通してたんだ…」
と驚くことが多いですね…
 地図(路線図)だけを見て
「何でこんな意味のない路線を引いたんだろ?」
と思うのは簡単ですが 
それは、その当時の『時代の流れ』や、そこに住んでいた人達の生活の(産業のあった)証拠なんですよね…
 色々な資料を調べてみたり、実際にその場所に足を運んで見て、その意味を知ると
「当時の人ってすごいな…」
って思うことが多くて、当時の人達のその地に寄せた思いや情熱など、色々なことを感じることが出来ます。
(それと同時に時の流れの無慈悲なことの「切なさ」も感じてしまいます)

 豊かな時代ではなかったけど、それらの路線はそこに暮らしていた人達の笑顔や幸せや生活を運んでいたことを想像すると、それは決して意味のないモノではなかった…と、おいらは思います。

北海道ってそういう「何も無い場所に人の生活できる場所を切り開いた」歴史を知るとホントすごい所なんだ!って思いますね
改めて「人間の情熱ってすごいな…」って再認識しちゃいます。
そういうものを感じて、「自分ももっと頑張らなければ!」と別の意味でパワーをもらってる様な気がします。
それらの場所はある意味おいらにとってのパワースポットですね!(笑)

Re: 昔の時刻表を見るのって楽しいですよね

 毎度ありがとうございます♪

>  色々な資料を調べてみたり、実際にその場所に足を運んで見て、その意味を知ると
> 「当時の人ってすごいな…」
> って思うことが多くて、当時の人達のその地に寄せた思いや情熱など、色々なことを感じることが出来ます。
> (それと同時に時の流れの無慈悲なことの「切なさ」も感じてしまいます)

 はい、そういうのを調べた結果を無人駅に貼り付けたり、イラストに感想を込めて残したりする 奇特な方がいることに 凄い人がいるなぁ・・・ と思ったりすることもありますがね (^^;

 自分は傷痍軍人さん(今となっては本物かどうかも分かりませんが・・・)が物乞いしているのをおぼろげに記憶している世代です。
 昭和の時代までに頑張ってきていた当時の人たちの気持ちを繋げる事が出来る、最後の世代かもしれません。そういった 無慈悲な所 もある程度分かるつもりです。

 そこはかとない気持ち・・・この手の話では、ついつい使っちゃいます。
プロフィール

かぶじろう

Author:かぶじろう
 このブログは かぶじろう を名乗る管理人の平凡な日常を淡々とまとめたブログです。
 カブなどの小型バイク、駅巡りなどの鉄道関係、道の駅などのドライブ、美少女系アニメなどの萌えオタ、ラーメンやソバなどの麺類、温泉巡りやキャンプ生活・・・平凡な内容です。
 過度な期待はしないでください。

 コメなんか頂くと喜びます。

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも一覧

■ ブログ名:バイクに乗ったおやぢ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールでも・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

お天気
予言だyo!
禁煙