FC2ブログ

激ぶら道北の旅 5

 約40分のトロッコの旅を終えた我々は、出発地に戻り、周辺を気持ちだけ散策。そもそも今回は、到着、即乗車と「待ち時間無し」のラッキーな出発。線路が単線(行き違いが出来ない線路のこと)なので、混雑するシーズン最盛期だと1時間待ちもあるらしいですから、乗車前に無駄な時間は無かったのです。
 「トロッコ王国」は旧美幸線の終点仁宇布駅跡(現在の受付施設が旧駅舎かどうかはボクは知らない)がベースですが、この地区自体にほとんど定住者がいないので、都会の人が当たり前と思う、あらゆるサービスはありません。「テーマパーク」のような気持ちで訪れると、あまりにも周りに何もないので注意して下さい。自分が「開拓者」だと思うと、周りの総てが「ありがたく」思えるはずです。
通らなかった道
北見枝幸(道南の江差町と区別するため言われる)に向かう路線。

 写真の左にチラッと出ているのは、北海道で活躍したことがない、実物の寝台電車です。マニア向けに書くと「サハネ581-19」です。北海道では鉄道車両を一般的に「汽車」と言います。内地の「電車」と同じですが、呼称でこだわる人も多いです。どちらも(狭義では)間違ってるので、ボクは気にしてませんがね(笑)。
月光型
かつては車内を見学出来ましたが、現在は一般開放をしていませんでした。くたびれるだけで、朽ち果てるのではないかと心配です。
ムーンライト

この車両は「世界初の電車寝台特急」の「月光」に使われたことから、「月光型」とも呼ばれ、夜間は寝台特急、昼間は普通の特急電車として活躍していましたが、航空機利用の一般化などにより、夜間列車の運行が縮小され、昼間利用には、リクライニングしない4人がけボックスシートが倦厭され、今や一部の列車に使用されているだけです。
 「水曜どうでしょう」の中では、サイコロ1で急行「きたぐに」として同形車両が登場。サイコロの2の目を出し、新大阪から新潟までの乗車となりました。ところが、寝台券が3枚しか取れず、「痔だから勘弁してくれ」と嘆願するも、何らかの方法で大泉洋さんのみが「自由席」をあてがわれ、涙目で憤慨するのが爆笑ものです。

テーマ : 旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かぶじろう

Author:かぶじろう
 このブログは かぶじろう を名乗る管理人の平凡な日常を淡々とまとめたブログです。
 カブなどの小型バイク、駅巡りなどの鉄道関係、道の駅などのドライブ、美少女系アニメなどの萌えオタ、ラーメンやソバなどの麺類、温泉巡りやキャンプ生活・・・平凡な内容です。
 過度な期待はしないでください。

 コメなんか頂くと喜びます。

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも一覧

■ ブログ名:バイクに乗ったおやぢ
ブログ内検索
リンク
メールでも・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

禁煙
○○をお休み中♪